単品リピート通販

単品リピート通販で売れているネットショップが必ずやっている5つのこと

ネットショップを運営されているみなさま。

あなたのネットショップは「売れているネットショップ」でしょうか。

きっと多くの方が、人気で売れているネットショップを夢見て、ネットショップを開業したのに、なかなか思うように商品販売を行うことができず、売り上げが伸びない、と悩まれている方が多いことでしょう。

そんな中でも売れているネットショップというものは、確実に存在しているのです。

あなたが運営しているネットショップと、人気のネットショップと比べてみると、何が違うのか考えたことはありますか?

成功するネットショップに作り上げるには、まず自身でさまざまな運用方法を行ってみて、何に効果があるのか、そして逆に何が効果がないのか、ということを考えることが大前提なのですが、売れているネットショップ運営者はどんなノウハウを持ち、何をしているのか、ということは気になることですよね。

そこで今回は、売れているネットショップが必ずやっている5つのことをお教えしたいと思います。

今まさに、「ネットショップ商品が売れない・・・」と悩まれている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

1:「クロスセル」「アップセル」を活用する

あなたは「クロスセル」と「アップセル」という言葉を聞いたことがありますか?

たとえば、欲しい商品を買いに出かけたとき、いっしょに販売されていた商品に興味を持ち、ついでだからとセットで購入すること、これが「クロスセル」です。

関連商品を提案し、購買へと促す販売手法ですね。

「この商品を買った人はこんな賞品も買っています」という表記をされているものですね。

そして、「アップセル」は商品購入を検討しているユーザーに対して、その商品よりスペックの高い商品をおすすめして、高単価の商品の購買へと促す手法です。

「この商品を観た人はこんな商品を見ています」「あと〇円プラスで最新にアップグレードできます」と表記されているものです。

ユーザー心理を突いた、良い販売手法でしょう。

2:商品出荷作業をマスターする

ネットショップを運営するにおいて、一番大変だと思われる作業は、やはり「出荷作業」ですよね。

商品の入荷状況に影響されやすいですし、顧客ごとの要望に応えなければならないし、イレギュラーな対応も頻繁にあることでしょう。

毎日しなければならない作業ですので、この作業をマスターすることで、その後の運営がスムーズになるのです。

ピッキング、検品、梱包の3つの作業のコツを掴みましょう。

3:返品・交換の対応を知る

ネットショップの準備段階で忘れがちになってしまうのが、「返品・交換」に関する対応です。

商品が注文されてから、ユーザーから配送状況の確認や注文内容の変更、キャンセルなど、さまざまな問い合せがあります。

その中でも特に返品・交換については今後のショップを利用してくれるか、ということに大きく関わるポイントなのです。

返品・交換をできるだけなくすためにも、商品掲載時のギャップを無くしたり、レビュー機能を導入し、第三者の声を提供することも有効的ですね。

また、返品や交換に関する条件を事前に設定し、ショップに掲載するだけでなく顧客の目につきやすい場所にも表示しておきましょう。

また、「不良品」への判断基準は人それぞれ異なりますので、定義を分かりやすく表記する必要があります。

4:個人情報の管理を徹底する

ネットショップでは、必ずと言って良いほど「ユーザーの個人情報」を保持し、管理するでしょう。

個人を特定する住所や氏名、電話番号、そしてクレジットカード情報など、多くの個人情報を取り扱うことになります。

この個人情報を確実に管理するには、セキュリティ対策を行う必要があり、定期的なセキュリティチェックルールを基に、セキュリティを強化してください。

セキュリティチェックソフトを入れ、個人情報はパソコンには残さないようにし、ファイルには暗号パスワードを設定し、セキュリティ保護されたシステムを使用するようにしましょう。

個人情報の管理を徹底することで、ユーザーとの信頼関係が生まれます。

5:送料無料サービスを導入する

ユーザーはネットショップで商品販売を検討したとき、同じ商品どちらを購入しようかと迷った場合には、「送料無料」の商品を購入するでしょう。

今や送料無料サービスは常識となりつつあり、商材や注文単価などによって、最適な送料無料設定が変わってきます。

また、「〇円以上で送料無料」と条件を提示する場合には、注文者がもう少し、後一商品購入することで送料無料になり、お得になるという心理へと誘導することが重要です。

平均注文単価を算出し、それに加えて合わせ購入してもらえそうな低価格の商品金額をプラスした合計金額を提示することが一般的です。

また、平均注文単価と取扱い商品平均価格を合わせた合計金額も有効でしょう。

ネットショップ上の一番分かりやすい部分に、送料無料の提示をすることをおすすめします。

まとめ

以上、売れているネットショップが必ずやっている5つのことについてお話しさせていただきました。

今回ご紹介した5つのことは、今すぐに始めることができますし、少しずつ改善していくことで、その積み重ねが作業時間の短縮に繋がり、より良いネットショップ運営をすることができるのです。

もし今「商品が売れない」とお悩みであるのならば、ぜひさっそくこの5つのことを始めてみてくださいね。

まずは気軽に問合せ