単品リピート通販

単品リピート通販で拡大化するメンズ化粧品ECで成功するには?

近年、男性に身だしなみを整えるいう意識が高まっており、ドラッグストアなどでも男性用の化粧品を見かける機会が多くなってきています。

この男性用化粧品とは、ヘアケアやデオドラント商品、スキンケア商品と言ったものが中心となっており、特に若い世代では女性と変わらないスキンケアを行っている男性も増えているようです。

こういった現状から、多くの化粧品会社が男性用化粧品に注力し始めており、困難とされていたECでの販売に成功した事例もあるようです。そこで今回の記事では、男性用化粧品ECで成功する方法について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

増加するメンズコスメ

近年、男性用化粧品の需要が増加しており、メンズコスメの市場が急成長しています。

もともとボディケアやヘアケアでは一定の需要がありましたが、最近では若い世代を中心にスキンケア商品の需要が増加しています。

女性用しか置かれていなかった店頭の化粧品売り場にも男性用化粧品がおかれるようになり、ドラッグストアやコンビニなどでも手軽に購入できるようになっています。

メンズコスメ市場がこのような急成長を遂げている背景には、男性の身だしなみへの意識の変化があります。

女性の社会進出が進んだことで、職場に女性の割合が増え、女性の目を意識する男性が増えてきたのもその一因です。

女性に嫌われないように、体臭や髪形、肌などに気を遣うようになり、近年では、男性の見た目もビジネスに影響するという意識も強くなり、女性のためだけではなくビジネスのためにも外見を気にするようになったのです。

その外見に対する意識はさらに強まりを見せており、現在では化粧は女性がするものと言う概念が弱まってきています。

特に10代、20代の若い世代において美容への関心がかつてない程高まっていますが、それだけではなく、あらゆる年代の男性に外見を良くする、若さを保つと言うような意識が強くなってきているのです。

その中でも、男性から特に関心が高いのが、体臭や口臭などの不快臭のケア、顔の肌荒れやべたつきなどのスキンケア、体型に関するケアとなっており、これらに関する商品の需要が今後も増加していくことが予想されています。

上記のように、男性用化粧品の需要が増加している一方で、女性用化粧品は市場規模は大きいですが、消費の低迷などの理由から伸び悩みが続いています。

さらに、女性用化粧品は市場規模が拡大化しすぎて商品が飽和状態となっているため、各化粧品会社は男性用化粧品の顧客獲得に注力し始め、次々と商品を増やしてきています。

メンズコスメECで成功するには?

このように拡大化しているメンズコスメ市場において、ECサイトを立ち上げ成功するには、まず、実際に男性がどのような商品を購入しているのか?どのような商品を望んでいるのか?を知ることが大切です。

メンズコスメ市場では、以前からヘアケア商品、ボディシャンプーや制汗剤などの匂いを防ぐデオドラント系の商品が人気があります。

こういった商品は年代を問わず需要が高く、匂いによって他人に不快感を与えることがないよう気を配っている男性が多いと言えます。

近年では、スメルハラスメントと言った匂いに関連するトラブルも多くなっており、これに対する対策として使用している男性も多く見られます。

特にこの不快臭に関する商品は、加齢臭が気になり始める30代以降の中高年層の需要が高く、デオドラント効果の高い薬用ボディソープなどの売れ行きが好調です。

この匂いを防ぐ商品では以前は、スプレー式の制汗剤が人気がありましたが、現在はボディシートを利用する男性が増えているのも大きな特徴です。

また、従来人気の高かったシェービング関連の商品は、現在では全体的に需要が落ちています。

特に10代から20代の若い年代では、スキンケア商品の方が人気が高く、洗顔料、化粧水、乳液、オールインワンと言った女性と同様のスキンケアをする男性が増加しています。

そのため、シェービング関連商品を減らし、スキンケア商品を増やすケースが多くなっています。

現在のシェービング関連商品は、年齢が上がるにつれて購入率が高くなる傾向にあるため、将来的にはシェービング関連商品の需要はさらに落ち込むことが予想されています。

メンズコスメ市場の拡大化は今後も続いていくと予想されますが、だからといってメンズコスメECが成功するとは限りません。

そもそも化粧品とECは相性が良くないと言われており、女性用化粧品市場のEC化は他の業界よりも進んでいないのが現状です。

特に女性用化粧品は店頭販売が一般的であり、また若い世代はドラッグストアやコンビニなどで購入するケースが多いのです。

男性用と女性用では事情が異なりますが、男性用であっても低価格帯の商品や一般的に販売されている商品ではドラックストアの利便性には敵わないと考えられます。

そのため、メンズコスメをECで販売するのであれば、そこでしか買えないと言うような付加価値が重要となるのです。

まとめ

メンズコスメ市場は、男性の美意識の変化から今後も成長が見込めます。

特に若い男性の美容に対する関心はますます高まっていくものと思われ、男性用スキンケア商品などが大幅に増加していくことが予想されます。

しかし、女性用化粧品と同様に、市場の規模は大きくなってもECで売れるとは限らないのです。

ECで成功するためには、ドラックストアなどで手軽に購入できる商品ではなく、多少価格は高くても、そこでしか買えない魅力的な商品が必要となるのです。

まずは気軽に問合せ