単品リピート通販

マーケティングオートメーションで解決できる3つの課題

マーケティングオートメーションとは。解決できる3つの課題

今、企業のマーケティング活動において注目を集めている「マーケティングオートメーション」をご存知でしょうか?

マーケティングオートメーションとは、従来であれば人手により、繰り返し実施していた定型的な業務や、人手では膨大なコストがかかってしまう複雑な処理や、大量の作業を自動化し、効率を高める仕組みのことを言います。

新規開拓や既存顧客への販売など、すべて営業組織中心として推進されていることが大半だったのですが、デジタルマーケティングの手法を取り入れ、商談発掘のプロセスをシステム化し、コスト削減と売上アップの両方を目指したいと、マーケティングオートメーションを導入している企業が増えているのです。

そこで今回は、マーケティングオートメーションとは何か、そしてマーケティングオートメーションにて解決できる課題について、お話していきたいと思います。

これからマーケティングオートメーションを導入しようと思われている方、マーケティングオートメーションにご興味がある方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

 

〇マーケティングオートメーションとは

マーケティングオートメーションとは、主にWebマーケティングにおけるプロセスを自動化し、そして業務の効率化と売上向上に重視したソフトウェアです。

メールやウェブサイトの訪問者の分析、リードスコアリング、レポート作成などの機能をすべて一つのソフトウェアに統合し、営業とデータ共有を行います。

「MA」と略されることが多く、今のインバウンドマーケティング時代により効率的にマーケティングを展開することを目的とし、ニーズが急速に拡大しているツールなのです。

ターゲットとなるお客様のリストを作成し、施策を実行、そしてメルマガ開封率やサイト訪問履歴を詳しく解説していきます。

そして行動履歴によって、見込み客をセグメントごとに分け、リードスコアリングを行い、見込顧客をCRMに登録します。

そして、ホットなリードを育成し、マーケティングや営業活動のパフォーマンスを分析します。

これを繰り返し行うことがマーケティングオートメーションの概念です。

将来予測やランディングページでのフォーム作成や、顧客との関係強化に必要不可欠となる、個別にカスタマイズされたメールやコンテンツが送付されます。

主に「販売促進」「顧客管理」を自動化するプロセスとなっており、マーケティング部門における「見込客商談作り」を効率化しつつ、営業部門に「有効商談」をどんどん渡すシステムであると考えてよいでしょう。

 

〇解決できる3つの課題

 

1:取りこぼしていたリードをカバーすることが出来る

今までであれば、オフライン集客から得られるリストで、すぐに事実案件となるものは、全体の約25%ほどだと言われています。

ですので、残りの75%の管理を疎かにしてしまい、取りこぼしていた案件が多くあるのですが、マーケティングオートメーションを導入することで、2年以内に案件化できるということが実現できるのです。

「まだ見込みがない」というお客様に対しても、適切に管理をすることが可能になるので、将来的な成約率を上げることができるのです。

 

2:購買意欲の低いリードを育成することが出来る

購買意欲が低い顧客に関して、今までであれば測定できない部分が多かったのですが、マーケティングオートメーションを利用することで、ベストプラクティスをもとにシナリオを作成し、効率的に購買意欲を高めていくことができます。

顧客に応じたアピール方法を設定し、メール配信やブログを有効的に活用し、適切なコンテンツを顧客に直接届けることで、自社に対するロイヤリティを育てることができるのです。

 

3:アプローチをする最適なタイミングが分かる

リードの購買ステージを把握するために、「スコアリング」を利用することができます。

リードの購買ステージを、より正確に把握することで、「今すぐ案件化することができるリード」であるか、それとも「まだまだアプローチが必要なリード」であるか、ということを知ることができるのです。

そういった情報を踏まえると、適切なアプローチのタイミングが分かるので、より効率よく顧客への販売促進をすることができるのです。

 

これらの3つの課題は、営業部署を抱える企業が持つ大きな課題とされていすし、現代ビジネスにおいて、解決が急がれている課題でもあります。

マーケティングオートメーションを利用すること自体にも、まだまだ課題はありますが、こういった課題をスムーズに解決してくれることは、メリットとして考えて良いでしょう。

 

まとめ

以上、マーケティングオートメーションとは、そして解決できる3つの課題についてお話させていただきました。

マーケティングオートメーションは、非常に利便性の高いものではありますが、マーケティングのプロセスを統合し、自動化するということは、業務効率化や売上の向上を目的とすることが出来る反面、入念な運用設計の重要性が必要になってきます。

マーケティングオートメーションというものをしっかりと理解して、運用を軌道に乗せていきましょう。

まずは気軽に問合せ