単品リピート通販

単品リピート通販におけるマーケティングオートメーション失敗例、成功のポイント

マーケティングオートメーションとは、従来であれば企業のマーケティング活動において、人手で行っていた定型的な業務や、人手では膨大なコストと時間がかかってしまう大量の作業や複雑な作業を自動化し、効率を高める仕組みのことを言います。
デジタルマーケティングである、マーケティングオートメーションを導入することで、従来は営業組織中心で推進されてきた新規開拓や、既存顧客への対応などをサポートし、商談発掘のプロセスをシステム化することによって、コスト削減や売上の向上を目的とすることができるのです。
今、マーケティング活動を行う企業でも、どんどん導入されてきているので、注目を集めているのです。
しかし、マーケティングオートメーションを導入したものの、効率よく使用することが出来ずに成功しているとは言えない状態になっている場合もありますよね。
なぜマーケティングオートメーションを導入して成功することができないのでしょうか。
そこで今回は、マーケティングオートメーションの失敗例と、成功のポイントをご紹介させていただきます。
マーケティングオートメーションがなかなか上手くいかない、マーケティングオートメーションを成功させたいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考にしてみてくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

失敗例

・リード数が少なく、目的と目標が明確でない
マーケティングオートメーション導入時、見込顧客と呼ばれる、リードが非常に少ない場合はその効果を十分に発揮することができません。
まずはマーケティングオートメーションを導入するよりも先に、新規顧客獲得を優先して考えていきましょう。
また、なぜマーケティングオートメーションを導入するのか、どういった目標を達成したいのか、という具体的な目的と目標が明確になっていない場合があります。
「マーケティングオートメーションを導入すること」を目的としてしまっている場合が多いのですが、効果を確認して改善していくというサイクルを作らなければ、マーケティングオートメーション自体が成り立つことはありません。

・メール配信後のフォローが出来ていない
メールを配信した後、何のアクションやフォローが行われていなければ、成約に繋がらないという場合が多くあります。
メール配信やそれまでの段階で手一杯になるのではなく、メール内容の改善や、現状分析、効果測定のためにも正しいフォローが必要となります。

・Webサイトの作り込みが不十分でコンテンツが作成されていない
マーケティングオートメーションで顧客をWebサイトまで誘導したとしても、サイトの構造が悪かったり、そもそも探しにくい仕様になっていたりと、Webサイト自体の作り込みが不十分な場合が多いです。
顧客がとても興味と関心を持ち、Webサイトを訪れたとしても、Webサイトに満足がいかなければ、それ以上の興味を持つことはないでしょう。
また、顧客にアプローチするための、適切なメール配信や、オウンドメディアなどへ誘導するためのコンテンツが作成されていないと、中途半端なままで業務が進められてしまうことになります。

成功のポイント

・目的と目標を整理し、明確に定める
マーケティングオートメーションを始めるには、まずどのような目的を持っているのか、どのようにしてマーケティングを行っていく予定なのか、ということを明確に定める必要があります。
「何をどのように行ったら、どのくらいの効果が得られたか」ということを理解しながら効率よく効果測定と改善を行いやすいようにしましょう。

・担当者、マーケターを確保する
誰かが営業の片手間にマーケティングオートメーションを操作するのではなく、マーケター専任の人員を確保しましょう。
企業内に精通するマーケターが存在しない場合であれば、担当者をアシストしていく仕組みを構築していかなければなりません。

・運用前には設計をしっかり行う
運用を行っていく前に、マーケティングオートメーションの設計を入念に行っていきましょう。
スコアリングの設計や、設定、あらかじめ考えられるパターンやケースなどを考えていきます。
そして、対象となる商品やサービスを、あらゆる角度から分析していく必要があります。

まとめ

以上、マーケティングオートメーションの失敗例と、成功のポイントをご紹介させていただきました。
まだまだ浸透していない、マーケティングオートメーションだからこそ、上手く活用できていない企業が非常に多いのです。
マーケティングオートメーションは、マーケティング業務の一部を自動化するものであり、すべてのマーケティンを自動化するものではない、ということを忘れてはいけません。
今回ご紹介した失敗例に当てはまる方はぜひ、成功のポイントをしっかり押さえ、マーケティングオートメーションを有効活用してくださいね。

まずは気軽に問合せ