単品リピート通販

単品リピート通販業界でも注目のEC事業とは?EC事業のメリットと始める際の必要なこと

商品やサービスの販売ビジネスを行ううえで、「EC事業」という言葉を耳にすることがあるかと思います。

EC事業は、今や取引を行う上での定番スタイルになっており、市場全体の規模は拡大傾向にあります。

EC事業と聞くと、大手事業者が、その市場を大きく独占しているようなイメージが強いかと思いますが、実際は必ずしもそうではありません。

個人や中小規模の事業者が、積極的にECに参入していくことで、EC利用者がより多くなり、そしてEC事業全体に高い経済効果をもたらしているのです。

そこで今回は、そんなEC事業とはなにか、詳しくご説明していきたいと思います。

あわせてEC事業を行うメリットや、始める際の必要なことなどをご紹介していきますので、これからEC事業に取り組もうと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

EC事業とは

まずはEC事業とは何か、ということをお話してきましょう。

ECとはElectronic Commerceの略称で、和訳すると「電子商取引」と表現されています。

「EC事業=電子商取引を扱う事業」と捉えてください。

スマートフォンやパソコンの普及から、インターネットを活用した商品やサービスを売買する取引は勢いを強め、今ではECが主体となっている場合も多いのです。

店舗を持たずに、ECのみで商取引を行う企業も増えてきていますよね。

たとえば、Amazonや楽天などで買い物をすると、インターネット上で契約や決算を行い、商品やサービスを売買しますよね。

これがECであり、その事業がEC事業なのです。

EC事業の4つのメリット

・店舗がなくても運営できる

EC事業は、インターネット上での運営ですので、実店舗を持たなくても商品売買を行うことができるので、家賃や土地代、光熱費などの実店舗管理費にかかるコストの削減ができます。

・場所の制約を受けない

商品やサービスに興味を持ったお客様は、直接店舗に足を運ぶことはありません。

ですのでどこに住んでいても、EC事業を行うことができます。

商品やホームページの設定によっては、全国だけでなく全世界まで発信し、EC事業を展開することができます。

・24時間年中無休で運営できる

商品やサービスを見る全てのお客様が、インターネットを経由して購入します。

ですので、EC事業を自動販売機として活用することが可能なので24時間年中無休でいつもでお客様が利用することができます。

・少ない資本で開始できる

EC事業を始める上では、最小限インターネット上にEC事業を開設する費用のみが必要です。

もちろん店舗はいらないし、手法によれば在庫を持たずに行うことができるので、少ない資本でEC事業を開始することができるのです。

EC事業開始前の必要なこと

・事業計画を立てる

何をするにしても、まずは事業計画を立てなければいけません。

予算はいくらにするのか、必要なスタッフの人数は、売上目標はという事を明確にし、事業計画を立てていきましょう。

あくまで、「誰に」「何を」「どのように」販売したいのか、ということを確立させておくことが、成功への第一歩となります。

・ECサイトの開設場所

「ECサイト」と一言で言っても、開設することができる場所はさまざまあります。

ショッピングモール、レンタルショッピングカードはもちろん、自社独自のショッピングサイトを作成することも可能です。

事業計画を参考に、どれくらいの規模にしたいのか、運営担当者のインターネットの知識はどれくらいなのか、ということを考慮して、開設場所を検討してきましょう。

・決済方法

EC事業を行う前に、決済方法を定めておかなければなりません。

決済方法は、クレジットカード、コンビニ決済、ネットバンク決済、銀行振込、郵便振替、代金引換などがあります。

ひとつの決済にいくらの手数料がかかるのか、決済代行サービス会社を利用するのか、ということを考慮しながら決定しましょう。

・発送方法

EC事業を開始し、商品販売を目的とするのならば、販売した商品を発送しなければなりません。

どの運送会社を利用するのか、発送代行サービスを活用するのか、ということも事前に決定しておきましょう。

まとめ

以上、EC事業とは何か、そのメリットと始める前の必要なことについてお話させていただきました。

オンラインショップであれば、売り手も買い手も顔が見えない、という匿名性がデメリットになる場合がありますが、自社ECを利用してくださるお客様がより安心して快適に利用することができるか、ということをしっかり意識してください。

インターネット上でのトラブルが、改善傾向にある今こそ、EC事業に参入する最適の時期と言えるのです。

EC事業を開始しようと思われている方は、「EC」という媒体をしっかりと理解して、入念な事前準備を行ってから、EC事業を開始してくださいね。

まずは気軽に問合せ