サブスクリプション

音楽サブスクリプションのメリットとデメリット

「音楽を聴きたい」そんな時、少し前までであればCDショップで楽曲を購入したり、レンタルショップでCDをレンタルすることが当たり前という時代でしたね。

ですが、今IT業界の進歩は目まぐるしく、非常に大きな変化を見せているのです。

この「音楽」ひとつを取ってみても、今の時代はインターネット上で定額制の音楽配信サービスを契約し、音楽を聴き楽しむという形がもはや一般的になりつつあります。

モノを「所有」することよりも「利用」することに対しても価値観の変化から、若者を中心にこのようなサービスの需要は日々高まって来ているのですね。

このような時代の流れをEC業界の観点から見ると、非常に大きなビジネスチャンスがあると思いませんか?

企業、ユーザー共にメリットが大きいサブスクリプションサービスは、ビジネスとして成功する可能性が多いのです。

音楽サブスクリプションサービスであっても、知っておくべき情報を知り、成功させるポイントを把握しておくことでかなり大きな利益を得ることができるのです。

そこで今回は、音楽サブスクリプションのメリットとデメリットについてお話ししていきたいと思います。
音楽サブスクリプションにご興味がある方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

音楽サブスクリプションとは

音楽サブスクリプションとは、毎月定額を支払うことで、その企業が契約した楽曲をインターネット上で楽しむことができるサービスです。

従来のようにCDを購入したり、楽曲を購入して所有することとは全く異なり、基本的に音楽サブスクリプションが提供しているものは「ストリーミング再生」です。

聴きたい音楽がある場合には都度ダウンロードをして音楽を再生する方式であるため、音楽サブスクリプションを利用している間は常にインターネットに接続しておく必要があります。

もちろん提供サービスによっては、配信コンテンツごとにダウンロードが可能になっておりダウンロードをすればオフラインの状態でも利用することができるサービスがあります。

音楽サブスクリプションを利用するには、パソコンやスマートフォンなどのモバイル端末を経由して、ユーザーに専用のサイトやアプリをダウンロードしてもらい、音楽サービスを提供します。

それぞれの提供企業により、サービス登録方法やキャンペーンなどは異なりますが、基本的には顧客登録を行い、初月から数ヶ月は無料という形態を用いると、ユーザーのファーストアタックを掴みやすくなります。

そしてそれ以降はそのサービスを引き続き利用してもらうのであれば、月額料金を支払い延長してもらいます。

メリット

まず第一のメリットとして挙げられることが、サブスクリプションビジネスどれにも当てはまる、「企業とユーザー双方にメリットがある」ということです。

一定数の会員を確保することができれば、その分の定額料金を定期的に得ることができますよね。

企業としては、安定した収益を見込むことができますので、今後のサービスの拡大も見込むことができます。

さらに顧客満足度の向上を意識することで、さらなる囲い込みを強化することができます。

そして音楽サブスクリプションは、お得感他のサービスよりも容易にお得感を演出することができますので、新規顧客獲得に結び付けやすいと言えるでしょう。

ユーザーにとってもCDを購入したりレンタルするよりも、費用を抑えることができますので、音楽を頻繁に聴く人ほど、節約できると考えられます。

こういったユーザー心理を把握しやすいことも、音楽サブスクリプションのメリットであると言えるでしょう。

デメリット

音楽サブスクリプションの提供を始める場合には、事前にデメリットを把握しておくことも重要です。

まず、提供企業のデメリットとして挙げられることは、一定数以上の会員数を獲得しなければ継続運用は難しい、ということでしょう。

収益の大きさを定める基準は「会員数」にあり、継続的なプロモーションを求められることでしょう。

音楽コンテンツ内容をどれほど充実させ、ユーザーの再生回数が増えたとしても既存ユーザーが繰り返し聴いているだけでは、収益を増大させることはできません。

新規顧客獲得を行って初めて収益が増えるので、そのための施策を常に図らなければなりません。

また、コンテンツにより定額料金からオーバーしてしまったコストを、企業がまかなう必要がありますので、想定を上回る利用頻度のヘビーユーザーが多いほど、その影響でコストを負担しなければならない場合があるのです。

まとめ

以上、音楽サブスクリプションのメリットとデメリットについてお話しさせていただきました。

今、音楽サブスクリプションは老若男女問わずさまざまな世代に受け入れられているサービスであるため、今後さまざまな企業からの展開が期待されるビジネスであるでしょう。

音楽サブスクリプションビジネスを開始する場合はぜひ、メリットとデメリットを把握してみてくださいね。

まずは気軽に問合せ