単品リピート通販

単品リピート通販ショップ「有料」と「無料」集客の違い

ネットショップ集客「有料」と「無料」の違い

今の時代、購入者の購入方法の変化から、インターネット上にネットショップを開設することが多くなってきました。

商品販売を行っている企業としても、ネットショップを平行して運用していくことで、効率よく売り上げを上げることができるので、ネットショップの開設を検討されている方も多いのではないでしょうか。

ネットショップで非常に重要になるものは、「集客」です。

実店舗と同じように、店舗にお客様が来なければそもそもの商品販売を行うことはできませんよね。

今インターネット上には、とても多くのネットショップがありますので、自社が運営するネットショップに来店してもらうには、非常に綿密な集客戦略が必要になってくるのです。

そして、集客活動を行ったからと言って、すぐに効果が出ないこともありますし、まったく効果的でないものがあることをご存知でしょうか。

集客にもさまざまな手法があり、それぞれの効果はもちろん違います。

ネットショップに効率よく集客を図るには、どのような集客の手法が自社のネットショップに合うのか、明確にしたいですよね。

そこで今回は、ネットショップ集客の「有料」と「無料」の違いについてお話させて頂きたいと思います。

ネットショップ集客に対しお悩むみがある方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

有料集客

短期効果施策

有料の集客施策で、短期的な効果を望む場合であれば、オンラインの施策には、「リスティング広告」「ディスプレイ広告」「アフィリエイト広告」があります。

これらは望む集客が多ければ多いほど、コストがかかってしまいますが、一度大きな新規顧客集客をすることができればリピーター対策に力を注ぐことができます。

商材によれば、短期的にそして効率よく、より早く売り上げを上げ、利益に繋がりやすい広告や、費用対効果が高い広告ですので、短期的に効果が現れやすいと言えるでしょう。

オフラインの施策には、「チラシやダイレクトメールの送信」「雑誌媒体への掲載」「展示会へ出品」があります。

このような施策には、商品を販売したいターゲット層の年齢が大きく関わっていますが、年齢層が高い顧客、展示会に出品することができる機会があるのであれば、短期的な集客効果が高いのでぜひ行いたい施策と言えるでしょう。

中長期効果施策

有料でかつ、中長期的な集客効果を望む場合には、オンラインの施策には、「純広告」「動画広告」「記事広告」「SNS広告」「リターゲティング以外のディスプレイ広告」があります。

これらの広告は、もちろん短期的に効果が現れる広告もありますが、少し時間を置いた後に効果が出やすい広告が多いのです。

何らかの行動を起こしたユーザーではなく、多くの人たちに向けた広告であるので、広告をみてもらう人数が多いのです。

オフラインの施策には、連載記事など利用した「雑誌」が効果的でしょう。

連載やコラムを掲載する雑誌は、それ専門の雑誌である場合が多いので、ユーザーも好んで雑誌を読みます。

そしてそれを読んだ人に対して関節的に企業のことや商品のことを知ってもらうことに繋がるのです。

自社のブランドイメージを上げる効果にも期待できるでしょう。

無料集客

短期効果施策

無料でかつ、短期的な集客の効果を望むのであれば、オンラインの施策には、「ブログ」が効果的であると言えます。

最近ではほとんどのブログサイトが無料で開設することがでいますよね。

Ameba(アメーバ)などの知名度の高いブログサイトを利用し、しっかりとブログ更新を続けることで、短期的な売り上げの効果を期待することができます。

また、ブログを更新し続けることがSEOにも非常に有効的な外部リンクを得ることができるのです。

オフラインの施策には、「口コミ」が有効的な集客であると言えるでしょう。

まずは自社商品を身近な人に知ってもらうことが重要なのです。

身近な友人知人への告知を行うことは難易度が低いので、取り組みやすい施策と言えるでしょう。

身近な人だからこそ、自社商品の魅力を伝え、さらにそこから広がる可能性の高い口コミを作りましょう。

中長期効果施策

無料でかつ、中長期的な効果を望む場合、オンライン施策には、「SEO」「ブログ」「広告以外のSNS」が効果的であると言えます。

特に「SEO」は無料でできるインターネット集客の中でも、高い効果を期待することが出来ると言えるでしょう。

また、ファッションや美容商材を扱うのであれば、商品広告だけでなくビジュアル面やコミュニケーション面に配慮したSNS配信が有効的です。

効果が出るまで少し時間がかかってしまいますが、無料で実施できる効果的な施策なので、ぜひ試していただきたいです。

オフライン施策には、「自主開催イベント」「雑誌TV媒体のインタビュー」が有効的です。

イベント開催などは、ブランドの知名度が無ければ難易度が高いものですが、ブランド知名度を上げることができれば、自分が発信したい世界観を自由に表現することができますので中長期集客には最も効果的です。

まとめ

以上、ネットショップ集客の「有料」と「無料」の違いについてお話させていただきました。

それぞれのメリットデメリットが生じますが、もちろんどれも集客には効果的な施策ばかりです。

数多くの集客施策の中から自社の戦略に合う施策を組み合わせて、自社ネットショップのためにより良い集客を図ってくださいね。

まずは気軽に問合せ