単品リピート通販

ネットショップ運営者必見!単品リピート通販のコーディングとは

ネットショップの運営にご興味のあるみなさま。

ネットショップビジネスって、今人気が非常に高く、魅力的なビジネスですよね。

ネットショップはまず、ショップサイトを作成していきますが、この段階でデザインが完成しただけでは、ネットショップサイトは完成ではありません。

デザインを製作した後は、そのデザインをブラウザで見ることができるようにしなければ、ネットショップを開設することはできません。

このブラウザ上に見えるようにすることを「コーディング」と言います。

コーディングは、ネットショップを作成していく作業段階では欠かせない工程であり、ネットショップ運営者は知っておくべきことなのです。

そこで今回は、ネットショップ作成時の「コーディング」とは何か、ということについてお話ししていきたいと思います。

ネットショップ運営者の方は必見ですよ。

ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

コーディングとは

まずはコーディングについて説明していきたいと思います。

コーディングとは、ネットショップデザインを基に、「HTML」や「CSS」などのマークアップ言語で見出しを作成したり、リンクの設定を行ったりして、制作したデザインをブラウザ上で見えるようにすることです。

作り上げたデザインを、そのままWeb上で表現していきますので、「HTML」と「CSS」の知識が必要になってきます。

HTML

HTMLとは、「Hyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)」の略語で、Webページを作成するにあたって、最も基本的なマークアップ言語です。

その名の通り、高機能なテキストであり、人ではなく、コンピューターが人間に変わって、文書を適切に分析するシステムで、文書内の指定箇所にリンクを貼ったりほかのページに移動することができるのです。

CSS

CSSとは、「Cascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)」の略語で、Webページのスタイルを指定するための言語です。

HTML文書に対する表示や、文書の見栄えを考慮したデザインなどを指定します。

ネットショップ自体を特に動きがないシンプルなデザインにしたいのであれば、「HTML」と「CSS」の知識だけで十分構築することができますが、よくネットショップで見られる写真がスライドするデザインや、ショートムービーが貼り付けられているネットショップであれば、さらにJavaScriptなどの知識が必要になってくるでしょう。

Google推奨のコーディングルール

Googleからは推奨されているコーディングルールがあります。

HTMLのコーディングルールでは、動画や音声グラフィックの描画を表現するために「HtML5」を使用すること、そして画像にはalt属性を追加することがあります。

コーディングのポイント

HTMLやCSSが複雑になってしまうと、検索エンジンの評価が下がってしまいますし、サイト表示の際のパフォーマンスも低下していまいます。

ですのでHTMLに関しては、無駄な改行や余計なスペースを無くし、適切に見出し(h1/h2)や段落(p)、リスト(ul/li)や定義(dl/dt/dd)を構築することがポイントです。

そしてCSSでは、外部ファイルにリンクさせること、凡庸性のあるセレクタは、「class」で指定すること、font(size/wight/style)やbackground(color/image/position)などの複数のプロパティである場合には、まとめて簡潔に書くことなどがポイントです。

コーディングを外注依頼する場合

コーディング作業は、さまざまな専門的な知識が必要になり、難しいことであると言えますので、自分一人では行うことが出来ない場合もあります。

その場合は、コーディングの外注先に依頼することで、作業してもらうことができるのです。

今ではコーディングだけの依頼を受けてくれる業者も多くなってきていますので、自社ネットショップにあう業者を見つけてみてください。

業者を見つけるときの注意点としては、どのような運営方針とスケジュールであるのか、目的と見積をはっきり伝え、業者と並行して準備を進めなければなりません。

そして、後の運用を考えて、その後のアフターフォローや、フォロー料金まで確認しておくことをおすすめします。

まとめ

以上、コーディングとは何か、ということについてお話しさせていただきました。

今回は、ネットショップ運営初心者の方でも分かる内容をご説明していきましたが、コーディングとは高度な知識が必要であり、運営には必ず必要になってくるものです。

ぜひこの機会に、コーディングの知識を深めてよりよいネットショップサイトを作成して、運営を円滑に進めていきましょう。

まずは気軽に問合せ