単品リピート通販

単品リピート通販の海外向けネットショップでまずやるべきこと

今や、ネットに接続すれば世界中の人と繋がることが出来るようになった現代では、ネットショップも非常に活性化していると言えます。

そして、ネットショップの開設を考えている方の中には海外向けのネットショップをはじめようと思っている方も少なくないと思います。

しかし、国内でしか利用したことがない場合、海外向けのネットショップを開始するとなっても、どのようなことが必要なのかについては意外と分からないことが多いと思います。

そこで今回は、海外向けネットショップを始める際にまずやるべきこと・知っておくべきことについてご紹介していきたいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

国内と国外との市場規模の違いやコスト理解しておく

外国の方にも近年は広く認知されている「made in Japan」は、外国でも非常に人気があり需要があります。

ですので、やり方次第ではニッチな市場を狙うことも可能で利益を上げることが出来ます。

しかし、むやみにネットショップを初めても軌道に乗ることは少なく、海外向けだと尚更ハードルが上がります。

その理由が、

国内向けと海外向けでは市場規模が異なる
海外向けの場合、コストが掛かってくる

と言った理由が挙げられます。

実は、ネットショップ市場の成長率は海外向けネットショップの方が高いですが、市場規模となると国内向けの方が広いため、その辺りの隔たりを理解しておかないといけません。

また、コストに関しても海外向けの場合、高額な費用が掛かってくるケースが多いです。

なぜなら、国内向けネットショップの場合は、口コミなどの実体験談が非常に重要視されていますが、海外は、より高額なネット広告やメディア広告を利用した方が利益を上げやすいと言われています。

そうなると、海外向けのネットショップを始める際に国内向けのネットショップよりも莫大な広告費が必要になってくるため、参入障壁が高くなります。

ですので、国内向けのネットショップと同じように展開していては、海外向けのネットショップは失敗してしまう可能性があります。

海外向けのネットショップは需要があるものの、コスト面からハードルの高さがどうしてもあるため、気軽に参入して国内と同じようなやり方では通用しないと考えておいた方が良いと思います。

また、市場規模や市場調査も怠っては失敗を加速させてしまいかねません。

それは国内向けのネットショップにも言えることですが、きちんとリサーチを行ったり知識を身に着けてからでないと海外向けのネットショップを開業するのは難しいかと思います。

その他にも、海外向けのネットショップの場合海外へ輸送するための関税や送料・価格交渉なども必要になってくるため、利益を上げやすい面もありますがかなりの技術や知識が必要になってきます。

この辺りも頭に入れておかないと必ず失敗してしまうと思います。

文化や宗教の違いを理解してしておかなければならない

海外向けのネットショップを開始する際には、日本ではOKな商品も海外では宗教上の理由からNGな商品もたくさんあります。

例えば、イスラム系だったら食品系で規制がかなり厳しいですし、国によっては違法商品になるケースだってあり得ます。

ですので、ターゲットとする国の文化や特色などをしっかりと理解しておかなければ後々痛い目を見ることになります。

非常に魅力的な海外向けのネットショップ開業ですが、日本とは全く異なる仕組みになっていると理解しておかなければなりません。

そこでおすすめしたいのが、とりあえず世界規模のモール型ネットショップでの開業です。

有名どこで言えば、

Amazon
eBay(イーベイ)
淘宝(タオバオ)

などになるかと思います。

上記のようなモール型の大型ネットショップにとりあえず出店してみて様子を伺うのもリスクを減らすのと同時に流れや感覚を掴むことが出来るかと思います。

まとめ

今回は、海外向けネットショップでまずやるべきことについていくつかご紹介してきました。

そのやるべきこととは、

国内向けと海外向けとの市場の違いを理解すること
掛かってくるコストの違いや関税などを理解すること
国によっては禁止とされる商品を把握しておくこと
リスクを減らすためにひとまず世界規模のモール型ネットショップに出店する

辺りになるかと思います。

特に国内向けしか経験をしたことがない場合、海外向けのネットショップを開業しようとしてもギャップの違いから中々上手くいかないケースは非常に多いです。

ですので、海外向けネットショップをはじめるなら、とりあえず上記でご紹介している4つは必ずしておいた方が良いと思います。

もちろん、その他にもターゲットにする国によってはネットショップを開業するにあたりライセンス資格が必要になってくる国もあります。

その辺りの知識も身に着けてしっかりと準備しておかなければ海外向けのネットショップで利益を上げること・成功することは厳しいと思います。

それらを理解した上で挑戦してみたいと思う方は、念入りにリサーチや準備を行った上で挑戦してみてはいかがでしょうか。

まずは気軽に問合せ