サブスクリプション

オウンドメディアもサブスクの時代へ!コンテンツ作成方法は?

音楽配信や動画配信といった、デジタルコンテンツを中心にどんどん拡大を見せているビジネスが「サブスクリプション」です。

今さまざまな業種企業がサブスクリプション業界への参入を始めていますよね。

サブスクリプションビジネスを行うことで、従来のビジネス方法では得られなかった「安定」の収益を得ることができますので、非常に魅力的なビジネスモデルだと言えるでしょう。

そして顧客にとってもお得に、便利に、悩みを解消することができますので、企業と顧客双方にメリットが非常に大きいビジネスモデルであると言えます。

そしてそのサブスクリプションの拡大と共に、最近ではオウンドメディアマーケティングに取り組む企業も多くなってきていますよね。

オウンドメディアを提案する企業も増加傾向にありますので、ビジネスにおいてオウンドメディアが流行していると考えられるでしょう。

そしてこのオウンドメディアまでもサブスクリプションとして提供されていることをご存知でしょうか。

そこで今回は、オウンドメディアもサブスクリプションの時代へ、コンテンツ作成方法をご紹介していきたいと思います。

オウンドメディアを提案している企業の方、サブスクリプションビジネスにご興味のある方はぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

オウンドメディアとは

まずはオウンドメディアとは何か、ご説明していきます。

オウンドメディアとは、自社が所有するメディアのことであり、広義としてはホームページやブログ、ツイッターなどを意味し、狭義としては企業運営のウェブマガジンやブログのことも、オウンドメディアと呼ばれます。

日本企業で一般的には狭義で用いられており、企業運営のウェブマガジンを指すことがほとんどでしょう。

2010年以降、FacebookやTwitterと言った海外製のSNSが大きく普及したことから、オウンドメディアが注目されており、これをビジネスに活用するソーシャルメディアマーケティングが主流になってきているのです。

サブスクリプション化するオウンドメディア

SaaS企業がサブスクリプションビジネス展開を行う上で、既存顧客の生涯価値である「LTV」を最大化に向けたマーケティングが必要と言われています。

サブスクリプションビジネスは、顧客に利用し続けてもらうことこそ、利益を生む事に繋がりますので、コンテンツマーケティング施策が重要視されているのです。

そしてオウンドメディアを持つSaaS企業の、およそ45%以上が、問題解決型のコンテンツ、そして自社製品のアピールコンテンツの両方に注力して、顧客に有益となる情報を発信しているのです。

今までのオウンドメディアとは違い、これからのオウンドメディアこそ、サブスクリプションビジネスには必要であると考えられているのです。

オウンドメディアコンテンツ作成方法

1:アイデアを企画に落とし込む

サブスクリプション化オウンドメディアコンテンツを作成する際、まずはアイデアを企画に落とし込むところから始めていきます。

ワークショップを用い、コンテンツに関するさまざまなアイデアを出し合いましょう。

まだこの段階では企画のタネでありますので、そのアイデアを実現し、実際に記事にすると魅力的な記事になるのか、やるべきなのか、ということを考案し、最終的に残ったアイデアを企画の形にしていくのです。

想定者は誰か(誰がこの記事を読むのか)、メインメッセージは何か(何を一番に伝えるのか)、メッセージをどう伝えるのか(どのような流れで伝えるのか)というポイントを踏まえて作ります。

つまり「誰に、何を、どう伝えるのか」ということを考えるのです。

2:記事構成案を作る

企画概要としては「誰に、何を」までを考え、最後の「どう伝えるのか」ということを考え、記事構成案を作っていきましょう。

「誰に何を伝えるか」というところは、タイトルや記事リード文に反映されますので、この段階で上手くユーザーの心を捉えることができれば、記事がクリックされますので、PV数に直結します。

そしてどう伝えるかを考える、記事構成に関しては、記事の滞在時間や離脱率に繋がります。

たとえ、記事タイトルが魅力的でクリックしたとしても、途中がつまらなくなってしまえば読む事をやめてしまいますよね。

論理的に分かりやすい流れを作り、ユーザーがすらすらと読めるような記事を作成していきましょう。

記事構成は、「読者にとって分かりやすく、惹きつけられるような流れ」を重視することで、滞在時間が伸び、次回記事も読みたいという気持ちを引き起こさせます。

3:詳しく語るトピックを軸に文章を作る

アイデアを企画に落とし込み、記事構成案を作成すれば、いよいよ文章を作成していきます。

特に詳しく語るトピックを定め、それを軸に記事文章を作成していくことで、文章にまとまりが出来ますので、読者にとって読みやすい文章をスムーズに作ることができるでしょう。

まとめ

以上、オウンドメディアもサブスクリプションの時代へ、コンテンツ作成方法をご紹介しました。

今はオウンドメディアもサブスクリプション化していることをお分かりいただけましたでしょうか。

オウンドメディアコンテンツを作成する際は、「誰に、何を、どう伝えるのか」ということを事前にしっかり考え、読者にとって魅力的なオウンドメディアコンテンツを作成してくださいね。

まずは気軽に問合せ