単品リピート通販

市場調査とマーケティングリサーチは何が違うのか?

マーケティングを効果的に行うためには、市場の調査が欠かせません。

そしてこの調査の代表的なものに市場調査とマーケティングリサーチと言う方法がありますが、この2つは混同されているケースが多いようです。

この2つの調査方法は、似たような印象がありますが、実際には、大きな違いがあります。

そこで今回の記事では、市場調査マーケティングリサーチの違いについて説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

市場調査とは何か?

市場調査とは、自社の商品やサービスを開発、販売する際に、市場の現状や動向を把握し、それを分析、数値化するものであり、そのデータを商品開発やマーケティング施策に役立て行くものです。

市場調査の大きな目的は、自社の商品やサービスが市場で受け入れられるのか、どのような反応が得られるのかを事前に把握することです。

これにより、データに基づく販売予測を立てることが可能となり、商品の開発にも役立てることができるのです。

市場調査は、商品開発やマーケティングを行う際には、必ずと言っていいほど活用されており、調査の種類も複数あるため、目的に応じて選択することができます。

代表的な調査方法としては、定量調査、定性調査、覆面調査、統計データ調査などがあり、それぞれ特徴が異なるため、自社の目的に合致したものを選択することが必要です。

それぞれの調査方法の特徴として、まず定量調査は、既存の顧客だけに限らず、見込み客なども含めた顧客に対し、対面、WEB、郵送などによりインタビューやアンケート調査を実施する方法です。

市場調査の最も代表的な手法であり、実施しやすい手法でもあります。

次に定性調査は、共通する属性を持ったグループに対して、インタビューを行い、意見を聞き出していく調査方法です。

この場合の属性とは、年齢、性別、職業などで分類することが多くなっています。

覆面調査は、言葉の通り、担当者が身分を明かさずに消費者としてサービスを利用する調査方法です。

主に、飲食店や宿泊施設などのサービス業で実施され、ミステリーショッパーとも呼ばれています。

統計データ調査は、公的機関により一般に公表されているデータを基に調査を行う方法です。

政府や大学などが実施した調査結果を基にするために、信憑性の高いデータを得ることができます。

マーケティングリサーチとの違いとは?

この市場調査と、混同されやすいのがマーケティングリサーチです。

マーケティングリサーチを日本語に訳したものが市場調査だと勘違いしているケースも多いようですが、この2つには大きな違いがあります。

まず市場調査は、先ほど説明したように市場の現状を把握するための調査です。

これに対し、マーケティングリサーチは、市場の現状だけでなく、未来の市場の動向も把握する調査手法になります。

すなわち、市場調査は、マーケティングリサーチの一部となるのです。

基本的には、市場調査は、商品を開発する際に、どのような商品が市場で受け入れられるのかを知るために多く用いられ、マーケティングリサーチは、開発した商品の販売を促進するために用いられます。

また、市場調査では、統計学的な調査を主としますが、マーケティングリサーチは未来の消費者の心理までも調査し把握していきます。

マーケティングリサーチの代表的な手法としては、事前事後調査、製品テスト、パッケージテスト、ネーミングテスト、ホームユーステスト、テストマーケティングなどがあります。

これらの調査方法も、それそれ特徴が異なりますので、市場調査と同様に、目的に応じて選択してくことが必要となります。

それぞれの調査方法の特徴として、まず事前事後調査とは、キャンペーン実施の前後に顧客に対しアンケート調査を行う方法です。

実際のイベントの前後に行うことにより、イベントの効果や顧客心理の変化を確認することができます。

次に製品テストは、実際に、顧客に商品を使用してもらい、評価をしてもらうと言う調査方法です。

実際の顧客の声を聞くことができるため、新商品の開発や商品の改良などの際に用いられることが多い方法です。

パッケージテストは、言葉の通り、商品のパッケージや包装の材質、デザイン、使用感などについて顧客に評価してもらう手法です。

これにより、パッケージが顧客の購買意欲にどのような影響を与えるのか、店頭で顧客の目を引くことができるかを確認することができます。

ネーミングテストは、新商品のネーミング候補の中から、適していると感じたものを顧客に選択してもらう方法であり、商品名の印象をよくするために実施されます。

ホームユーステストは、顧客に試供品や商品を提供し、実際に使用してもらったうえで、評価をしてもらう方法であり、商品を購入した後の感想に近い意見を知ることができます。

テストマーケティングは、新しく開発した商品を実際に市場で販売し、どのような反応があるのかを確認する方法です。

これにより、シェア率、購入率、宣伝効果、取り扱い率、知名度などを知ることができますが、多くの場合本来の市場よりも限定した市場で行われます。

まとめ

今回説明したように、市場調査とマーケティングリサーチは、類似してはいますが、実施する目的が大きく異なります。

どちらも、マーケティングには重要な調査ですので、どちらかを行えば良いというものではなく、どちらも適切に実施することが大切です。

この場合の適切とは、調査を行う目的を明確にすることです。

調査の目的が曖昧では、信頼できる情報を集めることはできません。

どのような目的で調査を行うにしても、確度の高い情報を得るためには、まず目的を明確にすることが重要なのです。

また、この調査を専門業者に依頼するケースもありますが、その際にも何を目的としているのかを具体的に伝えることが大切なのです。

まずは気軽に問合せ