サブスクリプション

運用者から見たサブスクリプションのメリット

運営者から見たサブスクリプションの3つのメリット

商品やサービスを販売するビジネスのなかで、従来であれば商品やサービスをひとつずつ販売もしくは提供することが主流になっていました。

ですが最近では、消費者がモノの価値に対し「所有」するのではなく「利用」することそして、「所有」するよりも「共有」することへ変化しています。

その消費者の価値観の変化により、新たなビジネスモデルとして注目を集めているのが、「サブスクリプションビジネス」なのです。

ユーザーがサブスクリプションモデルを導入しているサービスを利用することで、安価で十分なサービスの提供を受けることができますし、より快適な生活を送ることができます。

サブスクリプションは、ユーザーに非常にメリットが多いのですが、サブスクリプションを運営する側から判断してもから、サブスクリプションは非常にメリットが多いことをご存知でしょうか?

そこで今回は、運営者から見たサブスクリプションの3つのメリットをご紹介していきたいと思います。

これから自社が提供するサービスや商品に、サブスクリプションビジネスを導入しようとお考えの方、サブスクリプションのメリットを活かし、そしてサブスクリプションビジネスを大きく展開していきたいとお考えの方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

1:安定した収益を得ることができる

従来主流となっていた商品やサービスの販売手法であれば、商品を販売するにはひとつずつ売り切るようなビジネスモデルや、一サービスを一度使用するごとに販売するといったビジネスモデルとして成り立っていました。

ですが、近年では、ユーザーのニーズに変化が見られ、提供する商品やサービスによれば、購入して所有するよりも、使用したいときにだけ使用したいという考えになってきています。

この変化を理解すると、従来の販売手法ではなかなか利益を生みにくい状況が生まれてしまいますよね。

ですがサブスクリプションモデルであれば、ユーザーの需要に応えたサービスをより良い形で提供することができます。

また、常にユーザーの要望に柔軟に応え続けることで、長期に渡って契約し続けてくれる場合が多いので、安定した収益を得ることができるでしょう。

また、ユーザーが満足しないコンテンツ内容であっても、短期間であれば負担も少ないため、利用しやすいと考えるユーザーが多いでしょう。

初回利用に関するお得なキャンペーンを行うことで、新規顧客を獲得しやくなりますし、あわせてリピーターも獲得しやすくなるので、そういった面から見ても収益を得やすいと考えられるでしょう。

2:ユーザーの利用状況を把握しやすい

従来主流であった売り切り型の販売手法であれば、ユーザーがどのタイミングで購買行動を起こすかは予測できないことが多かったのですが、サブスクリプションビジネスであればユーザーは継続して利用しているので、利用状況を把握しやすいですよね。

ユーザーひとりひとりの利用状況が把握できると、そのユーザーに応じた対応をすることができるので、それぞれの趣味、そして生活傾向なども分析しやすいと言えるでしょう。

さらに年齢層や使用される時間帯なども分析し、さまざまなバリエーションのコンテンツを用意し、より満足度の高いサービスを提供することもできます。

このように、より正確なユーザーの利用状況を把握することで、今後のサービスを展開しやすいですし、より充実したコンテンツ内容を用意することができることが、メリットとして挙げられるでしょう。

3:新規顧客を獲得しやすい

たとえば従来の販売手法で、高額商品を販売する場合、ユーザーにとってはなかなか手を出しづらいものや、経済的な負担を懸念してしまう場合があります。

そうなると、商品の購入率は下がってしまう場合が多いのですが、サブスクリプションビジネスでは、たとえ高額な商品であってもユーザーは気軽に検討することができますし、無理な予算を組むことなく、利用することができますよね。

たとえば、「車」のサブスクリプションがこの例に当てはまります。

車をそのまま購入するとなると、なかなか難しく考える方もいらっしゃいますが、「月々〇〇円」と言う形で、支払うことができる契約金額を支払うことで、気軽に車に乗ることができますし、憧れの車にも手を出すことができます。

これは非常にユーザーにとって大きなメリットがあるのですが、もちろん運営者にとってもメリットが大きいでしょう。

より良い形で新規顧客を呼び込むことができますし、その価値に納得してもらうことができれば継続して利用し続けてもらうことができるので、売り切り型の販売よりもはるかに大きな利益を期待することができるでしょう。

まとめ

以上、運用者から見たサブスクリプションの3つのメリットについてお話しさせていただきました。

このように運用者側に影響する大きなメリットがお分かりいただけたかと思います。

ユーザーにも運用者にもメリットが多いサブスクリプションは、さまざまな業種にも対応することができますので、ぜひ積極的に導入してみてくださいね。

まずは気軽に問合せ