単品リピート通販

単品リピート通販のネットショップ運営における「在庫管理システム」の必要性

ネットショップを運営されているみなさま。

ネットショップを運営し、少し経つと誰しもが抱える悩みとして、「在庫管理」が挙げられるのではないでしょうか。

小規模のネットショップや、自宅や事務所で管理できるほどの在庫であれば問題はありませんが、少し大きな規模になったネットショップや、大きい商材を扱う場合であれば、在庫管理が非常に難しくなってしまいますよね。

また、在庫を管理するためには、その数も非常に重要なポイントになってくるでしょう。

商品販売の経験がある場合であれば、ある程度の予想をすることができたり、エクセルなどを用いて自分自身で管理することができますが、もしネットショップが大規模になった場合には、そのような管理では間に合わないことが多々あるでしょう。

その悩みを解消するには、それ専用の在庫管理に特化したシステムを導入するべきなのです。

在庫管理システムを導入することで、出荷入荷に関することや、商品受注の状況がリアルタイムで一括管理をすることができるので、非常に効率的に在庫管理を行うことができるのです。

そこで今回は、ネットショップ運営における「在庫管理システム」の必要性について、詳しくお話ししていきたいと思います。

今ネットショップを運営していて、在庫管理にお悩みを持たれている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

メリット・デメリット

まず、在庫管理システムを導入することのメリットとデメリットについて、お話ししていきたいと思います。

在庫管理システムを導入することの最大のメリットとなることは、在庫を一括管理することができるので、作業効率化を図ることができ、作業時間の短縮に繋がることです。

もし、複数のネットショップを運営している場合には、各ネットショップそれぞれの注文状況を確認して、全体の在庫数を計算しなければなりませんので、注文数や商品数が増えていくと、その計算に掛かってしまう時間も非常に多くなってしまいます。

ここに在庫管理システムを導入することで、注文状況を一括確認することができますし、負担を減らし、空いた時間でサービス改善のために時間を費やすことができるのです。

デメリットとしては、在庫管理システムを初めて導入する場合であれば、新たなシステムを導入するため、そのシステム内容を理解し、慣れるまでが大変なことが挙げられるでしょう。

ですが、在庫管理システムによっては、サポート体制が整っているものも多くありますので、安心して導入することができます。

「在庫数の表示」が購入に繋がる

あるアメリカのネットショップ利用者に対するアンケートでは、10人中8人が「リアルタイムで在庫数を確認することができなければ、すすんでそのショップで買い物はしない」という回答があるのです。

在庫数を把握できなければ、ユーザー自身も購買意欲が湧かなくなることが分かりますよので、これは軽視してはなりません。

商品在庫を確認することができる在庫管理システムを導入し、このようなユーザーの声にしっかり答えることができる商品販売をすることこそ、売り上げに繋がるのです。

在庫管理システムを導入する際の4つのポイント

1:商材の特性に合っているか

自社ネットショップにて取り扱う商材によって、必要となるシステムが細かく異なります。

たとえば食料品関連であれば、トレーサービスや荷姿管理が必要になってきますし、アパレル関連であれば、サイズ管理をするシステムは必要ですよね。

業種に特化した在庫管理システムがありますので、それぞれの特性に合ったものを選びましょう。

2:自社のニーズを明確にする

在庫管理システムは、システムによっては得意領域は異なってきます。

物流管理を中心としているのか、倉庫内管理を中心としているのか、他のシステムが必要なのか、両方の機能が欲しいのか、それらすべてを決めるためには、自社のニーズを明確にしなければ決めることはできません。

3:ショッピングモール型ネットショップに対応しているか

もし自社ネットショップをショッピングモール型のネットショップに出店し、商品を出品している場合には、選んだ在庫管理システムがショッピングモール型に対応しているか、ということを確認しなければなりません。

もちろん、複数のショッピングモールに出店している場合であれば、そのシステムがすべてのモールに対応しているか、ということ、そしてその全てのモールへの注文処理と連動し、一括管理をすることができるか、ということも重要なポイントです。

4:アップデート対応は迅速であるか

ショッピングモール型のネットショップに提供している在庫管理システムやツールは、頻繁にアップデートがされています。

このアップデートの際の仕様変更などに、スピーディーに対応してくれるかどうか、ということも確認しておくと良いでしょう。

まとめ

以上、ネットショップ運営における「在庫管理システム」の必要性についてお話しさせていただきました。

規模に応じて、ネットショップ運営には、在庫管理システムが必要であい、最重要であることをお分かりいただけましたでしょうか。

在庫管理システムを選定する際には、確認すべきポイントをしっかりチェックし、自社に合った在庫管理システムを選んでくださいね。

まずは気軽に問合せ