単品リピート通販

ニッチな商品を通販で販売する場合のポイント

ニッチな商品とは、特定のニーズにのみに特化している商品の事を指します。

例えば、イラストレーターやアニメーターの方のみが使用する機材や道具・結婚式の時のみに使用する商品などは「ニッチな商品」に分類されます。

最初は、一定のニーズはあるものの限られた人物や期間のみに使用するようなジャンルはニニッチな商品に分類されると思っておいても良いと思います。

そしてニッチな商品は、競合が少ないため立ち上げたばかりのサイトでも検索結果の1位を獲得することは難しくありません。

ですので、通販サイトの中にはニッチな商品にのみ特化したサイトもたくさんあります。

そこで今回は、ニッチな商品を通販愛とで販売する場合の押さえておいた方が良いポイントをいくつかご紹介していきたいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

実店舗が少ないジャンルを狙ってみる

冒頭でもご紹介している通り、ニッチな商品というのは競合が少ないため、意外とねらい目だったりします。

しかし、どのようなジャンルが良いのかというのは初心者の方だとなかなか選定するのは難しいと思います。

そこで一つ参考にして欲しいのが、「実店舗が少ないジャンル」に絞ってみる方法です。

例えば、フィギュアスケートを習いたいと子供が言い出したとします。

しかし、親の頭の中には普段利用するスーパーやアパレルショップの店は記憶されていても、フィギュアスケートで必要な道具を揃えるにはどうしたら良いかと考えるはずです。

フィギュアスケートは正直、スケート靴や衣装など特注だったりするケースが多いため一式揃えるとなるとかなりの出費になります。

となると、より安く抑えることが出来るかをネットを使って調べるはずです。

子供用のフィギュアスケート道具一式を取り揃えているネットショップというのは、そうたくさんヒットすることは少ないと思います。

そこで、もし該当するサイトを見つけて「品質も悪くなく一式揃えれて価格を比較しても遜色ない」と安心材料が揃えば、その通販サイトから購入する可能性は非常に高くなります。

このような購入を検討している潜在客の背景などを考えると意外とニッチなジャンルというのは、飽和状態と言われている通販サイトでも利益や売上に繋げることは十分に可能だと思います。

関連情報を充実させる

ニッチな商品を探しているユーザーの多くは、商品そのものだけではなく関連情報なども合わせて探しているケースが非常に多いです。

例えば、「子供の勉強机」を探している場合、「子供 勉強机」だけではなく「子供 勉強机 人気」や「子供 勉強机 価格」など複数の単語を組み合わせて検索を掛ける場合が多いと思います。

普段購入しないものを購入する場合、多くの方は「失敗したくない」と考えるので、人気商品や口コミが高評価の商品を選ぶ傾向にあります。

ですので、勉強机そのものだけでなく「勉強机を選ぶ際のおすすめポイント」や「用途に合わせた勉強机の使い方」と言った、商品そのものの説明と合わせてユーザーに有益と思ってもらえる情報を提供することも合わせておすすめします。

実店舗だと、店員さんや専門知識を持っているスタッフが説明や案内をしてくれますが、通販サイトは対面接客ではないので、自分で情報を得るしかありません。

そんな中で、丁寧に商品だけではなくおすすめポイントなどを合わせて紹介してくれているだけでお客様からの信頼度は上がります。

実店舗のような対面接客ではない通販サイトでもお客様との信頼関係を気付き上げることは可能なので、より購入率を上げるためにも、商品そのものではなく購入を考えているニーズが思わず購入したくなるような情報も合わせて掲載しておくことは非常におすすめだと思います。

まとめ

今回は、ニッチな商品を通販で販売する場合のポイントとして、

・実店舗が少ないジャンルを狙う
・商品の関連情報も合わせて掲載する

をご紹介してきました。

ニッチな商品というのは、どうしても対象が狭まってしまうため情報が少ないケースが多いです。

ですので、商品を販売する通販サイトそのもので商品説明以外の有益な情報を掲載するだけでも購入率は上がります。

また、先にも紹介している通り「この商品の購入を検討しているユーザーの背景」を想像して商品やジャンルの選定も合わせて行うことで、共感や信頼を得ることが出来るため、実店舗と同じような結果を得ることだって不可能ではないと思います。

対面で接する事がない通販サイトだからこそ、ユーザー第一で考えてあるサイトは自然とお客様が集まるものなので、運営者側の目線だけではなくあくまでもユーザー目線に立ってニッチな商品やジャンルを選ぶことをおすすめします。

まずは気軽に問合せ