単品リピート通販

単品リピート通販のネットショップで商品を販売するためのセールステクニック

「ネットショップを運営しているけれど、なかなか理想通りに商品が売れない」

そうお悩みの方は多いのではないでしょうか。

今インターネット上にはネットショップが数多く存在しておりますので、商品を販売して利益を得て、人気のネットショップを作り上げていかなければあっという間に他のネットショップに負けてしまいます。

ネットショップで成功するためには、やはり商品を販売し続けなければ意味がありません。

かといって、すぐに商品が売れるわけがありませんし、工夫をしても商品が売れないと思われることもあるでしょう。

そこで今回は、ネットショップで商品を販売するためのセールステクニックについて、お話させていただきます。

ネットショップの商品が売れない!とお悩みの方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ネットショップセールステクニックとは

「商品を販売する」と言ってもネットショップである限り、直接お客様に話しかけて接客をすることはできませんし、電話をして直接商品の魅力をアピールすることもできません。

ネットショップでのセールステクニックとは、ネットショップ全体、そして商品を掲載ページをいかに魅力的に作り込むか、ということにあります。

ネットショップを店頭として置き換え、内装や陳列棚、商品配置、接客などすべてをイメージしながら作り上げていくことが大切なのです。

お客様がネットショップ自体を魅力的に思い、そして商品を買いたくなるページを作ることは、SEOに直結しますので、非常に重要なのです。

ファーストインプレッション

ユーザーは、ネットショップを訪問した瞬間に、そのネットショップの評価を決めると言われています。

ですので、ネットショップを構築する上で、ファーストインプレッションを意識することは非常に重要なことなのです。

ターゲットとするユーザーが興味のあるもの、関心のあるものをキーワードとして設定し、キャッチコピーを掲載したり、写真などのクリエイティブをネットショップを開いたときに一番最初に目につくページ上部に配置しましょう。

このファーストインプレッションでどれだけユーザーの目にとめるか、ということが非常に重要であり、ユーザーは瞬時に自分にとって利益があるか、自分に関係があるか、ということを判断します。

ですのでページを構築する際に、自分自身で何度も確認すること、そして細かな調整が必要なのです。

ですのでこのファーストインプレッションに当てはまる部分には、もっとも力を入れたいところですね。

長く滞在してもらう工夫

ファーストインプレッションでユーザーの目に留まり、興味を引くことができたのであれば、次はより長く商品販売ページに滞在してもらう必要があります。

掲載している商品に関心を持ってもらえるようなページを作成し、ユーザーが見る商品の理解を深めていきましょう。

そうすることでユーザーの記憶に留まり、そしてそのまま購入に至る可能性があるのです。

たとえば実店舗をイメージして考えてみましょう。

お店に入ると店員が声をかけてきますよね。

声をかけられ、商品説明をしてもらうと商品に興味を持ち滞在時間が長くなります。

これと同じように、ネットショップであっても滞在時間をできるだけ長くすることは非常に重要であり、購入率の向上にも繋がるのです。

購入したいと思わせる工夫

商品の購入率を上げるには、ユーザーに「今購入したい」と思わせることがポイントです。

ネットショップに訪問したその日、その時、そのタイミングで商品を購入してもらわなければ意味がなく、また後日の案内をすることは購入率は下がってしまうのです。

たとえば実店舗で考えてみても、せっかく入店されたのに何も購入せずに手ぶらで帰ってしまう状況はできるだけ避けたいですよね。

そのようにユーザー自身が「購入したい」と思うには、今買うべき理由を関節的に伝えることが重要です。

ユーザーはネットショップで商品を購入する際、商品価格、送料、支払い手段、ネットショップ情報など、さまざまなことをチェックします。

そのときに「値段はいくら?」「送料はどこに書いているの?」「支払いはどんな方法があるの?」と少しでも迷わせてしまうだけで、ユーザーの離脱率は一気に高まってしまうのです。

こういったことのないように、ユーザーは購入時にどんな情報を求め、そしてどんな掲載方法を望んでいるのか、ということを調べ、適切に記載するべきなのです。

こうすることでユーザーはストレスフリーで商品購入をすることができますので、購入率が格段に上がるのです。

まとめ

以上、ネットショップで商品を販売するためのセールステクニックについてお話しさせていただきました。

「商品が売れない」と思われている方は、このようなテクニックを駆使してみてください。

もちろん、ネットショップでの運営方針はそれぞれにあるかと思いますが、今回ご紹介したセールステクニックは、ネットショップを運営していくには必要不可欠なことなのです。

ぜひ今後のネットショップの運営の参考になさってくださいね。

まずは気軽に問合せ