単品リピート通販

単品リピート通販のネットショップは借りる?作る?買う?

ネットショップの運用にご興味のあるみなさま。

ネットショップの運営は、企業としてはさらなる売り上げを期待することができますし、副業としても今人気のある仕事であると言えるでしょう。

ネットショップを運営することで、24時間いつでもどこにいても商品販売を行うことができますので、軌道に乗りさえすれば非常に効率よく利益を得ることができるビジネスです。

まず、ネットショップを開業しようと思われた場合には、開業方法を検討することでしょう。

ネットショップ運営初心者の方であれば、ネットショップはどのように作成するのか、疑問を持ちますよね。

誰しもさまざまな情報を得るために、調べるかと思いますが、調べた結果の情報が多すぎて、結局何が正解なのかが分からなくなる、という状態になる方も多いのではないでしょうか。

ネットショップを開業方法の、明確な答えは「作る」「買う」「借りる」の3つになります。

ですので、まずはこの3つのうち、どの方法でネットショップを開業するのか、ということを決めなければなりませんが、実際にどの方法で開業すれば良いのでしょうか。

そこで今回は、ネットショップは、借りる?作る?買う?どれが一番良い方法なのか、ということについてお話ししていきたいと思います。

これからネットショップを開業しようとお考えの方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

作る

言葉の通り、ネットショップは自分で「作る」方法があり、ネットショップへの知識が無い方であれば、まずはネットショップを作ることを考えられることでしょう。

ネットショップを作るためには、まずプログラミングの基礎から学ぶ必要があり、プログラマーやWebデザイナー、Webクリエイターにならなければなりません。

そのようなポジションから十分な知識のもと、ネットショップを構築し、開業するのです。

ネットショップを「作る人」と「運営する人」は混同しやすく、同じ職種の人物が行うように思えますが、実はまったく別の職種であり、内容がまったく違うのです。

あなた自身は、ネットショップを構築するプログラマーなどのエンジニアになりたいのか、それともネットショップを運営をする経営者になりたいのか、ということを考えてみてください。

買う

自身が運営するネットショップを「買う」という方法もあります。

ウェブアプリ開発企業や、ホームページ制作企業などの専門業者に依頼し、ネットショップ自体を作ってもらい、それを買い取ります。

「フルスクラッチ開発」と呼ばれ、これにはもちろん、企業によっては保守契約として月額費用が必要になる場合があります。

平均的なネットショップ制作費用としては、50万円~数千万円になり、内容により費用が変わってきます。

企業のネットショップとして、数百万円や数千万円ほどの資金を余裕に用意でき、そして自社オリジナルのネットショップを製作したいと考える場合には、この方法が用いられています。

サーバーは何を使うのか、開発言語はどうするか、カート機能だけを利用するのか、顧客管理機能を付けるのか、売り上げ分析機能はどうするのか、といったネットショップに関する機能について、細かく設定するための仕様書を用意しなければならない場合がほとんどですので、その仕様書を作成するためには、そもそも依頼者自身がネットショップシステムに関する知識を十分に知っておかなければなりません。

知識をしっかり付けておくことで、専門業者に対して適切な指示を出すことができるので、より自身の理想にあったネットショップを作成することができるのです。

借りる

ネットショップを開業する場合には、通販システムjを「借りる」方法が一番正解であると言えるでしょう。

たとえばいらなくなったものを売りたいと考える場合であれば、不用品を売るためのサイトを作成するのではなく、メルカリのような購買アプリを利用しますよね。

とくにネットショップ運営初心者の方であれば、このような便利なサービスを利用することが一番負担が少なく、楽に開業することができるのです。

基本的な考え方としては、不用品を売る⇒メルカリを利用、という発想と同じように、ネットで商品販売を行いたい⇒ネットショップを借りる、ということです。

ネットショップを借りるということは、通販システム(ASP)を利用することです。

今の通販システムには、インターネット上のネットショップ増加に伴い、無料のものから有料のものまでさまざまな種類がありますので、自身のネットショップにあったサービスを選定する必要があるでしょう。

まとめ

以上、ネットショップは、作る?買う?借りる?どれが一番良い方法なのか、ということについてお話しさせていただきました。

結果的には、ネットショップは「借りる」ことが一番簡単で気軽に行いやすいということがお分かりいただけたかと思います。

もちろん、企業的な視点として多くの予算や技術者を用意できるのであれば、他の方法にすべきではありますが、個人運営の場合やネットショップ初心者である場合には、ぜひ「借りる」という選択肢をお選びくださいね。

まずは気軽に問合せ