単品リピート通販

良い単品リピート通販広告とは?わかりやすさが大切である

良い通販広告とは?わかりやすさが大切!

店舗を持たない通信販売は、広告がその店舗の代わりとなり、広告だけで商品の販売を行わなければなりません。

そのため、どんな商品なのかわかりにくいイメージ広告や難しい説明的な広告ではなく、誰が見てもわかりやすい広告を作ることが大切です。

特に、年齢の高い方をターゲットとしている広告は、親切で、丁寧で、わかりやすいことが最優先事項となります。

では一体どんな広告が分かりやすい広告なのでしょうか?そこで今回の記事では、わかりやすい通販広告について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

通販広告はわかりやすい情報で購入に繋げる!

一般的な広告やコマーシャルなどは、イメージ広告と呼ばれ、商品を広く認知してもらうためのものであり、どんな商品の広告なのかわかりづらいものも多くあります。

しかし通販広告は、その広告を見て、実際にお客様に商品を購入していただくのが目的であるため、それがどんな商品で、どのような効果が期待できるのか、価格はいくらなのかと言ったことを一目で伝えなければなりません。

そのため、商品の写真も、余計な装飾などせずにそのままを広告に載せることが重要であり、お客様の興味を引くために大切なキャッチコピーも、ストレートで分かりやすいものが効果的です。

ただし、通販広告はお客様の興味を引くだけでは意味がありませんので、見やすい商品写真とインパクトのあるキャッチコピーで引き付け、そのまま購入に繋がるように、購入を考えているお客様が知りたがる情報である、商品のわかりやすい説明、使用しているお客様の声、特典や割引などで購入ページまで誘導する必要があります。

そのどこの部分であってもわかりにくい個所や疑問点があった場合、お客様は容易に脱落してしまいます。そのため、広告はすべてにおいて明確に分かりやすくすることが重要となるのです。

大げさなキャッチコピーでお客様を引き付ける

上記のように、通販広告はすべてにおいて分かりやすくする必要があり、特に広告の要となるキャッチコピーは大げさと思わるほど分かりやすくインパクトのあるものが好まれます。

良く使用されるものとしては、どきっ!ぷるんっ!もっちもち!などの大げさな擬音語を何度も繰り返すことによって、使用感やその効果を音によって想像してもらうという手法、これはスゴイッ!と言った使用感や効果を大げさに感じるほどポジティブに伝える手法、リピート率○○%、売り上げ〇年連続№1と言った数字を多用し、数多くの人が良いと判断した実績を強調する手法、あなたのそれ大丈夫?と言ったように疑問形で不安を煽る手法など様々な手法があります。

インパクトのあるキャッチコピーと言うと、個性を強く出そうと奇をてらった表現をしたり、回りくどい表現を使用したくなりますが、そういった表現は逆にお客様に不快感を与えたり、避けられてしまうことが多いです。

キャッチコピーでパッとお客様の興味を引き付けるためには、例え大げさであっても誰にでもわかりやすい言葉で、ストレートに伝えるのが大切なのです。

わかりやすい説明で購入に誘導する!

上記のように、インパクトのあるキャッチコピーでお客様の興味を引き付けることができたら、次はそのお客様を逃さないように購入まで誘導していかなくてはなりません。

そのためには、お客様が購入を決断するために必要な情報を、わかりやすく提示することが重要となります。商品に使われている成分やどのような場合に効果があるのかなどの商品の詳しい説明、実際に使用している方の感想、今購入を決断することで受けられる特典、お客様からの良くある質問とその答えなど、お客様がこの商品を購入しても問題ないと判断する材料を提示し、購入まで誘導していきます。

この場合も、難しい表現を使用すると脱落してしまうお客様が多いですので注意が必要です。

広告の選定にはA/Bテストが必須!

以上のように、通販広告はすべてにおいて分かりやすさが大切です。ただし、そのわかりやすさの選定を個人で行うのは危険です。

商品写真やキャッチコピー一つで売り上げが大きく変わることもありますので、個人の判断で選定せず、A/Bテストと呼ばれる、広告画像をAパターン、Bパターンと言ったように複数用意し、どの広告がより良い効果を出せるのか検証するテストを行うのが賢明です。

その際には、商品画像の入れ替えのみ、キャッチコピーの入れ替えのみ、商品説明などのレイアウトを変更したものなど、それぞれに細かくテストを行い、ベストの組み合わせを探すと良いでしょう。

まとめ

何度も繰り返しますが、通信販売は店舗もなく、実際に商品を手に取ることもできないため、広告によって商品を購入していただかなくてはなりません。

そのため、見やすい写真とインパクトのあるキャッチコピーでお客様を引き付け、どんな商品なのかをわかりやすく説明し、購入しても問題ないと判断していただくことが重要となります。

そしてその広告の選定には、個人の感性などは必要なく、お客様がどのような反応を示すかを検証するテストによって選定するのがベストです。

まずは気軽に問合せ