単品リピート通販

単品リピート通販においてネットショップで売れる商品を開発するときの4つのヒント

ネットショップビジネスは、比較的低コストで誰でも簡単に開始することができますので、今非常に注目を集めているビジネスであると言えるでしょう。

たとえば企業のビジネス展開にはもちろんですが、サラリーマンの副業としてもネットショップビジネスの人気度は高く、ビジネスマンにも丁度良い週末ワークとも言われているのです。

ですが、もちろんのことながらネットショップビジネスは、簡単なビジネスではありません。

安定した売り上げを得るためにもさまざまな施策が必要になりますし、特に初心者の方であればノウハウを得るためにも時間がかかってしまうことでしょう。

ですがネットショップを運営する上で、強みを作ることで比較的楽にビジネスを行うことができます。

特にゼロからビジネスを始める場合、将来的には自社独自の商品を開発することがありますので、初めのころから少しずつ商品開発のための知識を増やしていきたいですよね。

そこで今回は、ネットショップで売れる商品を開発するときの4つのヒントをお教えしたいと思います。

今後ネットショップのための商品開発を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ネットショップで売れる商品を開発するときの4つのヒント

ヒント1:ミニヒット商品の開発

商品開発というものは、そう簡単に行えるものではありませんし、特にリスクが大きいので、失敗を恐れてしまいますよね。

また、100個の商品を開発したとしても、そのうち実際にヒットするものは1個あるかどうか、というところです。

このように、それほどヒット商品を開発することは非常に難しく、まさに奇跡と呼べるようなものなのです。

ですので商品活溌を行うときは、ヒット商品を作ることを意識するのではなく、「ミニヒット商品」を開発するように意識してみましょう。

特に小規模のネットショップであれば、小さな利益を生む商品を多く持つことで、売り上げを上げやすくするのです。

小さな利益を得て、次3年間の間にミニヒットを叶える商品を開発するような努力をしましょう。

ヒント2:今売れている商品から学ぶ

もし今、市場に出回っていない商品であれば、単独勝利の可能性がありますが、大抵の場合は失敗に終わってしまいます。

ですので、既に市場がある商品をヒントにしてみましょう。

たとえば、既に販売され売れている商品に付加価値を付けて販売することで、売れるようになった商品はたくさんありますよね。

「プロテイン」もその類の商品でしょう。

もともとは、アスリートの筋肉増強を目的として開発された商品でしたが、それをダイエット商品として再開発し販売することで、消費者が受け入れやすいカテゴリーに属されたため、大ヒットしたのです。

市場がない商品を取り扱うには、まずその商品をしってもらうための宣伝が必要になりますが、これは小規模ネットショップがするべきことではありません。

既に売れている商品にひと味加えてみることも良いですね。

ヒント3:クラウドファンディング

ネットショップで商品販売を行う上で、クラウドファンディングを用いる方法があります。

クラウドファンディングとは、インターネットを経由して、さまざまな人から資金を調達する方法です。

「商品を開発したい」「自分のアイデアを公表したい」「でも資金が足りない」と考える方にとっては非常に良い方法でしょう。

自身の開発アイデアを公表し、それに賛同してくれた方から資金を集め、その資金を用いて商品開発をすることができます。

そして最終的には資金援助をしてくれた方に向けて、その開発した商品やサービスをお返しするというシステムです。

このクラウドファンディングを用いることで、もちろんながら資金面を楽にすることができますし、第三者からの客観的な意見を得ることができるので、より良い商品開発をすることができますし、その支援者の方がその商品を宣伝してくれる場合も多いのです。

ヒント4:OEM

OEMは、「Original Equipment Manufacturing」の頭文字を取った言葉であり、相手先ブランド製造のことを意味します。

自分とメーカーの間に業者や問屋を通さずにやり取りをすることができるので、卸業者から商品を仕入れるよりも、はるかに低い仕入れコストで運営をすることができます。

メーカーに直接商品を発注し、自身のブランドや名義で販売するオリジナル商品を作りましょう。

この方法は商品製造のプロと一緒に商品開発を行うことができますので、知識をつけることができますし、経験不足でも安心して行えるのです。

まとめ

以上、ネットショップで売れる商品を開発するときの4つのヒントについてお話しさせていただきました。

ネットショップでは商材こそ運営のカギを握るものでありますし、その商材の用意に失敗してしまっては、ネットショップの売り上げにも大きく影響しますので、商品開発には慎重になってしまいますが、今回ご紹介したヒントを元に商品開発をしてみてください。

きっと良いアイデアが生まれ、売れる商品を開発することができますよ。

まずは気軽に問合せ