単品リピート通販

単品リピート通販の新しいビジネスモデルD2Cとは何か?

近年、EC市場の拡大により需要が急増しているビジネスモデルがあります。

そのビジネスモデルがD2Cであり、従来の取引形態であるBtoB、BtoCとは異なり、消費者と企業の新しい関係性を作り出すことができるとして注目を集めているのです。

しかし、従来のビジネスモデルとの違いが分からないという方も多いようです。

そこで今回の記事では、D2Cについて説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

D2Cとは何か?

D2Cは、本来はDtoCと表記されるDirect to Consumerの略称です。

製造者対消費者の取引を表しており、Directと言う名前の通り、消費者に対して製造者が直接商品を販売できる仕組みのことを指します。

企業は一般的に、商品を製造したのち、その商品を小売店などを介して消費者に販売することがほとんどです。

しかし、D2Cでは、この自社商品を小売店や流通業者など他の会社を経由せずに販売することができるのです。

このD2Cと言う言葉と並列関係にある言葉として、BtoB(Business to Business)・企業間取引、BtoC(Business to Consumer)・企業対消費者取引があります。

しかし、このBtoB、BtoCが誰と誰の取引であるかを表す言葉であるのに対し、D2Cは同じ取引の形態を表す言葉ではありますが、誰と誰がと言うことではなく、消費者に対しどのような取引をするのかを表しています。

D2Cは、近年急激に需要が増加していますが、実は、それほど新しいビジネスモデルではありません。

この取引の仕組みは、デジタルでデータやサービスを提供していると言った一部の業界では以前から行われているものなのです。

それが、なぜ近年注目されているのかと言うと、データやサービスのような実体の無い商品ではなく、アパレルなど実体のある商品を販売するビジネスに用いられることに注目が集まっているのです。

従来、アパレルなどの商品は、消費者の手に渡るまでに、複数の業者が介入し販売されていました。

しかし、近年このビジネスモデルを導入し、自社で作り出した商品を自社で販売する会社が増加してきているのです。

D2Cのメリットとは?

従来のビジネスモデルと比べ、D2Cには様々なメリットがあります。

そのメリットとしてまず挙げられるのが、前述の卸業者のような製造者と消費者の間に入る仲介業者が存在しないため、手数料や中間マージンと言った経費が発生しないという点です。

インターネットを利用したECであっても、Amazonや楽天などのプラットフォームを介した場合、登録料や各種手数料など多くの経費がかかります。

しかし、このビジネスモデルでは自社サイトを利用するため、そのような仲介業者に対する手数料が発生することありません。

そのため、その分を販売価格の引き下げと言う形で反映させることも可能となり、これは、消費者にとっても大きなメリットとなります。

次に挙げられるのは、マーケティングやキャンペーンなどの販促活動を自由に行えるという点です。

Amazonや楽天などを介した場合、登録料や手数料がかかるだけでなく、販促などに制限が設けられることが多く、自由に活動することはできません。

しかし、このビジネスモデルであれば、独自のマーケティングを行うことができますし、販促のスケジュールなども自由に組むことができ、幅広い施策を行うことが可能となります。

さらに、このビジネスモデルは、仲介業者を挟む必要がないため、商品の企画段階から、製造、販売までを自社で自由に行うことができるという点も大きなメリットです。

どこからも介入されることはないため、自由な発想で商品を作り出すことができますし、商品がどういったビジョンで作られているのか、どういったブランドコンセプトを打ち出しているのか、と言ったことを直接消費者にアピールすることができるのです。

例えば、ECでアパレルを販売するアメリカのとある企業では、ブランドのコンセプトを消費者にアピールする手段として、製造工場の内部や製造過程、商品の原価率などを全て公開しました。

これは、その企業による独自のブランディング戦略であり、このビジネスモデルだからできることだと言えます。

また、企画、製造、販売までを自社で一手に行うことにより、消費者との接点が増え、関係性を強化することができるという点もメリットの一つです。

従来のビジネスでは、消費者と接するのは商品を購入してくれた時だけでしたが、このビジネスモデルでは、商品やブランドの企画段階から、消費者とコミュニケーションをとることも可能ですし、購入時や配送時、返品などあらゆる段階において、消費者のと直接やり取りすることができます。

そして、このように消費者との接点が増えることにより、より多くの詳細な顧客データを収集することもでき、それを新商品の開発やサイトの改善などに活かしていくこともできます。

まとめ

D2Cは、既存の取引とは異なり、企業が直接消費者とやり取りすることを可能としたビジネスモデルです。

仲介業者を介さず取引できるということは、企業側にとって今回説明したように多くのメリットがあります。

また、この企業側のメリットは、料金が抑えられる、満足度の高いサービスが提供されると言った、消費者側のメリットにも繋がっていくのです。

そしてそれが、顧客満足度の向上に繋がり、結果として、業績の向上にも繋げていくことが可能となるのです。

まずは気軽に問合せ