サブスクリプション

自社サブスクリプションビジネスを成功させるための、カギとなること

サブスクリプションビジネスは、ここ数年でビジネス市場規模を拡大させております。

ビジネス向けのAdobeやOfficeのサブスクリプションサービスはもちろん、娯楽向けであるSpotifyやNetFlixなど、今では私たちのライフスタイルには欠かせないものであり、次第に当たり前のように利用されていくものになるでしょう。

当初はデジタルサービスこそ、サブスクリプションとしてふさわしいと言われていましたが、今では非デジタルサービスのものまでも、どんどんサブスクリプションビジネスへの参入が始まっています。

このように、時代がどんどんサブスク化になっているとなると、自社提供サービスもサブスクリプションとして採用することはできないものか、と考えるのではないでしょうか。

売り切り型ビジネスよりも、サブスクリプションモデルにすることで、定期的な売り上げを見込むことができますし、最新ビジネスを導入することで企業をより活性化させることができるのです。

ですがもちろん、すべての企業がサブスクリプションビジネスに成功するわけではなく、失敗に終わってしまう企業があることも現状ですよね。

どうすればサブスクリプション導入後も、上手く運営していくことができるのでしょうか。

そこで今回は、自社サブスクリプションビジネスを成功させるための、カギとなることについてお話ししていきたいと思います。

今後サブスクリプション化を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

時代背景を知る

ここ数年で、多くのサブスクリプション型ビジネスが誕生し、サブスクリプション業界が盛り上がりを見せていますが、この要因として考えられることが、「モノを購入しない時代」に突入したことでしょう。

従来であれば、モノを購入し所有することに価値がありましたが、今の若年層はモノの購入率が非常に低く、モノを所有するよりも利用することに価値を感じるようになっているのです。

もともと、新聞の定期購買や、テレビ通販の定期購買などでも同じような販売手法が用いられていましたので、サブスクリプションは今に始まったビジネスモデルではないのですが、現代テクノロジーの進化により、さまざまなデジタルコンテンツが誕生したことで、デジタルに慣れ親しんだミレニアム世代に需要が高まって来ているのです。

なぜサブスクリプションが注目を集めているのか、なぜ需要があるのか、そのような根本的な時代背景を知る必要があるでしょう。

顧客の声を「ニーズ」として捉える

サブスクリプションビジネスでの収益を安定させるため、最も注目すべきポイントは、顧客への対応です。

従来の売り切り型ビジネスであれば、顧客に販売し終わった後は関係性が終わるので、その後の顧客の声は「クレーム」として扱わることが多かったのですが、サブスクリプションビジネスであれば、いかに顧客に自社商品を長く満足して利用し続けてもらうことができるか、ということです。

継続して長期間利用してもらうためには、その商品やサービスの質を通して、顧客満足度を上げなければなりません。

カスタマーサポートの対応の質も大きく関わってきますので、この対応方法にも変化が見られるようになったため、カスタマーサポートではなく、「カスタマーサクセス」と呼ばれるようになり、そしてこれらすべての対応の結果が、サブスクリプションの収益の安定化に繋がるのです。

「サブスクリプションサービスを利用しているお客様すべてがVIPだ」と考えるように、長くサブスクリプションを利用してもらっている顧客に対して付加価値を提供したり、特別感を提供することが、顧客との長期的な関係を築くことに繋がり、サブスクリプションとして目指すべき「顧客のファン化」を叶えることができるのです。

サブスクリプションは究極のマーケティングとして捉える

サブスクリプションサービスを提供する場合、顧客に便利に利用してもらい、お得感を与え、顧客の悩みを解消できなければなりません。

それをより細かく分析し、顧客のニーズを探し続けることが重要です。

そのためにサブスクリプションでは、顧客の閲覧率や利用状況を細かく分析することができるツールとして捉えることができるでしょう。

そのデータを基に「自社の既存顧客はどのようなサービスを提供すれば喜んでもらえるか」ということを日々考案し続ける必要があるのです。

そして顧客に、「継続的に利用しておいてよかった」「これからも利用し続けたい」と思ってもらう必要があります。

そのためには、分析データを基に、いかに自社ターゲット層のニーズを捉えることができるか、というユーザー視点を常に持ち続けることこそ、サブスクリプションビジネスの成功のカギとなるのです。

まとめ

以上、自社サブスクリプションビジネスを成長させるための、カギとなることについてお話しさせていただきました。

サブスクリプションは企業目線ではなく、ユーザー目線でコンテンツ内容や提供サービスを考案していくことが重要であり、成功する最大のカギと言えるでしょう。

サブスクリプションビジネスで、売り上げに伸び悩んでいる方は、ぜひこの考え方に重要視してみてくださいね。

まずは気軽に問合せ