サブスクリプション

大手企業が展開するサブスクリプション基礎知識

今、多くの企業が「サブスクリプション」の導入を始めています。

サブスクリプションは、デジタルサービスが成功を納め、世界的に見ても利用者が急増しています。

サブスクリプションビジネスの成長率はすさまじく、インターネットの普及率に伴い、モノやサービスに対しての利用券にて収益を得るビジネスモデルが拡大しているのです。

今ではデジタルサービス以外のサービスにも多く取り入れられており、あらゆる分野の起業にてサブスクリプションの導入が始まっています。

デジタルサービスでなくとも、飲食店やアパレル関係などのサブスクリプションも多くなってきていますので、今販売業をされている方にとっては、サブスクリプションの導入には非常に興味があることでしょう。

そこで今回は、大手企業が展開するサブスクリプションの基礎知識についてお話ししていきたいと思います。

サブスクリプションについて詳しく知りたい、という方はぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

サブスクリプションの特徴

まずはサブスクリプションの特徴について、ご説明していきたいと思います。

サブスクリプションとは、ユーザーに商品やサービスそのものを販売するのではなく、それを利用するために利用期間を設け、それに合った利用料金を支払うという、「課金型ビジネス」です。

ユーザーは月額料金を支払うことで、その期間内は何度でも自由に利用することができます。

スマートフォンやタブレット端末が普及し、どこにいてもインターネットにアクセスできる環境になっていることから、特にIT業界にて広がりを見せ、ITサービスを中心に広がってきました。

サブスクリプションビジネスが特に企業から注目を集めた最大の理由は、企業にとって継続的な売り上げを見込むことができるということでしょう。

従来の売り切り型ビジネスであれば、商品が売れたときだけ売り上げが発生しますが、サブスクリプションではユーザーに解約されない限り、安定的な売り上げを得ることができるので、収益計画を立てやすいのです。

サブスクリプションの種類

サブスクリプションビジネスにはいくつかの種類があります。

大きくジャンルに分けられ、個人顧客に向けた「BtoC」「SaaS」、そして企業向けの「BtoCB」「SaaS」があります。

「BtoC」「SaaS」は、企業が個人顧客に向けて提供するサブスクリプションサービスであり、例としては動画や音楽、漫画などが挙げられます。

このビジネスとしては、ひとりひとりの顧客にいかに長く契約し続けてもらえるか、ということが重要ですので、常に顧客満足度を高めなければなりません。

「BtoB」「SaaS」は、企業向けのサブスクリプションサービスであり、前述した「BtoC」や「SaaS」と比べてみると解約率は抑えることができるものの、しっかりとコミュニケーションを取り、企業との良好な関係性を保つ必要があります。

そして、企業の特定部署や機能をサポートするための「Horizontal SaaS」と、教育や飲食、製造、ヘルスケアなどの特定の業界に特化したSaaSである「Vertical SaaS」に分類されます。

サブスクリプションビジネスの成功戦略

サブスクリプションのビジネスモデルを成功させるためには、顧客をどのようにして多く獲得するか、そして獲得した顧客ひとりひとりをいかにして長く利用し続けてもらうか、ということがポイントです。

顧客をより多く獲得するには、まずサービス自体の認知を拡げ、そして新規導入障壁を下げるべく、無料期間を設けるなどの戦略を立てていきましょう。

一度契約してもらえた顧客に解約されないよう、コンテンツ内容を充実させ、サービスの質を高めることも重要です。

ユーザー自身が自社が提供するサブスクリプションサービスに愛着を持ち、生活の一部になることができるよう、顧客ニーズを的確に把握し、提供することが重要です。

顧客ロイヤリティの向上

サブスクリプションビジネスにおいて、「顧客ロイヤリティ」はかなり重要なポイントです。

顧客ロイヤリティとは、顧客が企業に対して信頼度が高いこと、そして企業が提供するサービスにどれほど愛着をもっているか、ということです。

これはNPS(ネットプロモータースコア)で数値化することができます。

評価を10段階に設定し、「商品やサービスを友人や家族に勧めたいか」という質問を行いましょう。

9~10と答えた人を「推奨者」、7~8と答えた人を「中立者」、0~6と答えた人と「批判者」とし、それぞれどれくらいの割合で回答されているのか計算していきます。

そして推奨者の割合から批判者の割合を引いた数値が「NPS」となります。

これを算出することで、今後の収益を予想することができますし、顧客ロイヤリティを向上させることにも繋がるのです。

顧客ロイヤリティは、顧客の声を聴くことこそ大切ですので、NPSを用いて顧客にどのような評価をされているのかを知っていきましょう。

まとめ

以上、大手企業が展開するサブスクリプションの基礎知識について、お話させていただきました。

大手企業はどんどんサブスクリプションビジネスモデルを導入している時代です。

今後もますます拡大していくことが予想されますので、サブスクリプションビジネスにご興味のある方は、ぜひまずは基礎知識をしっかり理解してくださいね。

まずは気軽に問合せ