サブスクリプション

近未来訪れるサブスクリプション世界、ビジネスヒントは何か

最近、「サブスクリプション」という言葉を耳にする機会が増え、さまざまな業種からも注目されているビジネスモデルですよね。

従来の売り切り型ビジネスとは異なり、顧客がモノを所有するのではなく、その商品やサービスを利用するための権利を購入し、利用するサービス形態のことを言います。

インターネットを通じて、動画配信サービスや音楽配信サービスなどが浸透してきており、サブスクリプションの成功事例がどんどん増えてきています。

もちろんビジネスの場においても、SaaSのサブスクリプションクラウドシステムが導入され始めていますので、今サブスクリプションサービスが必要不可欠となっている企業も多いのではないでしょうか。

このようなデジタルサービスだけでなく、飲食業界や自動車業界などもサブスクリプションサービスの提供を始めていますので、その範囲は急激に拡大しているのです。

今後まだまだ成長し続けるビジネスであるからこそ、今のうちにサブスクリプションのビジネス知識を付けておきたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、近未来訪れるサブスクリプションの世界のビジネスヒントとは何かということについてお話ししていきたいと思います。

今後サブスクリプションビジネスの導入を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

顧客が求める真の価値を提供する

サブスクリプションビジネスにおいて、顧客が企業に求める価値とは「安心感」と「お得感」です。

顧客がそのサービスを契約することで、いつでも好きな時に好きなだけ利用することができるということは、サブスクリプションでしか体験できないサービスですので、顧客はそこに価値を見出すことができます。

サブスクリプションは、「定額で利用し放題」というサービス体系でありますので、消費者の安心感とお得感を盛り立てることができますよね。

この価値は、現代の消費者の心理の一番近くまでアプローチをすることができますので、非常に重要なポイントです。

最大のメリットを最大活用する

サブスクリプションビジネスに関する企業にとっての最大のメリットはなんでしょうか。

それは、顧客データ取得のハードルが下がることです。

従来の売り切り型ビジネスや、その都度料金を支払う形態にはないメリットが得られるでしょう。

そもそもサブスクリプションとは、その商品やサービスに付帯して魅力的な価値を盛り込むことができますし、顧客ひとりひとりの生活パターンに合わせた商品やサービスを提供することが可能ですので、実際のその商品よりも高い価値を付帯して提供することができますので、顧客満足度を向上させることができるのです。

またそのようなサービス提供を行うことで、顧客のより細かな個人情報を収集することができることこそ、サブスクリプションの最大のメリットと言えるでしょう。

詳細な個人情報を得ることあで、ひとりひとりの行動履歴を細かく分析するとまたさらにより良いサービスを提供することができるでしょう。

そもそもサブスクリプションを求めている消費者は、自身がサブスクリプションを契約することで、更なるサービスの充実性を期待しますので、顧客自身も個人情報を提供するリスクが少ないのです。

これは今、個人情報の収集に難を見せる企業にとっては、非常に魅力的なことでしょう。

離脱客を作らない魅力的なサービスを提供する

サブスクリプションのデメリットと言えば、顧客はいつてもすぐにサブスクリプションの契約を解除することができることですので、離脱客が増えてしまうというリスクがあります。

たとえば通常自動車を購入する場合、購入までのハードルは高いものの、購入後は解約が不可能になってしまいますので、その後の対応が悪かったとしても、売上に影響することはありません。

ですが、サブスクリプションサービスの場合であれば、顧客はいつもて解約をすることができるからこそ、途中解約をされてしまい予想していた売り上げを得られなくなってしまうという場合もあるのです。

そのような離脱客を作らないためには、顧客が利用し続けたいと思うような魅力的なサービスを提供し続けることが大切です。

得た顧客データを有効的に活用し、顧客は何を求めているのか、ということを把握し、提供していきましょう。

まとめ

以上、近未来訪れるサブスクリプション世界のビジネスヒントは何か、ということについてお話しさせていただきました。

ここ数年サブスクリプションビジネスは、右肩上がりで成長し続けており、今後もさらなる成長が期待されていきます。

近未来ではサブスクリプション中心のサービス提供ばかりになることも、あり得る話しでしょう。

企業者こそサブスクファーストの視点を持ち、まずはこれらのビジネスヒントをもとに、それぞれの企業にあった戦略を打ち出してみてくださいね。

まずは気軽に問合せ