単品リピート通販

単品リピート通販のリスティング広告で効果が出ない!失敗する原因とは?

ECサイトを運営していく上で、マーケティング施策は重要な要素の一つです。

このマーケティング施策には様々な種類がありますが、早く効果を得たい場合に有効なのがリスティング広告です。

このリスティング広告は高い効果が期待できる広告ですが、活用方法に問題がある場合効果を得られないと言うこともあります。

そこで今回の記事では、リスティング広告で効果が出ない原因について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

リスティング広告とは?

リスティング広告とは、検索連動型広告とも呼ばれ、その名前の通り検索エンジンの検索結果に連動して表示される広告のことを指します。

ユーザーが検索を行う最も関心が高い時に検索結果の上部と下部に表示されるため、高い効果を期待することができます。このリスティング広告の代表的なものとしては、Google広告、Yahoo!プロモーション広告が挙げられます。

リスティング広告とよく比較されるものにSEO(検索エンジン最適化)があり、この2つは検索結果画面上で間違われることも多い施策ですが、大きな違いは自身でコントロールすることができるかどうかです。

SEOは、検索エンジンにおける自然検索の中で上位に表示されるように対策を行う施策であり、自身で順位をコントロールすることはできません。

また、基本的には費用は掛かりませんが、検索エンジンの評価を得るためには膨大な手間と時間がかかり、その分の人的コストが発生します。

一方で、リスティング広告は、キーワードの入札価格と広告の品質によって順位が決定するため、費用を掛ければ検索上位に表示されることが可能です。

また、広告の出稿に時間もかからないので、早い段階で効果を確認することができます。低価格から始めることができ、入札価格も自由に設定できますが、キーワードによっては競合が多く、入札価格が高くなることがあります。

リスティング広告で失敗する原因

以上のように、リスティング広告は手軽に始めることができ、効果も比較的早く得ることが可能な広告ですが、安易に出稿すると効果が得られず失敗してしまうことも良くあります。

リスティング広告には効果検証と改善が重要!

リスティング広告で失敗する原因としてまず挙げられるのは、初期設定をしっかりと行っていないと言うことです。

リスティング広告は、比較的効果を得られるのが早い広告ではありますが、初めてすぐに大きな効果を得られるわけではなく、効果検証と改善を繰り返しながら効果を最大化していく運用型広告です。

徐々に効果が出ていくわけですから、初めから大掛かりな広告を出稿するのは失敗の原因となります。

これを防ぐためには、事前に誰に、何を、どのような方法で、どれくらい売るのかと言うことを設定し、運用を行いながらこれらの設定の変更、改善を繰り返し、成功へ導いていくことが必要なのです。

このようにリスティング広告は、日々の積み重ねが重要となる広告であり、その中でも重要となるのがA/Bテストです。

A/Bテストとは、複数の広告を用意し、どの広告が最も効果が高いかを検証するもので、これはリスティング広告の成功には必要不可欠であると言えます。

配信スケジュールを適切に設定する!

次に挙げられるのは、予算の設定に問題がある場合で、これも良くある失敗の原因の一つです。

特に多いのが、配信スケジュールの設定が適切に行われていないため、ユーザーのアクセスが集中するのは夕方から夜間であるにもかかわらず、夕方頃には予算が1日の限度額に到達してしまい、配信できなくなると言うケースです。

これを防ぐには、アクセス解析をしっかりと行い、ユーザーのアクセスが集中する時間を明確にし、配信スケジュールを設定することが必要です。

また、この配信地域や時間を設定する配信スケジュールの設定ミスは、他のケースでもよく見られます。

例としては、営業時間外にコールセンターへ誘導する広告を配信すると言ったケースがあります。

これを防ぐには、自社の商品やサービスの特性を正しく理解し、それに合わせた設定を行うことが重要です。

ターゲットを明確にする!

さらに、失敗する原因として挙げられるのは、ターゲットの設定に問題があると言うことです。

誰に広告を配信するのかと言うターゲティングは、まず初めに明確にするべき重要な要素です。

自社のターゲットではないユーザーに広告を配信しても、無駄なコストがかかるだけですから、ターゲットは明確に設定することが大切です。

ユーザー主体の広告を作成する!

また、広告自体に問題がある場合も、失敗に繋がる原因として挙げられます。

いくら最適なタイミングでターゲットに広告を配信したとしても、その広告の訴求性が低ければユーザーを引き付けることができません。

さらに、検索キーワードや競合を意識しすぎてしまい、不自然な広告になってしまうことも良くあります。

広告文はユーザーを誘導するための重要な要素ですので、以上のように注意をして最適な広告文を作り出すことが重要となります。

ただし最適な広告によってユーザーを誘導したとしても、リンク先が不適切である場合、ユーザーに不快感を与える原因となります。

せっかく広告をクリックしてくれたユーザーを逃がさないためにも、適切なリンク先を設定することが大切です。

まとめ

リスティング広告はうまく運用することができれば、高い効果を得ることのできる広告です。

しかし、運用していくには費用が掛かりますので、広告を出稿する前にどのように運用していくのかをしっかりと検討することが重要となります。

また、リスティング広告は運用型広告ですので、日々効果検証を繰り返しながら、自社に合った運用を行っていくのが成功への近道となります。

まずは気軽に問合せ