単品リピート通販

単品リピート通販サイトでよくあるSEO対策の失敗の原因

SEO施策は、多くのECサイトが取り組んでいる施策ですが、すべてが成功するわけではなく、失敗する時もあります。

このSEOによる失敗とは、SEOを行っているにも関わらず、検索エンジンにおいての順位が上がらないと言うことであり、これには必ず何らかの原因があります。

そこで今回の記事では、ECサイトでよくあるSEO対策の失敗の原因について説明したいと思います。

SEOで順位が上がらない原因とは?

SEO対策を行っているのに検索順位が上がらないと言う場合、その原因として、SEO対策そのものに問題がある、担当者にSEOの知識が乏しいため効果を得ることができないと言ったことが考えられます。

仮に、SEOを専門の業者に委託している場合でも、以上のような原因から失敗することも考えられます。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ガイドラインに注意する!

SEO対策そのものに問題がある場合、その問題とは何かを明確にする必要があります。

まず、考えられる問題として挙げられるのは、行っているSEO対策が品質に関するガイドラインに違反している場合です。

SEO対策を行うには、Googleウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に準拠して最適化することが求められます。

そのため、このガイドラインに違反してSEOを行っていると判断された場合、Googleからペナルティが課せられ、その結果、サイトが評価されにくくなってしまい、検索順位が上位になることもないという事です。

ガイドラインに定められている項目はコンテンツの自動生成や無断複製、クローキングなど多岐にわたり、こういった違法な手法を行うことで、せっかく行っているSEOが失敗に終わってしまうことになるのです。

コンテンツに問題がある!

次に挙げられるのが、コンテンツに問題があるケースです。

検索エンジンは、ユーザーが求めている情報が充実していると判断したコンテンツを上位に表示します。

そのため、コンテンツにユーザーの求める情報が書かれていなければ、評価を得ることはできませんので上位に表示されることもないのです。

そのため、コンテンツは自分の思うように作成するのではなく、あくまでもユーザーを主体に考え、ニーズに合わせて作成する必要があると言うことになります。

また、ユーザーのニーズに合わせたコンテンツを作成しても、評価を得られないケースもあり、その場合に考えられるのは、コンテンツに外部サイトから向けられたリンクが少ないことです。

検索エンジンは、評価の基準として外部サイトから向けられたリンク(被リンク)も重要視しており、上位に表示されるようにするには、被リンクとコンテンツの二つが必要となるのです。

こういったことから、検索上位を獲得するには、ユーザーのニーズに合わせたコンテンツを作成し、それをSNSなどを活用して広く認知させ、被リンクを獲得していくことが重要となります。

キーワードの対策に問題がある!

さらに、SEOで効果が出ない場合、キーワードに関して問題があることが考えられます。

SEOでは、キーワードを選定し、そのキーワードを主体としたページを作成してくのが基本となりますので、ページのテーマを1つのキーワードに置き換える必要があります。

検索エンジンでは、文章や文字数と言ったものが重要視される傾向があり、その中で最も重要視されるのがキーワードなのです。

キーワードへの置き換えを行わなかった場合、重要視されるキーワードがページ内に存在しないわけですから、その結果、検索エンジンからは評価はなく、上位表示されることもないと言うことになります。

しかし、一方でキーワードばかりに気をとられ、サイトのテーマにそぐわないキーワードによってアクセスを増やしていると、サイト自体の評価が下がることもあります。

その結果、サイト全体のキーワードの順位も下がり、SEOが失敗してしまうことも考えられるのです。

こういったことを防ぐには、サイトのテーマから置き換えたキーワードで記事の質を高めることで、サイトの価値も高めていき、検索エンジンからの評価に繋げていくことが重要となります。

また、キーワードには、競合が多く存在するものがあり、そういったキーワードでは、たとえ良質なコンテンツを作成したとしても上位を獲得できないことがあります。

この競合の多いキーワードにおける競合とは、知名度が圧倒的に高い公式サイトや有名サイトであるケースが多く、これを覆すと言うのは非常に困難です。

そのため、キーワードを選定する際には、そのキーワードの競合性を理解し、競合の少ない複合キーワードやロングテールキーワードなどを選定することが必要となります。

しかし、競合の少ないキーワードだけでは成り立たないこともあり、そういった場合には、競合上位のサイトに負けないようにページごとの質を上げ、サイト全体の価値も上げていくと言うのも重要な対策の一つであると考えられます。

SEOでは、上記ようなキーワードに関する対策は非常に重要な問題であり、効果的に行うには日々の管理も重要となります。

SEOとは、キーワードの検索順位を上げるための施策であり、日々その順位の推移を管理することも必要なのです。

この管理を行っていない場合、キーワードいつ上昇したのか、下がったのかと言った状況が確認できないため、SEOを効果的に行うことができなくなってしまいます。

この順位の確認は自身で行うこともできますが、専用ツールを導入すれば手間を省くことも可能となります。

まとめ

SEO対策がうまくいかない時には、上記のような原因が考えられ、その中でも複数の原因が該当することもあります。

SEOを成功させたいのであれば、それらの該当する原因に対して、修正、改善など適切な対処を施し、サイトの質を上げていくことが重要になるのです。

まずは気軽に問合せ