サブスクリプション

次世代サブスク集客施策のための「O2O」とは

今の時代、新たなビジネスモデルとして「サブスクリプションビジネス」が多くの注目を集めていることでしょう。

当初はデジタル商材こそサブスクリプションにふさわしいと言われていたのですが、サブスクリプションの拡大に伴い、デジタル商材だけでなく非デジタル商材までもサブスクリプションの導入が始まり、次々に成功を収めています。

もちろん、実店舗を運営する企業であっても、サブスクリプションは更なる売り上げを期待することができることから、導入が始まっているのでしょう。

従来のビジネスモデルであれば、それほどまでのWeb施策が重視されることはありませんでしたが、今では「O2O」という考えを持ったWeb施策が非常に重要であると考えられているのです。

そこで今回は、次世代サブスク集客施策のための「O2O」について詳しくお話ししていきたいと思います。

今後サブスクリプションビジネスを導入しようとお考えの方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

「O2O」とは

O2Oとは、On-line to Off-line(オンライントゥオフライン)の略語であり、インターネット(Online)から実店舗(Offline)への来客を誘導するためのマーケティングです。

ここ数年、スマートフォンが急激に普及し、それに伴いSNSが拡大したので、それを利用し企業は商品やサービスのアピールを行うことが多くなりました。

消費者は店舗へ足を運ぶ前にインターネット上で商品に関する情報を得ることがもはや当たり前になりつつあるのです。

今実店舗を運営している場合であっても、サブスクリプションビジネスを展開することが多いのですが、だからこそ店舗で販売している商品に関する有益な情報やお得な情報をオンライン上に提供し、それを見つけてもらうことができれば、売り上げに大きく貢献してもらうことに期待することができます。

O2Oの施策としては、SNSなどを経由して「店舗利用可能のクーポンの発行」「実店舗の在庫状況の紹介」「位置情報を活用しポイント付与」「事前オンライン注文・決済」「来店目標のWeb広告」などでしょう。

今、新型コロナウイルスの拡大により、消費者行動に大きな影響を与えているからこそ、目的を持って来店する消費者が多くなることが予想されます。

それをサブスクリプションに結び付けるからこそ、顧客ニーズに合った効果的な施策を行うことが重要です。

メリット

O2Oのまず第一のメリットは、「新規顧客が見込める」ということでしょう。

インターネットを通して幅広い地域に対し宣伝を行うことができますので、新規顧客の獲得を見込むことができます。

実店舗付近に住んでいない消費者や、商品に興味を持っている潜在顧客に対しても自社がサブスクリプションとして提供する商品やサービスを知ってもらうことができるのです。

もう一つは「効果測定がしやすい」ということですね。

たとえばクーポンを配布した場合、実際にそのクーポンが実店舗で利用された数を数えるだけで簡単に効果測定ができますし、ウェブサイトへのアクセス数やSNS上でリーチ数により効果を確認することもできますよね。

つまりWeb施策に慣れていない運営者であっても、実際の効果を測定することで状況を把握しやすいのです。

また、「即効性がある」こともメリットです。

一般的な広告を配布することを考えると、まずはでデザインをして印刷し、それから配布、さらに効果を把握するまでにある程度の時間が必要になりますが、Web広告の場合はその日に広告を出稿しようと思えば行うことができますし、もしクーポンや割引券などを合わせて配布する場合であれば、このO2O施策によるWeb広告を配信することで、期間的に集中して配信することもできますので、より多くの顧客にネットショップへ訪れてもらうこともできるのです。

一つの施策に対して自由に期間やボリュームを設計することができるので、非常に即効性があると考えられます。

ですがもし、クーポンなどを配布する際には、顧客が訪れるのは一回きりになってしまう場合がありますので、そうならないためにもさらに次のアクションも必要になることでしょう。

O2O施策を活用して、継続的なアプローチを行ってください。

まとめ

以上、次世代サブスク集客施策のための「O2O」とは何か、ご説明させていただきました。

実店舗とサブスクリプションを合わせてビジネスを行っている企業が多くなっているからこそ、O2O施策の考えを持ったマーケティングが、今後の売り上げを左右するポイントになるでしょう。

O2Oの施策を行うには、ホームページやSNS、ブログ、ネットショップサイト、アプリケーションなど様々な方法がありますので、ぜひ自社が提供する商材と相性の良い方法を選定し、O2O施策を行ってくださいね。

まずは気軽に問合せ