単品リピート通販

単品リピート通販で今必要とされているマーケティングとは

マーケティング初心者の方や、マーケティングに対する知識を得たい方は、今、どのようなマーケティングが必要とされているのか、知りたいところですよね。

そもそもマーケティングとは、企業や組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動とされており、顧客やマーケティング依頼人、パートナーや社会全体にとって価値のある提供物を想像し
て伝達や配達し、交換するための活動と定義されております。

簡単に言い換えると、「お客様に商品やサービスをえらんでもらうまでの過程となる全般の活動」で、お客様が購買に至るまでの販売促進やプロモーション、購買プロセスすべてが、マーケティングの対象領域となります。

「マーケティング」と一言で言っても、このように大きく見ると、商品やサービス販売のためにしなければならないことがたくさんありますので、重要視するところを見つけ、必要とされているものを理解しなければ、無駄なマーケティング活動を行ってしまうことに繋
がる可能性があるのです。

そこで今回は、今必要とされているマーケティングとは何か、ということをご説明させていただきます。

マーケティング担当者の方で、どのようにマーケティングを行えば良いのか不明確である方や、これかたマーケティングを始められる方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

お客様

マーケティングを行ううえで、最重要視しなければならないものは、「お客様」です。

マーケティングは、その企業の商品やサービスをお客様自信に選んでもらい、そして販売をすることを目的としているので、商品やサービスをお客様が購入したくなるような仕組み作りをしなければなりません。

マーケティング対象となるお客様は「だれ」なのか、そのお客様が「なぜ」購入するのか、「どうすれば」その商品やサービスを競合他社よりも魅力的に思ってもらえるのか、ということを考え、お客様に購買行動を起こしてもらえるのかということを考えましょう。

「どのようにすれば購入したいのか?」というような、お客様目線に立った思考が必要とされるのです。

お客様理解

商品やサービスがお客様に売れる、そして選ばれるような仕組み作りを行うには、まずその主体となるお客様を理解することから始めましょう。

お客様一人一人の顧客構造分析を行い、自社に蓄積されているデータを分析し、購買データやアクセスログなどのマーケット分析を通じて、ニーズや今後の課題を考案していくことが必要になります。

この自社にあるデータ自体は、お客様の行動結果から基づくものであるので、そのデータをベースとして考え、「お客様はなぜそのような行動を取ったのか」良い行動が見受けられると「どうすればそのような行動を促進することができるのか」ということを、お客様を理解しながらマーケティング仮説を構築していかなければなりません。

これを行うことはなかなか難しいことであり、そのお客様の行動すべてを細かく分析しなければ、正しいマーケティングを行うことはできませんので、お客様を理解しながらしっかりとした仕組み作りが必要となります。

お客様多様化

前述した「お客様理解」の後は、それを応用した「お客様多様化」について考えてみましょう。

性別や年代、居住地などのデータベースの属性が同じであっても、お客様一人一人が抱える課題や価値観、ニーズなどは人それぞれにあります。

また、今の時代はインターネットが非常に普及しているので、「お客様多様化」が加速しています。

今までのテレビや新聞、広告といたマス広告で、お客様に情報を発信していても、本来届けたいお客様にはなかなか届かず、思うような反応が得られなくなってきているのです。

お客様は多様化していることを忘れず、そのお客様に適した最適なアプローチをすることが必要不可欠になってきているのです。

ある顧客に、どのようにアプローチして成果を上げるか、というマーケティング戦略を立て、個々のお客様の興味や行動に合わせた情報提供の最適化を図り、個々のお客様への対応を可能とする環境が必要であるでしょう。

まとめ

以上、今必要とされているマーケティングについてお話させていただきました。

「お客様」へのマーケティング活動であることを忘れてはいけません。

それぞれおのお客様の関心や感じるメリット、情報接触姿勢、行動意欲はすべてに異なって来ているので、マーケティングの成果を上げるには、まずそれぞれのお客様の視点に立ってみることが必要となってきます。

どのようなアプローチ方法で、商品やサービスのどの価値を提供するのか、購入見込み度が高いお客様をどのように特定していくのか、どのような形でいつ、お客様を刺激すれば購買行動を促進することができるのか、といった全体のマーケティングコミュニケーションを、綿密に検討していくことが求められるでしょう。

マーケティングを再度見直しされる場合は、ぜひまずは「お客様」の立場になって考えてみてくださいね。

まずは気軽に問合せ