単品リピート通販

単品リピート通販のネットショップでオリジナル商品を販売するには

ネットショップビジネスにご興味のあるみなさま。

最近ではネットショップ構築サービスが非常に豊富になり、個人でも簡単にネットショップを開業することができることができるようになりましたので、サラリーマンの副業や主婦の家事の合間などでもネットショップを通じて商品販売を行っている方が多くなってきました。

個人事業として、オリジナルブランドを開発し商品をネットショップで売る、ということも珍しくはありませんよね。

このような事例を見ると、「個人でブランドを開発できるの?」「それって本当に売れるの?」という疑問が多くありますが、結果を申し上げると「可能」です。

個人でオリジナルブランドを開発し、それを販売するためにはどうすれば良いのでしょうか。

そこで今回は、ネットショップで自社オリジナルブランドの商品を開発し、販売する方法をご紹介していきたいと思います。

ビジネスの立ち上げにご興味のある方、ネットショップの開業を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ネットショップで取り扱う商品

まずはネットショップで取り扱う商品についてお話ししていきましょう。

基本的にネットショップでは「自社開発商品」「仕入れ商品」「OEM商品」を販売することがほとんどです。

自社開発商品はその名の通り、自社内で開発した商品であり、仕入れ商品は、卸業者や製造元から仕入れた商品、そしてOEM商品は他社に開発や製造を委託し、自社ブランドとして販売する商品です。

ですので、自社オリジナルブランド商品を販売したいとなると、「自社開発商品」か「OEM商品」に限るでしょう。

自社開発商品であれば、開発や生産、製造の知識はもちろんですが、工場などの製造設備や製造のために必要な資格を所有していなければ、開発をすることができませんし、これらすべてを用意するとなると、かなりの時間とコストを費やしてしまうでしょう。

大手企業であれば可能な話であっても、個人事業や中小企業であれば、なかなか難しい問題になりますよね。

ですので小規模ネットショップがオリジナルブランドの商品を開発し、販売したいと思った場合には「OEM商品」を取り扱うことをおすすめします。

OEM商品について詳しく見てみましょう。

OEM商品

OEMとは「Original Equipment Manufacture」の頭文字を取った略語であり、OEM商品とは商品開発のための知識や設備、ライセンスなどを所有している企業が開発や製造を行う、他社ブランドの商品です。

分かりやすく言うと、あるネットショップが自社ブランドのオリジナル化粧品を制作したいと考えた場合、そのネットショップはその要求を専門業者に持ちかけるでしょう。

そして、依頼通りの商品が完成した後には、その商品に自社ブランド名を付けてオリジナル商品として販売することができるのです。

このように、このOEMの仕組みを用いることで、商品開発知識が無かったり、製造機能を所有していない場合であっても、簡単に自社オリジナル商品を開発することができるのです。

OEM商品のメリット・デメリット

メリット

OEM商品を制作する場合の最大のメリットは、何と言っても自社内に商品開発のための機器を持つ必要がないということ、そして比較的低コストで自社ブランド商品を開発することができるということでしょう。

また、商品の売れ行きによって、生産量をコントロールすることができるので、在庫過多になることもありません。

非常にメリットが大きいので、今では大企業でもこのOEM商品を取り扱う事例が多くなってきているのです。

デメリット

OEM商品を販売するデメリットとしては、オリジナルブランドであっても、商品開発や製造に関わることはなく完全委託として行っていますので、製造のための知識やノウハウは蓄積されることはありません。

ですので、今後未来的に自社内で商品開発を行いメーカー販売のような企業に成長したいと考えられている企業にとっては、不向きの商材と言えるでしょう。

ですがこれ以外のデメリットはありませんので、ネットショップビジネスそしてネットショップの運営を成り立たせたい、成功させたいという考えを持たれている方であれば、デメリットではありません。

むしろ、製造や開発コストに関わる費用を削減することができますし、それらを管理するための人件費なども削減できますので、ネットショップビジネスとしてはメリットのほうが非常に大きいと考えられるでしょう。

まとめ

以上、ネットショップでオリジナルブランド商品を開発し、販売する方法についてお話しさせていただきました。

「個人事業でオリジナル商品の開発なんて夢の話」だとも言われますが、実は意外とそうでもなく、個人でも簡単にオリジナル商品を販売することができるのです。

良いアイデアがあり、ネットショップビジネスを前向きに考えられている方は、ぜひ「OEM商品」の販売を検討してみてはいかがでしょうか。

まずは気軽に問合せ