単品リピート通販

単品リピート通販のネットショップビジネスにおける「リーンスタートアップ」とは

今、誰でも簡単に開始することができるビジネスモデルと言えば、ネットショップビジネスですよね。

ネットショップビジネスは、企業のビジネス展開はもちろん、主婦やサラリーマンの副業としても非常に効率良くビジネスを行うことができ、収入を得ることができますので非常に魅力的なビジネスだと言えるでしょう。

特に今、ネットショップの需要が高まりつつあり、それに伴いネットショップを開業する方も非常に多くなってきました。

ネットショップを運営する方は、さまざまなノウハウを学ぶかと思いますが、その中で「リーンスタートアップ」という言葉を知ることでしょう。

リーンスタートアップはアイデアを生む手段ではなく、マネジメント論であるからこそ、ネットショップビジネスには必要であると考えられているのです。

そこで今回は、ネットショップビジネスにおける「リーンスタートアップ」についてお話しさせていただきたいと思います。

ネットショップビジネスにご興味がある方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

リーンスタートアップとは

リーンスタートアップとは、アメリカの起業家により提唱された法律論であり、起業や新規事業の立ち上げには非常に有効的な考え方なのです。

リーンスタートアップを直訳すると、「リーン(Lean)無駄がない」「スタートアップ(Start up)起業」という意味になり、これら二つを組み合わせて作られた言葉です。

新規事業を立ち上げる際、初期に最低限の商品を用意し、顧客に試してもらい、顧客からフィードバックを得ることで、その商品の改善を繰りかえることができるので、より良い商品の提供や事業の拡大にも繋がるのです。

新しいビジネスモデルを開発し、生産効率性を向上させ、さらに問題の顕在化による無駄を徹底的に排除する、というアプローチ方法が叶えられるマネジメント理論だと言えるでしょう。

ネットショップビジネスにおけるリーンスタートアップ

ネットショップビジネスにおいても、リーンスタートアップの理論は非常に重要だと考えられています。

たとえばネットショップを構築する際、数年前であれば楽天市場などのショッピングモールに出店するほか、ASPショッピングカートを利用してネットショップを構築する方法、そしてフルスクラッチとして新規ネットショップサイトを構築する方法がありました。

今でこそ無料ですぐにネットショップを開業することができるサービスがありますが、それがなければ、ASPサービスであれば初期費用に月額数千円~3万円程度のランニングコスト、フルスクラッチであれば数百万円ほどのコストが必要となるのです。

実際にはこれほどのコストを費やしてネットショップを開業したとしても、集客機能は供えられていませんので、売れないネットショップになってしまう事例も少なくはありません。

初期投資に多くの起業資金を費やしてしまうと、スタートアップ段階でつまずき、運用コストが足りずに失敗に終わってしまうというケースは少なくないのです。

つまり、新規ネットショップ開業に関しても、ショッピングモール出店に関しても、有効的なリーンスタートアップを用いることは非常に重要なのです。

リーンスタートアップの特徴

リーンスタートアップのプロセスは、まず仮説を構築し、その仮説を元に実験を行い、学び、意思決定を行うということを回し続けることです。

そして結果的に立証された仮設を積み立てていくことに意味があります。

これを聞くと「PDCAサイクル」を思い浮かべる方が多いと思いますが、その通りです。

スタートアップを興すこと以上に「無駄な状態」はありませんし、ゼロから作り上げるビジネスであるからこそ、「全てが仮説」という認識が大切なのです。

仮説構築→実験→学び→意思決定を、コストパフォーマンスが高い状態でサイクルし、無駄のない意思決定を繰り返すことこそ、リーンな状態のスタートアップを保つことができるのです。

リーンスタートアップの事例

個人事業として開始したネットショップビジネスが1000社ある中、生き残るのは0.3%、つまり3社だと言われているこの時代、初期コストを極限にまで抑えたビジネスモデルの実現が求められているのです。

世界的企業となったAppleやGoogle、Facebookなどの各社は、ほとんどリーンスタートアップの方法論を取り入れていると言われております。

初期段階で試作品を開発し、顧客へ提供後、その顧客の反応を見て市場に受け入れられる商品なのか、ということを判断し、改善していくことが大切なのです。

まとめ

以上、ネットショップビジネスにおける「リーンスタートアップ」についてご説明させていただきました。

今回ご紹介した通り、ネットショップ開業の準備段階では、このリーンスタートアップを行うことこそ、成功する秘密なのです。

リーンスタートアップは、改善対応のサイクルを回し続けることで、起業の成功率が急激に高まると言われていますので、これからネットショップビジネスを始めようと思われている方は、ぜひさっそく取り組んでみてくださいね。

まずは気軽に問合せ