単品リピート通販

単品リピート通販でマーケティングを活用するための基礎を解説

単品リピート通販ビジネスはなんといっても販売をするまでの設計はもちろんですが、そのあとデータを活かして次に活用をしていくことが重要とされています。

多くの経営者がマーケティングというのを理解しないでビジネスをスタートするのです、もしあなたが基礎をしっかり理解していると単品リピート通販市場で勝てる確率をあげることができるのです。

とはいってもすでにスタートしているよ、実際に今から勉強するといっても時間もないしって方のためにマーケティングの基本についてさらっと紹介しようと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

マーケティングとは?今さら聞けない基本を解説! 

マーケティングはビジネスにおいて非常に重要ではありますが、マーケティングについて詳しく説明できると言う方は少ないのではないでしょうか?

何をもってマーケティングと呼ぶのか?

マーケティングとはいったい何なのか?

正しく理解できている方は意外と少ないようです。

そこで今回の記事では、今さら聞けないマーケティングの基本について説明したいと思います。 

マーケティングとは?

マーケティングの定義とは、日本マーケティング協会によると「企業およびほかの組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のために総合的活動である」とされています。

また、Wikipediaにおいては、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにするための概念と定義されています。 

これらの定義は、難しく表現されており、理解しにくい方も多くいると思います。

分かりやすく言うとマーケティングとは、消費者のニーズに合った商品を、適切なターゲットに向けて発信すること、そしてそのために、商品開発、販売戦略の策定、広告宣伝、効果検証などのプロセスを一貫して計画し、実行管理する事であります。

つまり、マーケティングとは企業にとっての商品が売れ続けるための仕組みを作ることであると言えます。

このマーケティングには様々な活動・種類がありますが、代表的な手法としては、プロモーション、コミュニケーション、マーケティングリサーチ、ダイレクトマーケティング、プロダクトマネジメント、価格戦略などがあります。

 

マーケティングのプロセス

マーケティングは、まず消費者が求めるものや売れる商品を開発するための市場調査(マーケティングリサーチ)から行います。

この時に行うのは、消費者へのアンケートや公的公共機関の統計データのリサーチ、実際に商品を使用してもらいその感想を集める(モニター)などの情報収集も重要となります。

市場調査を活かした商品の開発が済んだら、次にその商品を認知させるための広告宣伝活動を行います。

その方法としては、テレビや新聞など様々な媒体への広告出稿、インターネット広告の出稿、ソーシャルメディアへの投稿など様々な手法があります。

最終的には、以上のような活動が商品の売り上げにどれだけ貢献したのかを検証する必要があります。

マーケティングにかかった費用と、それによって得られた売り上げを算出し、費用対効果を把握するのです。

売り上げに直結しない施策である場合は、認知度の向上、見込み客の獲得などそれぞれに適した指標でその効果を検証することが必要です。 

マーケティング戦略とは?

マーケティングを行う際には、戦略、戦術と言う言葉がよく使用されます。戦略とは、一般的に目標を達成するための方針などのことを意味し、マーケティングにおいては、新商品を販売する際に、商品のコンセプトはどういったものにするか、ターゲットはどの層か、発売はいつにするのかと言った、誰に、何を、どう伝えるか?と言う大きな方針となります。

このマーケティング戦略の理論には様々なものがありますが、基本的な考え方として「3C分析」と言うものがあります。

この3Cとは、市場・顧客(Custmer)、競合(Competitor)、自社(Company)の頭文字をとったものです。つまり、Custmer(市場・顧客)が何を求めているかを調べるためマーケティングリサーチを行う、Competitor(競合)の商品を分析し特徴を把握する、Company(自社)の商品の強みや改善すべき点を把握すると言うことになります。 

マーケティング戦略では、この3Cのように、3つの観点をバランスよくとらえ、商品を求めてくれるのは誰か?商品のどのように見せれば、消費者に伝わるのか?そのためにどういった方法をとるのか?について深く考えていくことが重要となる訳です。

そして、マーケティング戦略が決定したら、具体的にどういった手段をとるのかを考える必要があり、これがマーケティングにおける戦術となります。

一般的に、戦術とは戦略によって決められた目的を達成するための具体的な手段や方法を意味します。

マーケティングにおいて例えた場合、20代後半から30代後半の女性をターゲットとした化粧品の新商品を発売する場合、どういったプロモーション活動を行うのか、どの媒体に広告を出稿するのかと言った目標を達成できる手法を考えることが戦術に相当します。 

このようなことから、企業がマーケティングに求める役割とは、商品やサービスに対するイメージを消費者にどのように伝えていくのか、商品やサービスの見せ方を考え、潜在的な顧客をどのように獲得していくかと言うことになります。

また、近年では新たな顧客の獲得だけでなく、既存顧客の維持、リピーターの獲得もマーケティングの役割として重要視されています。 

まとめ

マーケティングには、様々な定義や概念が存在しますが、簡単に言うと商品を売るための仕組みを作るということになります。

そして、その手法には様々なものがあり、インターネットやSNSの普及により日々進化を続けています。

しかし、いくら新しい考え方や手法が誕生したとしても、マーケティングの基本となる考え方に変わりはなく、消費者が求めるものを開発し適切なターゲットに向けて発信する。

そしてそのために何が必要なのかを考えていくことがマーケティングにおいて最も大切なのです。

まずは気軽に問合せ