単品リピート通販

LPOとは何?単品リピート通販ではSEO施策と同時に行うことが大切!

ECサイトのマーケティングにおいては、SEO施策が注目を集めていますが、このSEOと同じように重要なのがLPOです。

LPOとは、ランディングページをユーザーが使いやすいように改善し最適化するマーケティング手法の一つですが、SEOと比べ詳しい内容を理解している人は少ないようです。

そこで今回の記事では、LPOの詳しい内容とSEOとの関係性について説明したいと思います。 

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

LPOとは?

LPOとは、LandingPageOptimizationの略称で、ランディングページ最適化と訳し、このLPOのLP(ランディングページ)には、2つの意味があります。

1つ目は、名前の通りユーザーが(ランディング)するページと言う意味で、サイトにおいてユーザーが最初に目にするページを指します。

ただし、ユーザーが最初に目にするページは、サイトのトップページとは限らないため、サイトのすべてのページがLPということになります。

2つ目は、ユーザーに商品の購入と言った行動を起こさせるページと言う意味合いで使用されます。これは、広告に誘導されてサイトを訪れたユーザーに、何らかの行動を起こさせ成果を上げるために作られた縦長のページのことを指します。

どちら場合も、ユーザーに行動を起こさせる目的がありますが、一般的にLPOとは、2つ目の意味合いで使用されますので、LPOとはユーザーに商品の購入と言った行動を起こさせるページを最適化し、さらに成果を上げることができるように改善すると言う意味になります。

LPOの目的とは?

以上のように、LPOの目的は、ユーザーに何らかの行動を起こさせ成果を上げることであり、これはマーケティング用語ではコンバージョンと呼ばれていますので、すなわちLPOはコンバージョン率を高めることが最終的な目的となります。

多くのサイトでは、SEOやリスティング広告などを活用し、ユーザーを自社サイトに誘導、その後LPにおいて商品の購入などの行動を起こさせコンバージョンに繋げる仕組みになっています。

しかしこの時に、ユーザーが誘導されるLPに何らかの問題があったり、LPにたどり着くまでに時間がかかったりということがあると、コンバージョンに繋がらなくなってしまいます。

そこで、LPを改善しユーザーをコンバージョンまで繋げていくようにするのがLPO(ランディングページ最適化)ということになります。 

またLPOには、もう一つユーザーの離脱を防ぐという目的もあります。ユーザーはサイトに求めている情報がない、サイトがわかりにくい、使いにくいといった理由で簡単に離脱してしまいます。これを防ぐために、LPOでLPを改善し、ユーザーが求める情報や興味を引く情報を提供しコンバージョンに繋げていくのです。

LPOの具体的な施策とは?

検索エンジンをターゲットとするSEOとは異なり、LPOはユーザーをターゲットとしています。

そのため、LPの改善においては、ユーザーの目線に立つことが重要です。あくまでも、ユーザーが使いやすい便利なサイトにする必要があるのです。 

まず大切なのは、ユーザーが求めている情報にすぐにたどり着くことができるように、サイト内の導線を改善することです。

無駄にページを徘徊させたり、クリックをさせたりするとユーザーはすぐに購買意欲を失ってしまいますから、購買意欲を落とさないようにコンバージョンに繋げることが大切なのです。

また、ユーザーにとって大切な情報は一目で分かりやすく記載するなど、サイトのデザインや配置の見直しも重要です。

さらに、リンクを目立たせる、検索機能を充実させるなどで、LPまでの経路を複数設け、ユーザーがすぐにLPにたどり着けるようにすることも必要となります。

他にも魅力的なサイトはたくさん存在するわけですから、ユーザーを離脱しないようにコンバージョンまで誘導しなければなりません。 

また、ユーザーがLPを訪れる理由は、それぞれ異なります。そのため、ユーザーが訪れる経路や検索キーワード、属性やニーズなどを分析し、それによってLPを複数用意することも効果的です。

ユーザーのニーズに合わせた対応をすることで、コンバージョンの向上が期待できます。 

LPOとSEOの関係とは?

LPOはLPを改善し、ユーザーの離脱を防ぎコンバージョンに繋げることが目的ですが、サイト自体に集客がなければコンバージョンに繋げることはできません。

そこで必要になるのが、サイトへ訪れるユーザーを増やす集客施策SEOです。

このSEOはサイトに訪れるユーザーを増やすことはできますが、コンバージョンに繋げることはできませんので、LPOが必要となる訳です。

2つの施策を同時に行うことで、SEOで集客したユーザーをそれぞれに最適なLPへ誘導、LPOでユーザーに有益な情報を提供しコンバージョンに繋げることができるようになるということです。

また、SEOで集まったユーザーは特定のキーワードで集められていますので、この情報をLP改善に活用することも可能となります。 

まとめ

LPOは、LPを改善しコンバージョンに繋げる施策ですが、大切なのはユーザーのニーズに合わせて改善を行うことです。

ユーザーが何を求めているのかを分析し、ユーザーの目線に立ってLPOを行うことで、コンバージョンに繋げることができるのです。

また、ユーザーが集まらないサイトではLPOを行う意味がありませんので、LPOを行う際にはSEOでサイトにユーザーを集めることが必要となります。

LPOはSEOと同時に行うことで、相乗効果を発揮し成果を最大化することができるようになるのです。

まずは気軽に問合せ