単品リピート通販

単品リピート通販のネットショップを運営するために設置しておくべき具体的な職種

今、ネットショップの利用者が増加傾向にあり、その増加に伴いネットショップの数も非常に多くなってきています。

今やネットショッピングモール型、企業展開による自社ネットショップ、個人運営ネットショップなどをすべて合わせると、その総数は日本国内だけでも200万点以上に上ると言われているのです。

ネット環境の進化や、新しいアプリの登場なども加わり、一般個人でも気軽に、簡単にネットショップを開業することができるようになってきているのです。

今後もインターネットの機能の進化は期待できるものであり、ネットショップ運営に関する進化的な機能も増えてくると思われますので、今後ネットショップの数はより多くなってくることが予想されるでしょう。

個人でネットショップを運営する場合であれば、自分自身ができるキャパシティ範囲内で運営を行うことで、自分に合った運営方法を見つけことができますが、企業単位でネットショップを運営する場合であれば、そのようなコントロールは難しいと言えるでしょう。

企業がよりスムーズにネットショップを運営するには、まずさまざまなスキルと経験を持った人を集める必要があります。

そこで今回は、ネットショップを運営するために設置しておくべき具体的な職種について、詳しくお話ししていきたいと思います。

今、企業としてネットショップ運営を行おうと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

正社員

ディレクター

まずは、企業として運営する場合には正社員を設置しておくべき必要があります。

中でもサイト作成に関する「ディレクター」という立場を設け、すべてを統括する人材が必要になるでしょう。

ネットショップサイト全体の構成を考え、そしてワイヤーフレームを作成し、それに費やすスケジュールや、販売スケジュール、商材の発注などの予算など、大きな管理をするポジションが必要です。

ウェブデザイナー

「ウェブデザイナー」は、ネットショップサイト全体を構成するデザイン全てを手がけていきます。

ウェブデザイナーとなる人物は、Photoshopやillustratorなどのスキルがある人材でなければなりません。

ネットショップの構築には、ネットショップデザインというものが非常に重要になり、そのままユーザーの目に映るものであり、そのネットショップの第一印象を決めるものであります。

人は、最初に視覚情報から入り、その後に文字という繊細な情報を得ます。

ネットショップで売り上げを上げるには、デザインにこだわるべきであり、消費者の目線を追った見やすいサイトを構築しなければなりませんので、非常に重要なポジションです。

システムエンジニア

もし、ネットショップで商品販売を行っている企業が、新しいサービス提供のため、アプリケーションの開発を手掛けることを検討している場合、「システムエンジニア」が必要になります。

実際にアプリの開発経験があったり、HTLM、CSS3、JavaScripyといった最新知識を得ている専門性とスキルが高い人材でなければなりません。

アルバイト

商品登録

ネットショップ自体が出来上がったところで、実際に出品する商品を登録しなければ、商品を販売することができません。

出品商品画像を掲載し、その商品に関する細かなデータを入力し、商品登録を行います。

このようなバックエンド業務は事務作業が中心となるでしょう。

注文受付事務

商品が注文された後、その商品がいつ届くのか、在庫状況はどうなのか、というとうなユーザーからのさまざまな問い合わせに対応していかなければなりません。

アルバイトでも十分に請け負うことができますが、実際に商品を購入したユーザーとやり取りを交わすことが多くなるので、決して軽視することのできない業務です。

コミュニケーション能力や、瞬時に適切な判断をするための判断能力が必要になります。

この業務は、単体として考えるよりも、商品登録などと合わせた仕事内容だと考えて良いでしょう。

発送業務

商品を受注した場合、商品の発送を行わなければなりません。

その際に企業によっては、商品発送のため大手配送業者に委託する場合が多いのですが、自社専用便で配送を行うネットショップもあります。

発送する商材にもよりますが、この発送業務を自社で行うことによって、大幅にコストを抑えることができる場合があるのです。

自社で発送を行う場合には、アルバイトスタッフを設置しておく必要があるでしょう。

まとめ

以上、ネットショップを運営するために設置しておくべき具体的な職種についてお話しさせていただきました。

ネットショップは、今後更なる進化を遂げることが予想できるからこそ、プロフェッショナルを用意し、ふさわしい人材を備えておきたいですよね。

余裕を持ったネットショップ運営を行うためにも、これらの業務を円滑に行えるようなスタッフの配置を考案してくださいね。

まずは気軽に問合せ