単品リピート通販

単品リピート通販のネットショップ運営の課題と、その対策

ネットショップを運営されているみなさま。

ネットショップを運営していると、さまざまな課題が見え、改善しても改善しても完璧な状態にはなりませんよね。

それよりも、ビジネスとしては完璧の状態にしたいと思ってはいても、なかなか思うような効果が出ないと悩まれる方も多いことでしょう。

たとえばあなたは、小さな村の雑貨屋さんを営んでいると仮定しましょう。

その雑貨屋さんの売り上げを上げるために、お客様に来てもらうために、あなたはいろいろな方法を考えるかと思います。

お店を知ってもらうためのチラシを配る、お客様が見やすいようなレイアウトに変えてみる、商品の魅力が分かるような商品説明のポップを作ってみるなど、いろいろな方法が思いつくことでしょう。

実店舗であっても、ネットショップであっても、この方法には同じことが言えます。

ネットショップの運営を成功させるには、今現在の状況を冷静に把握し、その状況を変えたい場合にはどのような対策が必要なのか、ということを考えなければなりません。

そこで今回は、ネットショップの課題と、その対策についてお話しさせていただきたいと思います。

今ネットショップの運営に課題を感じている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ネットショップの課題を見つけるには

各々のネットショップで課題は異なってきます。

それぞれのネットショップの重要な課題を見つけるためには、「Googleアナリティクス」を利用することをおすすめします。

Googleアナリティクスとは、Googleが提供しているアクセス解析ツールのことです。

無料で利用できるだけでなく、非常に高機能であることから、多くの企業から利用され支持されているのです。

Googleアナリティクスを用いると、「今どのくらいのアクセス数なのか」「ユーザーはどこから訪れているのか」「どのページが良く見られているのか」「利用端末はパソコンなのか、スマートフォンなのか」「注文後の売り上げはいくらなのか」ということを確認することができるのです。

これらをデータ的に把握することにより、今のネットショップには何が良くて何が悪いのか、ということを知ることができるのです。

データを正確に管理し、把握しておくことで、今後振り返ることがある場合には過去のデータを利用して、今との比較をすることができますし、さらなる課題を見つけることができます。

ネットショップを運営するには、必ず何らかの計測ツールを導入すべきなのですが、Googleアナリティクスは非常におすすめです。

課題の対策

Googleアナリティクスを利用し、今の課題を見つけた後は、さっそく対策を行っていきましょう。

もしデータを分析しても、課題が分からないという方は、「ネットショップの購入率は約2~3%である」「売上=アクセス数×購入率×客単価」「目標売上=アクセス数×2~3%(平均購入率)×自社客単価」を把握してみましょう。

これを把握することができれば、自社ネットショップにはどれくらいのアクセス数が必要なのか、ということが分かります。

そして売り上げ目標に対して、課題となるものは「アクセス数」なのか、それとも「購入率」なのか、それとも「すべて」なのか、ということが分かるでしょう。

「アクセス数」→「購入率」→「客単価」の順番で対策を行います。

なぜならば、どんなに良いネットショップを製作したとしても、お客様が来なければ売り上げはありません。

だからこそ、まずはアクセス数を分析し、集客を行い、その次に購入率を意識し、その後に客単価というような順を追った対策が好ましいのです。

アクセス数を向上させるには、SEO対策、リスティング広告、アフィリエイト、SNS、メールマガジンなどで対策を行いましょう。

購入率に関しては、適切な商品価格を設定すること、魅力的な商品画像や説明文を用意すること、決済方法を拡大すること、そしてユーザーが商品を選びやすく購入しやすいネットショップを作ること、分かりやすい利用案内の提示、疑問が解消されるよくある質問ページの設置などが有効的です。

これらを改善させるためには、Googleアナリティクスを用いて流入が多いにも関わらず、直帰や離脱が多いページを改善していきましょう。

客単価に関しては、クロスセル、アップセル、セット商品、送料無料システムが主な方法でしょう。

クロスセルやアップセルでは、どうしても客単価を上げにくいことが上げられますが、送料無料システムであれば、比較的簡単に導入できますし、効果も出やすいでしょう。

「〇〇以上のご購入で送料無料」と案内をすれば、以外にも早く効果を実感することができますので、まだ導入されていない方は早めに導入することをおすすめします。

まとめ

以上、ネットショップ運営の課題と、その対策についてお話しさせていただきました。

ネットショップを運営していると、さまざまな課題があるかと思いますが、まずは現状をしっかり把握して、自社ネットショップの課題を見つけ、その課題に合わせた改善を行うことが重要です。

ネットショップにゴールはありませんので、更なる目標を見つけることができるビジネスです。

ぜひまずは最初の目標を達成するためにも、対策をしっかり行って下さいね。

まずは気軽に問合せ