単品リピート通販

単品リピート通販のネットショップ商材を実店舗よりも安く販売できるのはなぜ?

今、ネットショップビジネスを行う人は、年々増加傾向にあります。

ネットショップを利用する方が多くなりましたし、実際にこれをお読みになっているあなたも、ネットショップを利用し利便性を感じたことがあるのではないでしょうか。

ネットショップを利用する消費者にとって、非常に魅力的に感じるものは「最安値」「最低価格」「送料無料」というキャッチコピーではないでしょうか。

実際にもネットショップを利用することで、実店舗で購入するよりもかなり安く商品を購入できることもありますし、送料無料であればかなりお得にも感じることでしょう。

ですが、なぜこんなにも安い価格で、さらに送料無料で提供できるなんてなぜなのか、と疑問に思うことでしょう。

消費者にとって魅力的なキャッチコピーだからこそ、自社でも戦略を考案し、実施していきたいと考えますよね。

そこで今回は、ネットショップ商材を実店舗よりも安く販売できる理由についてお話ししていきたいと思います。

今現在ネットショップを運営されている方で、より多くの顧客に商品を購入してもらいたい、売り上げを伸ばしたいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ネットショップ商品を最安値で販売できる理由

業界一の原価で仕入れることができる

まず最初の理由としては、ネットショップにて最安値で販売できる理由には「仕入れ原価が安い」ということがあるでしょう。

特に小規模のネットショップの場合、販売する商品を問屋などで仕入れることが多いかと思いますが、問屋で商品を仕入れる場合には問屋もまた利益を乗せた価格で販売しますので、メーカ―から直接仕入れる価格と比べると、どうしても高くなってしまいます。

ネットショップで最安値で販売されている商品の多くは、メーカーから直接仕入れることができるルートを確保しているのです。

送料自体が安い

ネットショップ運営のために、送料無料を掲げているネットショップは、基本的に送料自体が安いことも理由の一つでしょう。

送料が安いと聞くと、「メール便」や「定型外郵便」を想像される方も多いかと思いますが、そうではなく運送会社と契約を交わし「法人契約運賃」を定めているため、送料が安くなっているのです。

例えば、法人契約を交わすことで、サイズ関係なく一律500円で発送してもらうことができるので、送料設定待遇をしてもらった企業は、その分の割引として考えることができますので、送料無料の対応をすることができるのです。

記憶に新しいニュースであれば、大手ネットショップ企業Amazonでは、ヤマト運輸との法人契約で一件あたりの運賃が300円以下であったこともありますよね。

このように、法人契約をすることで、あまり負担になることなく顧客にお得感を与えることもできるのです。

利益を目的としていない

ネットショップを運営し、最安値を掲げている場合には、ほとんど利益を取っていない場合もあるでしょう。

場合によっては、仕入れ原価以下の価格で販売しているネットショップもありますが、この場合は利益を目的としているのではなく、「集客」を目的としているのです。

利益を残さない、目的としないということは、ネットショップ運営者としては考えられない行動だとは思いますが、「集客」を目的としている場合はこれも一つの販売戦略になっているのです。

実店舗として考えてみても、新店舗開店セールや無料のプレゼントなど、通常では考えられないような割引設定を行っている場合がありますよね。

これは一時的に運営側のマイナスになってしまいますが、結果的に見ると、集客に良い効果を示す場合が多いので、後々利益を回収することができる可能性が高いのです。

また、「プロモーション販売」を行っている可能性もあります。

プロモーション販売とは、ある意味の広告のようなものであり、メーカーやショッピングモールが販売促進のために支援金を出し、ネットショップは最安値で販売することができるケールです。

この場合であれば、原価を下回る価格であったとしても、ネットショップ運営者としてはメーカーからの補助金を得ることができますので、損をすることなく販売することができるでしょう。

入口商品の販売

入口商品とは、ネットショップにおいて集客施策としての、顧客がネットショップを訪れる入口になる商品のことを言います。

「お試し商品」がこの入口商品に当てはまるでしょう。

まずは商品を試してもらい、次回以降の来店の可能性に繋げていくという、いわば「集客」を目的とした販売方法です。

この入口商品は、基本的に利益を得ず、消費者にとって手頃な価格設定にし、さらに送料無料で販売することが一般的です。

まとめ

以上、ネットショップ商材を実店舗より安く販売できる理由について、詳しくお話しさせていただきました。

これらの方法は、ネットショップ運営初心者の方であっても、ノウハウを覚え、確率したルートを確保することができれば、十分に行うことができます。

このようなネットショップビジネスの裏事情を知り、ぜひできることから実践してみてはいかがでしょうか。

まずは気軽に問合せ