単品リピート通販

単品リピート通販のネットショップ開業で失敗してしまう典型例とは

この記事では、ネットショップを始めたは良いものの、結果的に失敗してしまう個人や企業に共通している原因をご紹介しています。

ネットショップは、ローリスク・ハイリターンのビジネスとして非常に人気のジャンルとなっています。

しかし、人気が故に市場競争は激化しており生き残るのも難しい側面があります。

それでも人気のあるショップはいつまでも人気がありますが、一方で長続きもせず失敗してしまうショップも山ほどあります。

そして、長続きもせずに失敗してしまう個人や企業にはある共通点があり、失敗してしまう原因があります。

今回は、そんな「ネットショップを個人や企業が失敗している典型例」を把握して、自分のサイトでは失敗しないように心掛けましょう。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ネットショップ開業で失敗してしまう原因とは

ネットショップ開業で失敗してしまう原因は、主に以下のような点になります。

競合他社の真似だけをしている
ショップのオリジナル性がない
とりあえず広告を出せば良い

競合他社の真似だけをしている

当たり前と言えば当たり前なのですが、他社と似たような商品を陳列したり真似をしても売れることはありません。

しかも、真似をしてしまうとパクリ疑惑なども持たれかねないため、ネットでの自分のサイトの印象が非常に悪くなってしまいます。

現実世界よりもネットの世界では情報の更新が早いので、悪い評判などはすぐに拡散されてしまうにも関わらず、鎮火するのには時間が掛かるという厄介な側面があります。

そして、何よりやってしまいがちなのが、「大手の真似ごと」です。

と言うもの、大手はそれなりに資金やスケールなどが異なりますので、個人が真似をしようと思っても限界があります。

例えば、商品の仕入れに関しても大手の場合は、大量発注・大量仕入れを行いよりお得に販売しても利益が上がりますが、個人の場合はそうはいきません。

大手と同じように大量発注・大量仕入れをしてしまうと在庫だけ増えてしまい、管理費や作業効率が悪くなってしまいます。

ショップのオリジナル性が無い

上記と若干似ていますが、せっかくネットショップを開業したのに、そのショップに個性が無ければ数多のネットショップが立ち並ぶネット上で生き残ることはかなり厳しく失敗する可能性があります。

しかし、ネットショップ初心者の場合「良いな…。」と思ったショップなどを見つければ、真似をしたいなと思うこともあると思います。

ところが「真似」だけをしてしまうと、それは「パクリ」になってしまうのでトラブルの原因にもなり兼ねないですし、自分のネットショップの個性が無くなってしまいます。

ですので、お手本となるサイトはあくまでも参考にし、そこから自分のオリジナル性を出すことがネットショップ運用で成功するカギになると思います。

とりあえず広告を出稿する

ネットショップは、現在かなりの店舗数が営業しているので、広告運用などをいかに行っていくかが重要になってくると思います。

しかし、ただ単にむやみやたらに広告を出稿していても、売上や結果に繋がることはありません。

なぜなら、広告は狙ったターゲットに見てもらう・興味を持ってもらわないと意味がないからです。

ですので、広告を活用する際にはマーケティングが非常に重要になってくるのですが、ネットショップ開業だけを考えて、開業後の運営を如何に行っていくかまでの計画を立てていないケースは少なくありません。

それでは、ネットショップを開業しても長続きはしないですし、失敗してしまうと思います。

ネットショップ運用で失敗しないために

ネットショップ運用で失敗しないために心掛けておきたいことは、「きちんと計画や目標を立てて運営していくこと」に限ります。

ネットショップを開業しようと思って失敗している方の多くは、行き当たりばったりの勢いで開業している方も少なくありません。

それでは、ビジネスとして上手くいくことはありませんし、必ず失敗します。

ネットショップに限らず、ビジネスを行う際には「計画」とは非常に重要なので、「計画」を怠っていてはまず、ネットショップで利益を上げることは非常に厳しいと思います。

もちろん、低コストで始めることが出来るネットショップですが、その分きちんと予算や費用などを理解しておかないと資金繰りでも苦労することになり兼ねません。

ですので、やはり「きちんと計画や目標を立てて運営していくこと」というのが非常に大切になってくるのではないかと思います。

まとめ

今回は、ネットショップ開業で失敗してしまう典型例についてご紹介してきました。

その失敗してしまう典型例とは、

競合他社の真似だけをしている
ショップのオリジナル性がない
とりあえず広告を出せば良い

の3つになります。

そして、失敗してしまう典型例を防ぐ方法というのが「きちんとした計画や目標を立てて運用していく」ということになります。

どうしても低コストで始めれて、ローリスクハイリターンのイメージがあるネット関係のビジネスは簡単に見られがちですが、その分競合他社も多いため生き残るのは決して簡単ではありません。

それらを理解しておかないと、いくら良いショップを開業しても宝の持ち腐れになってしまうので、気を付けましょう。

まずは気軽に問合せ