単品リピート通販

単品リピート通販におけるネットショップシステムの種類

今や「ネットショップ」といえば、企業のビジネス展開だけでなく、個人事業、主婦運営、サラリーマンの副業など、今では多くの方がインターネットショップを開業するようになってきました。

気軽に開業することができますし、軌道にのれば十分な利益を得ることができますので、どんな人からも今注目を集めているビジネスだと言えるでしょう。

ですが、気軽に開業できるネットショップだからこそ、正しい知識を身に付け、しっかりとした下準備を行わなければなりません。

だからこそ、正しい知識をしっかりと得ていなければ、ネットショップの運営は成功しません。

そして、ネットショップを開業する段階での悩みの多くは「どのネットショップシステムを選べば良いの?」ということではないでしょうか?

ネットショップシステムは、ショップ規模やショップコンセプト、運営方針、予算などに大きく関わってくるので、自社の現状にしっかり合ったシステムを選ぶことが非常に重要になってくるのです。

そこで今回は、ネットショップシステムの種類について、詳しくお話ししていきたいと思います。

これからネットショップを開設し、システムサービスの検討を行いたいという方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

パッケージソフト

パッケージソフトとは、ネットショップを作成することに必要となる機能やシステムが備わっているソフトのことを言います。

ソフトによっては独自ドメインを設定することも可能ですので、現実的に例えると「路面店を建築する」というイメージが良いでしょう。

パッケージソフトは買い取り型であるため、家電量販店や通信販売で簡単に購入することができます。

ショッピングカート機能、受注管理機能はもちろん、商品生成機能が備わっているので、非常に利便性が高いと言えるでしょう。

比較的手頃な価格で用意することができますし、手元のパソコンで簡単にデータ管理を行うことができることがメリットとして挙げられますが、パッケージソフトはさまざまな種類があり、その中から自社に合うパッケージソフトを選定しなければ、今必要としている機能がないことがあること、そして都度更新しなければならない内容がある場合には、システム改修費用がかかることがデメリットとして挙げられるでしょう。

レンタルショッピングカート

レンタルショッピングカートとは、「ASP(アプリケーション・サービス・ブロバイダー)」と同じであり、インターネット上で使用するプラットフォームのことを言います。

「ショッピングカートシステム」や「受注管理システム」を提供するサービスです。

レンタルサーバーと契約してそこに公開し、ショッピングカート画面からそれ以降の受注システムをレンタルするタイプ、そしてショップページを作成することから商品の受注管理までのすべてを提供しているタイプの2つがあります。

この2つのタイプはどちらとも、初心者でも導入しやすいですし、安価での購入が可能です。

契約内容によっては、希望の機能が備わっていないことや手数料がかかってしまうことがあるので、事前にレンタルショッピングカートを用いてどうしたいのか、ということを考えておきましょう。

モール

モールとは、インターネット上のショッピングモールのようなもので、そこに多くのネットショップが集まります。

デパートの中の一つのテナントとしてネットショップを運営する、というイメージが良いでしょう。

数多くの商品が出品されているので、それに比例するほどのユーザー数も多いのです。

また、ネットショップ開業から運営の必要な機能はほぼすべて提供されていますので、基本的に難易度は低いと考えて良いでしょう。

大手モールであれば知名度は高く、集客しやすいこと、専門知識は不要であることがメリットとして挙げられますが、競合店舗が多く値下げ競争になってしまったり、独自アプローチをすることが出来ないことがデメリットとして挙げられるでしょう。

専用システム構築

専用システム構築とは、法人向けのショップサービスです。

自社が好きなようにデザイン構築をすることが可能で、理想通りのネットショップを作成することができます。

現実的に言えば、自社ビルにネットショップを運営していく、というイメージでしょう。

ゼロから作り上げていくので、自由度は非常に高く、運営方針やコンセプトに合わせたショップを作り上げていくことができるのですが、他に比べるとかなり多くの費用がかかってしまうことがデメリットとして挙げられるでしょう。

まとめ

以上、ネットショップシステムの種類についてお話しさせていただきました。

基本的に今回ご紹介した4つの中から選ぶということが主流なので、それぞれの特徴、そしてメリットとデメリットをしっかり考案して、自社に合うネットシステムを選定することが大切です。

今後のネットショップ運営に大きく関わってくることですので、最重要視して考案してくださいね。

まずは気軽に問合せ