単品リピート通販

単品リピート通販のネットショップ開業までのステップ

ネットショップを開業することは、実店舗を開業するよりも、コストも労力も少ないですが、正しい知識を持たず、コツを掴んでいなければ、ネットショップを運営し続けることができません。

開業までにある非常に重要なポイントを知っておかなければ、せっかく開業したのに失敗に終わってしまう場合もあるのです。

そういったことが起きないように、まずはネットショップを開業するまでに、どのような準備が必要であるのか、知っておくべきなのです。

そこで今回は、ネットショップ開業までのステップについて、詳しくお話しさせて頂きたいと思います。

ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ネットショップ開業までのステップ

1:販売商品の選定
2:コンセプトの選定
3:出店方法の選定
4:ネットショップの決済方法の選定
5:中長期的事業計画を立てる
6:ネットショップ開設サービスに申し込む
7:Webページの作成・デザイン設定
8:ネットショップの公開
9:集客活動
10:ネットショップの運用

ネットショップを開業するには、まずこの10項目の段階のステップを認識しておきましょう。

まずは販売する商材、そしてその商材に合わせたネットショップのコンセプトの選定を行います。

今から開業するネットショップは、どんなお店にしたいのか、このコンセプトを選定する上で一番大切なことは、他社との差別化です。

そういった選定が完了すると、次に選定すべきことは出店方法です。

出店方法とは、販売する店を「ショッピングモール型」にするか、「自社サイト型」にするか、ということです。

たとえば、楽天市場やAmazon、Yahooショッピングを考えてみると、あらかじめ用意されたスペースで商品販売を行う方法が、「ショッピングモール型」そして、ASPと呼ばれるサービスから、ネットショップ運営に必要な機能をレンタルし、そして自社ネットショップの中にその機能を埋め込む形態を「自社サイト型」と言います。

もちろん両方ともにメリットとデメリットがあります。

そしてその後は、ネットショップに設定する決済方法を選定していきましょう。

ネットショップで利用できる決済手段にはいくつかの種類があり、「クレジットカード決済」「銀行振込」「コンビニ決済」「代金引換」があります。

ターゲット層や、商品価格によって決済方法を選定するのですが、一番重要なポイントは、「ネットショップユーザーの全体の7割がクレジットカード決済を利用している」ということの認識です。

ほとんどの方が数種類の決済方法で「クレジットカード決済」を選定している傾向がありますので、クレジットカード決済を導入しておくことをおすすめします。

もちろん、クレジットカード決済以外の手段を選定するユーザーもいますので、「自分が利用したい決済手段がない」という理由で離脱客を作らないよう、いくつかの手段を選定しておきましょう。

そこまでが完了すれば、いよいよ「事業計画」を立てていきます。

今後ネットショップはどのように成長させたいか、という運営方針を確立させておきます。

中長期間を設け、「半年間での売り上げ目標」を立てていき、「数年間での売り上げ目標」を立てると、そのための施策を検討することができます。

さらに事業計画をしっかり考案することで、銀行からの融資、そして公的な補助金を受けることができる場合もあります。

その後は、出店選定を行ったネットショップ開設サービスに実際に申し込み、ここからがWebページを作成し、ネットショップサイトのデザインを設定していきましょう。

この段階までいくと、1~5の準備がどんどん実現していきます。

自分が理想描いたネットショップデザインを作り上げていきましょう。

商品登録を行えば、いよいよネットショップの公開です。

公開後は、SNSや検索エンジンを用い、多くの方の目に留まるように告知をしていきましょう。

ネットショップをインターネット上に公開しても、運営はそこで終わりではありません。

自動的にユーザーが集まるわけではありませんので、集客につながる施策をどんどん図りましょう。

さまざまなネットショップの開設サービスがあり、サービス提供内容によっては、集客を助けてくれるサービスも充実していることがありますので、良いスタートダッシュを切るためにも、有効的に利用することをおすすめします。

そして集客施策を行ったあとには、ネットショップの運用をしていきます。

「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(評価)」「Act(改善)」の意味を持つ「PDCAサイクル」を素早く回し、しっかりとしたデータ分析を行っていきましょう。

まとめ

以上、ネットショップ開業までのステップについてお話しさせていただきました。

ネットショップを開業したいと思っていても、何から始めれば良いのか、どのような準備をしなければならないのか、ということで悩まれている方も非常に多くいらっしゃるかと思いますので、ぜひこのステップを参考に、ネットショップ開業を目指して下さいね。

まずは気軽に問合せ