単品リピート通販

一般通販と単品リピート通販の違いとは?

一般通販と単品リピート通販の4つの違い

今の時代、物が欲しくて商品を購入する消費者の購入方法がどんどん変わって来ています。

従来であれば、店舗に行って欲しい商品を探し、そして商品を購入するといった形態が通常ではありましたが、最近の消費者の商品購入方法は、インターネットを利用して欲しい商品を購入し、自宅などの希望する場所に届けてもらう、ということが主流になってきました。

その流れの背景には、モバイル端末の普及とより利便性を求めるユーザーの思考の変化などが関わってきます。

このようにユーザーのインターネット通販の需要に伴い、インターネット通販ビジネスも多くなってきています。

様々な商品を扱う多くの企業が、インターネット通販ビジネスも平行して開始してます。

「洋服」「食品」「家具」「家電」「サービス」といった数多くの「モノ」がインターネットで簡単に手に入れることができるようになりましたが、中でもその商品を一度購入契約をすると、その後定期的に商品を届けてくれる「単品リピート通販」をご存知でしょうか?

「単品リピート通販」は今、非常に注目を集めている販売手法で、単品リピート通販にふさわしい商品を定期的にユーザーに購入し続けてもらうことで、安定した利益を得ることができるのです。

そこで今回は、一般通販と単品リピート通販の4つの違いについて、詳しくお話していきたいと思います。

インターネット通販ビジネスに参入しようとお考えの方、単品リピート通販にご興味がある方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

1:取り扱う商品のジャンル

まず第一に違うことと言えば、「取り扱う商品のジャンル」にあります。

世間に「インターネット通販」として認識されているのは「総合通販」です。

総合通販というと、認知度の高い大手企業で言えば、「Amazon」「楽天」ですね。

総合通販は、アパレル商品や日用品、家具、家電、雑貨など、さまざまな商品が数多く取り扱われています。

ですのでまずショップに訪問し、その中から欲しい商品を探し、商品を購入します。

一般通販は、多くの需要を満たすための通販であり、さまざまな目的を持つユーザーを集客することを目的としています。

そして「単品リピート通販」で取り扱うものは「消耗品」が多くあります。

毎日使用する化粧品や、日用品、健康食品、食料品がふさわしいと言えるでしょう。

そもそも単品リピート通販は、ひとつの商品を定期的に購入してもらうビジネスモデルであり、その商品を欲しい人、ある悩みを解消したい人だけにターゲットが絞られています。

2:商品数

一般通販では、取り扱う商品が多ければ多いほど、ユーザーは大きなショップであると認識します。

さまざまなジャンルの商品を数多く取り揃えることで、利用率は大きく変わってきます。

ですので、一般通販の場合はネットショップを利用してもらうために商品の入れ替えを行ったり、新作商品や再入荷商品などの管理を行い、多くのニーズにあわせた商品販売を行うことで、利益率が上がってきます。

一方単品リピート通販では、商品は一つだけ扱うことが主流です。

一つの商品をオリジナル開発し、その商品の魅力を宣伝し、その商品を気にってくれるユーザーに商品購入してもらいます。

一般通販と比べ、売り上げ規模が小さくなってしまいますが、商品が一つでも商品販売を行うことが可能なのです。

3:価格競争・利益率

ビジネスを始めるにあたって「価格競争」は気になる点になりますよね。

一般通販であれば、他のネット通販サイトと同じ商品を取り扱う場合が多いので、自社ネット通販サイトで商品を購入する魅力をユーザーに伝えることができなければ、他のネット通販サイトでの購入を検討します。

ですので、どうしても価格競争は避けられないでしょう。

一般通販ではこのように価格競争になりやすく、また仕入れ販売が多いので、利益率は低いのです。

ですが単品リピート通販であれば、自社オリジナル商品を取り扱うので、その商品は他のネット通販サイトでは購入することはできません。

類似する商品があったとしても、まったく同じ商品ではありませんので、価格競争にはなりにくいでしょう。

またオリジナル商品を取り扱っているので、利益率が高くなりやすいと言えるでしょう。

4:広告効果

ネット通販を行う上で、広告の効果も気になりますよね。

どれくらい広告コストをかければ良いのか、不明点が多いかと思います。

一般通販では、すでに知名度の高い商品を多く取り扱っているので、広告コストをそれほどかけなくても、広告の効果は見えやすいと言えるでしょう。

単品リピート通販は、オリジナル商品を取り扱うため、商品販売をするにはまず知名度と認知度を上げなければなりません。

ですので、広告の効果は出にくく、効果が見えるまで長い時間がかかる場合があります。

まとめ

以上、一般通販と単品リピート通販の4つの違いについてお話させていただきました。

単品リピート通販を始めるには、この違いはメリットだと感じる点もありますし、もちろんデメリットだと感じる点があります。

二つの違いを良く理解して、その違いを十分に生かせるような商品販売を行うことが理想です。

ぜひこの機会に、一般通販と単品リピート通販の違いを理解してくださいね。

まずは気軽に問合せ