単品リピート通販

サラリーマンで副業で単品リピート通販のネットショップを開業することは可能?

今、日本企業の「副業」に関する許容が広がって来ており、副業を推奨する企業も増えている傾向にあります。

会社員であっても、本来の業務終了後や、休日を利用して「ブログ」や「不動産投資」「株式投資」「FX」などの副業がありますよね。

中でも副業として注目されている業種が「インターネットショップ」です。

インターネットショップは、数ある副業の種類の中でも比較的難易度が低く、初心者でも取り組みやすいと言われています。

商品を自分で作成したり、商品を仕入れて販売するという単純な作業ですのでスキルや経験が無くても気軽に始めることができるので、副業としては非常に人気の高い仕事と言えるでしょう。

インターネットショップを開業し、副業として運営を行うことで、今の本業の給与に安定したプラスの収入を得ることができます。

ですが、ネットショップは商品を用意したり、商品販売後の出荷作業、顧客対応などしなければならないことは多くありますので、サラリーマンが副業としてできるものなのか、少し考えてしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、サラリーマンが副業でネットショップを開業することは可能なのか?ということについてお話ししていきたいと思います。

今現在サラリーマンの方で副業を検討されている方はぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

副業にネットショップをすることは「可能」

結論から申し上げると、サラリーマンでも副業にネットショップを運営することは「可能」です。

ですがもちろん、ネットショップ一本で運営している方と同じやり方で運営することは難しいでしょう。

まずは通常のネットショップ運営方法を知り、そこから自分のやり方を工夫していきましょう。

・自社ショップサイトで運営を行う

ネットショップを運営するには、「ショッピングモール出店」か「自社ショップサイト出店」のどちらかを選定します。

ショッピングモール出店とは、「楽天」や「Amazon」、「Yahoo!」などのインターネット上のショッピングモールに出店することを言います。

そして自社ショップサイト出店とは、独自でドメインを取得し、自分自身で一からネットショップサイトを作り上げることを言います。

もちろん、ショッピングモール出店を選定することのメリットは非常に多いのですが、サラリーマンの副業として考えるのであれば、「自社ショップサイト」で運営を行うことをおすすめします。

なぜならば、自社ショップサイトであれば、最低限の基本を守っておけば、ある程度のルールは自分で決めることができるからです。

電話番号を乗せる必要がなかったり、メールでの顧客対応が可能であったり、発送をまとめることができたりと、サラリーマンには嬉しいメリットが多いのです。

もちろん対応が曖昧であれば、顧客は離れてしまう要因になったり、クレームの原因となってしまいますので、常識を兼ねた対応と努力が必要です。

・顧客対応は「メール」と「携帯電話」

個人でネットショップを運営するには、顧客対応もすべて自分でこなしていかなければなりません。

ですが日中はサラリーマンとして働いているため、固定電話での顧客対応は難しい場合がありますよね。

そうなると「メール」もしくは「携帯電話」での対応を表記しておくことで、効率よく対応をすることができるでしょう。

・発送はまとめて行う

個人だからこそ、出荷作業が慌ただしくなってしまい顧客に迷惑をかけてしまう場合がありますが、そんなときは休日にまとめて発注したり、工夫をしましょう。

ネットショップサイトに、「発送は月、水、金のみ」と記載してください。

ネットショップの規模によって出荷作業は異なってきますが、効率良く出荷作業を行うための工夫が必要です。

会社にバレる?バレない?

ネットショップだけでなく、副業を始めるには「会社にバレる?バレない?」ということが気になりますよね。

もちろん、副業を推奨している会社であれば、そんな心配は必要ありませんが、もし副業が禁止されている場合であれば、やはりバレずに行いたいと思うことでしょう。

ですが、ネットショップの運営を行うと、会社にバレてしまう可能性があります。

実際にも「会社内で同僚などに気軽に副業をしている話をしてしまい、上司の耳に入ってしまった」「住民票からバレた」「ネットショップサイトが見つかってしまった」というケースがあります。

副業がバレてはいけない場合には、口外はせず、自分でしっかり確定申告を行い、住民税を納めましょう。

そして、ネットショップ運営をバーチャルオフィスなどを利用し、架空の住所や電話番号を掲載するといった工夫をしましょう。

まとめ

以上、サラリーマンが副業でネットショップを開業することは可能であるのか、ということについてお話しさせていただきました。

サラリーマンの副業でネットショップを運営することは十分可能ではありますが、バレてしまう危険性も非常に高いので、注意しなければならないことも理解してください。

ですが効率よく運営できるように工夫することで、副業としての十分な利益を得ることができるので、ご興味のある方はぜひ始めてみてくださいね。

まずは気軽に問合せ