単品リピート通販

単品リピート通販において人の心をつかむネットショップキャッチコピーの作り方

ネットショップを運営しているみなさま。

特にビジネス初心者の方であれば、どうすれば商品が売れるようになるのか、どうすれば成功するネットショップにすることができるのか、と悩まれることでしょう。

消費者を集客するために、さまざまな施策を繰り返し行っている方も多いかと思いますが、どれもなかなか上手く成果が出ない、と思うこともありますよね。

ネットショップを運営するにおいて、「商品名」を重視すべきだということはもちろんなのですが、「キャッチコピー」も非常に大切なポイントになることをご存知でしょうか。

キャッチコピーを設定することで、商品検討をしているユーザーが「購入したい」「試してみたい」と思わせることができる効果がありますので、売り上げの向上に繋がるきっかけになるのです。

かなり有効なキャッチコピーだからこそ、「売れるキャッチコピー」を設定して、ネットショップで販売している商品の最大限の魅力をユーザーに伝えたいですよね。

そこで今回は、人の心をつかむ、ネットショップキャッチコピーの作り方について、詳しくお話ししていきたいと思います。

今ネットショップを運営されていて、まだキャッチコピーを設定していないという方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ユーザ自身に気付かせる

ユーザーの多くは、自身の潜在的なニーズに気付いていない、もしくは意識していないことが多くあります。

ですので、ユーザー自身に自分のニーズを気づかせることができるようなキャッチコピーを設定することで、クリック率が高くなる傾向にあるのです。

たとえば「〇〇を××に変えただけで、年間20万円の節約に成功」「〇〇が××の為に良い理由」などであれば、ユーザーは自分自身に置き換えて考えることができます。

数字を使用する

設定したキャッチコピー内に数字を含めることで、より具体性が高まりますし、その数字を見ることで距離感を判断し、現実感を体感することができるでしょう。

「〇〇ダイエットなら一ヶ月でマイナス5kgも夢じゃない」「〇〇システムの導入実績は1万店舗以上」「累計販売数50万食突破」「現在予約4ヶ月待ち」などであれば、具体的に検討することができます。

ターゲットに呼びかける

商品を販売する際は、ターゲット層を設定しそのターゲット層に向けての販売をしなければなりませんが、具体的なニーズを求めるターゲットの場合には、そのターゲットに直接呼びかける方法も有効です。

「〇〇でお悩みの方へ」「毎月の収入が5万円増える方法」というように、ユーザーが持つ悩みや困り事に直接呼びかけられると、ユーザーは「自分のことだ」と認識し、そのキャッチコピーに惹かれ、商品ページを確認する傾向にあります。

疑問形「?」を使用する

上記のターゲットに呼びかける方法と同じく、キャッチコピーの文章の最後に「?」を付けることもテクニックのひとつです。

「最近〇〇で悩んでいませんか?」「今のままで本当に満足ですか?」「無職だからクレジットカードが作れない、と思っていませんか?」このように「?」を使用することで直接ユーザーに問いかけるキャッチコピーにすることができます。

実際の声を使用する

一度利用してもらったことがあるユーザーにレビューを依頼し、ユーザーの声となるレビューをそのままキャッチコピーとして掲載することも売れるキャッチコピーにしたい場合は有効的です。

「この塾に入会してから、偏差値が〇〇上がりました」「志望校だった〇〇大学に合格しました」「周りの友人から、すごく若々しくなったね!と言われました」など、ユーザーの未来の自分の姿を想像しやすく、非常に現実味があります。

意外性を提供しユーザーの興味を惹く

キャッチコピーで逆説的な情報を発信することで、違和感を与えつつユーザーに「なぜ?どうして?」「気になる」と思わせ、興味を惹くことができます。

「食べれば食べるほど痩せる食べ物って知っていますか?」「残業しない方が年収が高くなる方法」「子供がゲームをする時間が長いほど、成績が良くなる?」など、ユーザーに密接した逆説のキャッチコピーは、売れるキャッチコピーのひとつです。

安さと限定をアピールし、お得感を演出する

ネットショップで商品を販売する際、最も効果的だと言えることは「安さ」「限定」です。

大手ショッピングモールに出店している場合は、開催されるイベントに合わせて販売価格を値引きしたり、すると売れる傾向にあります。

この場合必ず「値下げする理由」をキャッチコピー内に含ませるようにしましょう。

「決算セールのため30%オフ」「〇〇セール期間のみ、全商品10%割引」「セール期間内ポイント〇倍還元」「期間限定」「数量限定」「限定〇名様まで」「地域限定」「受注生産」「会員限定」などを記載しましょう。

ただの安売りでは、ユーザーにとってお得感が薄れてしまい、安い時に買うという悪循環が生まれてしまいますので、注意が必要です。

まとめ

以上、人の心をつかむ、ネットショップキャッチコピーの作り方についてお話しさせていただきました。

キャッチコピーとはその名の通り、「人の心をつかむ文章」であることが大切です。

どのようなことで人の心が動くのか、感動するのか、ということを理解しておくと、より良いキャッチコピーを作り事ができますので、ぜひこの方法を参考に、人の欲求を満たし刺激するようなキャッチコピーを作ってくださいね。

まずは気軽に問合せ