単品リピート通販

単品リピート通販におけるモール型ECサイトと店舗型ECサイトの違いとは?

ECサイト市場は、スマートフォンやタブレットの普及に伴い、年々成長を続けている市場であり、新規参入も増加しています。

さらに、以前よりも簡単にサイトを立ち上げることができるようになり、ますますECサイトを立ち上げる方が増えているようです。

ただし、このECサイトの立ち上げには、モール型ECサイトと店舗型ECサイトと言う大きく2つの方法があり、どちらを採用するかを検討しなければなりません。

そこで今回の記事では、モール型ECサイトと店舗型ECサイトの違いについて説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ECサイトを立ち上げるには?

ECサイトを立ち上げるには、まず自身でサイトを構築するのか、あるいはモール型サイトへ出店するのかを検討する必要があります。

また、モール型であればどこのモールに出店するのかも考えなくてはなりませんし、それ以外にショッピングカートの機能だけを提供しているサービスもあります。

このように、サイトの立ち上げには色々な選択肢がありますが、それぞれ特性が異なり、メリットもデメリットもあります。

自身のサイトでどういった商品を取り扱うのによって相性の良し悪しもありますので、それぞれの特性を理解してから選択することが重要です。

モール型ECサイトのメリット・デメリット

ECサイトを立ち上げようとした場合、まず考えるのがモールへの出店です。

サイトをゼロから構築する必要もないため、初心者でも簡単に出店できるのが大きなメリットです。

また、楽天市場、ヤフーショッピング、Amazonなどの大手のモールは誰もが知っていると言うほど知名度が高いですので、個人では太刀打ちできない圧倒的な集客力があります。

さらに、そういったモールを訪れるユーザーは、すでに高い購買意欲を持っているというのもメリットの一つです。

こういった知名度の高いモールは、ユーザーからの信頼も高いですので、出店したばかりであっても初めから安心して買い物してもらうことが可能です。

ただし、モールへ出店する場合、自身のショップにブランド力が付かないと言うデメリットがあります。

ユーザーは、モールで買い物をする際に、一つのネットショップで買い物をしていると言う感覚を持っておらず、あくまでもそのモールで買い物をしていると言う認識なのです。

さらに、モールでは競合が多く存在するため、価格競争も激しくなっています。

そのため、同じ商品をリピート購入する場合でも、ショップごとに検索するのではなく、商品ごとに検索し比較検討したうえで、より低価格のものを購入する傾向が強いですので、リピート顧客の獲得というのが非常に難しくなっています。

また、モール出店は、サイトを構築するよりも費用はかかりませんが、出店料、月額利用料、売上に対するロイヤルティと言ったものを払う必要があります。

これは、実店舗における家賃のようなものですから、ある程度は仕方のないものですが、集客力のあるモールであっても売り上げを継続して作り出せると言う保証はないわけですから、初めからリスクを抱えることになります。

店舗型ECサイトのメリット・デメリット

店舗型ECサイトを立ち上げる場合、大きなメリットとなるのが、独自のブランドを構築することができると言う点です。

先ほど述べたモール型の場合とは異なり、ユーザーは一つのネットショップで買い物をしていると言う認識を持ちます。

そのため、ブランディングが効果的に行え、ブランド構築がしっかりとできるわけです。

そして、ブランド構築ができていれば、次に購入する場合でも同じブランドを選び、リピート購入してくれる可能性も高くなるのです。

また、店舗型ECサイトでは、サイトのデザインやカスタマイズが自由に行えると言うメリットもあります。

モール型では、運営ルールに基づいて運営を行うわけですから、デザイン面でもルールに縛られてしまいます。

しかし、店舗型であれば、デザインや構成を自身の思い通りにできますし、独自のブランドのイメージを強く出すことも可能となります。

これは、ブランディングの面でも非常に有効です。

ただし、店舗型ECサイトには非常に大きなデメリットがあり、それがサイトへの集客です。

もともと圧倒的な集客力のあるモールとは異なり、自身で立ち上げた独自のネットショップには全く知名度がなく集客力もないため、セロから集客施策を模索していく必要があります。

この集客施策には広告やSNS運用、SEOなど様々なものがありますが、膨大な手間と時間がかかりますし、広告を打つのであればそれなりの費用も掛かることを留意しておく必要があります。

集客にも費用が掛かりますが、店舗型ECサイトの場合、サイトの構築から数十万から数百万と言われる費用ががかかります。

ゼロから構築を行うのではなく、サイトを構築できるサービスを使用すると言う方法もあり、こちらを利用する方の方が多いようですが、その場合でも費用は掛かりますし、デザインや情報の登録などを行う必要がありますのでかなりの手間がかかります。

まとめ

以上のように、ECサイトを立ち上げる際の2つの方法であるモール型と店舗型には異なる特徴があり、それぞれメリット、デメリットがあります。

2つの最も大きな違いはその集客力ですが、どちらが良い悪いと言うことではなく、それぞれの特徴を理解し自身のショップに最適なものを選択することが大切です。

まずは気軽に問合せ