単品リピート通販

単品通販で選定すべきマーケティング手法!

通信販売の中には、様々な販売手法があり、中でも注目されているのが単品通販という販売手法です。

この手法は、一つもしくは少数の商品の販売に特化し、高い利益率が期待できるというのが大きな特徴です。

しかし、単品通販を行うすべてのサイトが成功しているわけではありません。

競争も激しくなっているため、成功するにはどういったマーケティングを行うかが重要になります。そこで今回の記事では、単品通販に適したマーケティング手法について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

単品通販とは?

単品通販は、リピート通販とも呼ばれ、1種類もしくは1つのブランドの少数の商品だけを販売する通信販売です。

主に1種類だけを取り扱うケースが多いですが、複数の種類があったとしても、同一ブランドの商品であれば単品通販と呼ばれます。

単品通販は、1種類の商品しか取り扱わないという特性のため、ほとんどの商品が一般には流通していないそのサイトのオリジナル商品です。

商品の幅を広げずにリピート性を重視し、オリジナル商品を扱うことで、利益率を高めているのが大きな特徴です。

ただし、商品の種類が少ないため、集客が難しい販売方法でもあります。

単品通販のメリットとは?

商品数の多い総合通販は集客力は高いですが、規模が大きいため、初期費用からランニングコスト、人件費まで膨大なコストが発生します。

また、商品の数が多いため宣伝や販促にかかる費用も膨大であり、運営上のリスクが非常に高くなっています。

そのため、資本の大きな大企業でなければ、新規に参入することも非常に困難です。

一方で、単品通販は商品数が1点もしくは数点と少数であるため、初期費用が比較的少なく済む、商品の管理などにも手間がかからない、宣伝や販促にかかる費用も抑えることが可能という特性があります。

そのため運営がしやすく、新規の参入もしやすいというのが単品通販の大きなメリットです。

また、単品通販では、商品が少ないためターゲット層を絞り込むことができますので、顧客とのコミュニケーションがとりやすいという特性があります。

これにより、顧客満足度を向上させ、顧客のファン化を図ることが可能ですので、リピート率の向上が見込めるというのもメリットの一つです。

単品通販には、上記のようなメリットがありますが、すべての商材がこの販売方法に適しているわけではなく、商材によって向き不向きがあります。

単品通販はリピート性を重視した販売方法ですから、健康食品や基礎化粧品、日用品など継続的に使用し、定期的に購入する必要がある商品が適しています。

ただし、これらの商材でも、一般に流通している商品では価格競争に巻き込まれてしまう可能性が高く、収益を上げることは困難です。

そのため、単品通販で取り扱うのであれば、単品通販向けの商材でありながら、自社で開発したオリジナル商品が最適なのです。

単品通販で行うべきマーケティング手法

単品通販はメリットも多く新規参入しやすいビジネスですが、商品やサイトの認知度が低いため、マーケティングが難しいというデメリットがあります。

そのため、新規の顧客を獲得するためには、様々なマーケティング活動を行う必要があり、ある程度の予算を投下することも重要となります。

ただし、広告運用は一時的に効果を得ることはできますが、持続性がなく、コストがかかりすぎてしまいます。

継続して安定した収益を上げるためには、単品通販に適したマーケティングを行うことが大切です。

単品通販に効果的なマーケティングとして、まず挙げられるのは、コンテンツマーケティングです。

コンテンツマーケティングとは、検索によるユーザーの流入を増やして集客する手法で、具体的には、良質なコンテンツの作成、SEOキーワードの選定などを行います。

この手法は、一度構築すれば効果が継続するのが特性であり、広告運用と異なり高い費用をかける必要もありません。

また、ユーザーとのコミュニケーションがとりやすいため、ユーザーとの関係性を重視する単品通販に最適なマーケティング手法と言えます。

次に挙げられるのが、ブランディングという手法です。

ブランディングは、商品やサイトの認知度を上げ、ユーザーの信用を得る活動のことであり、具体的には、さまざまな媒体を活用し商品の詳細な情報や魅力を発信し、ユーザーにアプローチする手法です。

単品通販では、ユーザーに全く知られていない状態からマーケティングを行うことが多いため、この手法は非常に有効です。

しかし、テレビコマーシャルや広告などを活用する場合、認知度を高めることは可能ですが、コストがかかりすぎてしまいます。

そのため、近年ではInstagramなどのSNSをブランディングに活用するサイトが増えています。

また、単品通販では、以前よりツーステップマーケティングという手法が多く用いられており、これも相性の良い手法の一つです。

この手法は、本商品をすぐに購入してもらうのではなく、まず最初に無料サンプルの提供、低価格のお試し商品などでハードルを低くし、その使用後に本商品の購入を勧めると言う2段階に分けて購入につなげていく手法です。

認知度の低い商品を購入するというのは、ユーザーにとって非常にハードルの高い行為ですので、まず実際に商品を体験してもらい、信頼を得るというのは重要なことです。

また、この手法では、ユーザーとの接触回数が多くなるため、その点でも信頼関係を構築していくことが可能となります。

さらに、購入につながらなかった場合でも、ユーザーのデータを入手することができますので、見込み客としてその後もマーケティングを行うことができます。

まとめ

単品通販において最も重要なのは、商品をリピート購入してもらうことですが、そのためにはまず新規に顧客を集める必要があり、それには今回説明したようなマーケティング手法が効果的です。

単品通販には、一般的な通販と異なる特性がありますので、その特性に適したマーケティングを行うことで、高い効果を得られるのです。

まずは気軽に問合せ