単品リピート通販

単品リピート通販においてネットショップSEO対策に大切なこと

ネットショップは誰でも簡単に始めることができるビジネスとして今、非常に注目を集めていることでしょう。

特に最近では、ネットショップ開業サービスも非常に豊富になってきていますので、個人でも簡単にネットショップを開業することができるようになっていますね。

ですので、ネットショップの運営を開始される方が多いのですが、ネットショップを運営していると、「商品が売れない」と悩む方もきっと多いのではないでしょうか。

ネットショップの運営に非常に重要になることは、どのようにして顧客にネットショップを訪れてもらうか、どのような方法で商品販売を行っていくか、ということです。

そのための対策として重要なのが「SEO対策」ですよね。

SEO対策は、主にGoogleやYahoo!などの検索サイトでのキーワード検索の結果ページにおいて、上位表示を目指すことを目的とした、ネットマーケティング施策です。

そこで今回は、ネットショップSEO対策に大切な5つのことについて、詳しくお話ししていきたいと思います。

ネットショップを運営されている方、集客にお悩みを持たれている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

販売商品のペルソナを設計する

ネットショップにおいて、SEO対策としてはもちろん、商品を登録する際、そして商品ページを作成する際には「ペルソナの設計」が非常に重要になるでしょう。

この場合のペルソナとは、商品やサービスの対象となる象徴的な顧客増のことを言い、「誰にこの商品を購入してほしいか」「具体的にはどのような対象者像になるのか」ということを言います。

このペルソナを細かく設計し、そのペルソナを意識した商品ページを作り込み、適切な商品名の設定とキーワード対策を行うことは、SEO対策における基本中の基本とも言えるでしょう。

ロングテールを狙い、ビッグワードを狙わない

ネットショップで販売する商品では、入口商品、フロントエンド商品である「ロングテール商品」、そして本命商品である「バックエンド商品」があります。

ネットショップでは、看板商品こそ全体販売数の割合が大きくなる傾向にあるものの、その流れを利用し販売機会が少なくなってしまう商品の商品数を増やすことで、売れ筋商品に劣らず全体利益を生み出すことができるのです。

SEO対策においても、ビッグワードを狙うことは非常に難易度が高いので、不可能に近いので、ロングテールを狙うことが有効だと考えられ、意味があるのです。

商品名にスモールワード・ミドルワードを入れる

SEO対策におけるロングテールキーワードは、「スモールワード・ミドルワード」にあります。

これはあまり難しく考える必要はありませんので、SEO対策における、より具体性を持ったキーワードを設定していきましょう。

例えば「バッグ」を販売する場合、利用ユーザーは男性と女性に分かれますよね。

キーワードとすると、「メンズ」「レディース」「男性用」「女性用」などがありますが、これがミドルワードになります。

そしてスモールワードとして「カラー」「色味」「サイズ」を当てはめていきましょう。

このように、商品ごとに細かくスモールワードとミドルワードを入れ、商品説明文やキャッチコピー欄に入力していくことで、SEO対策に非常に効果的になるでしょう。

商品に関するストーリーを説明文にする

商品そのものの魅力やメリット、そして用途などを、ひとつのストーリーとしてまとめ、商品説明欄などに掲載することも非常に有効的です。

ネットショップの場合、商品説明文に関してはあまりSEO対策に有効的でない、と考える方も多いかと思いますし、商品名やキャッチコピーなどでロングテールキーワードを仕込むことが一般的ですので、商品説明までも気にすることができない、ということが現状にあるかと思いますが、売れているネットショップでは、商品ページがかなり作り込まれていることが分かります。

これはカゴ落ちや商品ページ離脱を防ぐことにもつながりますし、その商品ページ自体がさらにSEO対策を強化できるような配置になっていれば、さらに最適化を目指すことができるでしょう。

JANコードとメーカー型番を記載する

メーカー製造の商品やバーコードがある商品を販売する場合、それらの商品は「型番商品」と呼ばれているでしょう。

このような型番商品をネットショップで販売する場合、JANコードとメーカー型番を記載することは非常に重要です。

型番やJANコードで検索することを「ご指名検索」とも言われており、ユーザーは直接その商品を探していることが考えられます。

これらを記載しておくことで、価格比較サイトはもちろん、上位検索にも商品露出をすることができますので、必ず記載することをおすすめします。

まとめ

以上、ネットショップSEO対策に大切な5つのことについてお話しさせていただきました。

それぞれのネットショップに対して、合ったSEO対策をされている場合がほとんどであるかと思いますが、今回紹介した5つのことは、すべてのネットショップに当てはまる、必須のことだと言えるでしょう。

今まさに、SEO対策で疑問を持たれている方は、これらの項目に抜けがないか、しっかり確認しながら再度SEO対策への意識を高めてみてくださいね。

まずは気軽に問合せ