単品リピート通販

単品リピート通販運営のためFacebookを用いたマーケティングとは

今ネットショップの需要が高まってきており、その需要の高まりと同時にネットショップの数も多くなってきています。

ネットショップを運営し、軌道に乗せることができれば、24時間365日商品販売を行うことができるようになりますので、非常に効率の良いビジネスであると言えるでしょう。

ですがネットショップは例えるなら、砂漠の中に店舗を立て運営することと同じことですので、「集客活動」を行わなければお客様に来店されることもありません。

ですので、いかに集客をするかがポイントとなりますので、ネットショップ運営者は日々集客活動に注力をしていることでしょう。

集客活動と一言で言っても、さまざまな方法が存在しますが、中でも今の時代に伴った集客方法と言えば「SNS」ですよね。

人気のSNSを上手く活用して、ネットショップに誘導する、という手法が多く見受けられます。

SNSの種類も数多くありますが、ビジネスにおいて効果的な成果を挙げやすい「Facebook」に注目してみましょう。

今回は、ネットショップ運営のため、Facebookを用いたマーケティングについてお話しさせていただきます。

Facebookのマーケティングについて知識を深めたいという方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

Facebook

数多くあるSNSの中でもFacebookは、ネットショップビジネスにおいて欠かすことのできない必須チャンネルと考えられている方が多いでしょう。

その理由は単純で、「世界で最も利用されているSNS」だからです。

今Facebookは、プライベートな情報共有だけでなく、幅広いニュースや政治経済、そしてライフスタイルなどにも特化しており、非常に多くの情報を収集することができるチャンネルであると認識されています。

Facebookの月間利用者数は世界で24億1000万人にもなり、その中でも活発に活動しているユーザーは世界人口77億人の中でも約31%を占める、驚異的な利用者数を誇っているのです。

自社ネットショップを簡単に海外市場で発信することができますので、ぜひ有効的に活用し、ターゲットユーザーに的確なアプローチをしていきたいですね。

ターゲティング広告

Facebookでマーケティングを行う場合、最も有効な広告は「ターゲティング広告」です。

ターゲティング広告とは、利用ユーザーの趣味趣向を把握し、どのようなコンテンツに興味を示しているのか、ということを分析することができるので、より適切な広告配信をすることができるのです。

どれだけ魅力的な広告を配信したとしても、ターゲットとならないユーザーに配信してしまっては、広告としての意味をなしません。

ですがFacebookは特にこのターゲティング広告に長けており、ユーザーの直接的な行動をもとにしたデータを収集することができます。

たとえばFacebookに備わっているカレンダー機能を用いる地、誕生日や記念日を登録しているユーザー、そしてフォロワーなどの顧客予備軍にアプローチすることができますし、性別や年齢などの人口学的データ、そして関心分野や購買パターンなどのデータを得ることができます。

より精密なターゲット設定を行うことで、ネットショップの認知度や売り上げを向上させることができるのです。

広告目標設定

Facebookでは、広告目標を定めることで、広告の種類を選定し、より適切な広告を配信することもできます。

広告運用と今の自社ネットショップの状況と目標に合わせて画像や動画、コレクション、カルーセル、スライドショー広告、インスタントエクスペリエンスなどを上手く組み合わせ、使い分け、多様な広告運用を活かしましょう。

画像は単一画像を使用していきましょう。

一般的に多く利用されていますので、より良い効果を発揮させるには高品質な画像とリンクを掲載し、その画像に興味を持った人をネットショップへ誘導します。

これは割引セールの案内やイベント時、プロモーション時にも適した広告でしょう。

動画は、今ユーザーからの注目度が一番高いので、こちらも有効的に活用したいですね。

動きと音声でユーザーの注目を集め、商品やサービスに付帯するストーリーを効果的に伝えることができます。

動画を閲覧したユーザーに対し、リターゲティング広告やキャンペーンの案内をすることも効果的です。

カルーセルは、写真や動画を最大10個まで連続掲載することができますので、ひとつの商品の詳細説明時などに活用することができます。

ランディングページを作成し、カルーセルを用いることで、自社ネットショップに潜在顧客を誘導することもできます。

また、インスタントエクスペリエンスは、モバイル最適化されたフルスクリーンのモバイル広告のことを言います。

ネットショップの世界観、そしてストーリーを魅力的に表現することができる広告です。

またウェブページと比較してみたときは、表示速度が10倍ほど早いので、ユーザーもストレス無く閲覧することができるでしょう。

まとめ

以上、ネットショップ運営のため、Facebookを用いたマーケティングについてお話しさせていただきました。

ネットショップビジネスを今後さらに拡大させたいという場合には、Facebookを積極的に利用していくことをおすすめします。

これらのマーケティングをお紺場うことで、ユーザー獲得に非常に効果を発揮しますので、ぜひ今のネットショップの状況に応じたFacebookの広告配信を行って下さいね。

まずは気軽に問合せ