D2C

パーソナライズD2Cのデメリットとは?

近年、新たなビジネスモデルが注目を集め、新たなブランドが続々と誕生しています。

その中で、現在最も注目されているのが、パーソナライズを謳うブランドです。

このパーソナライズブランドは、特にD2Cと言うビジネスモデルで増加しており、パーソナライズD2Cと呼ばれ人気を博しています。

注目度が高いため、今後もパーソナライズD2Cは増えていくものと予想されますが、このパーソナライズは簡単なビジネスではありません。

メリットが多いことばかりが取り沙汰されていますが、その一方で多くのデメリットも存在しているのです。

そこでパーソナライズD2Cのデメリットについて説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

パーソナライズとは何か?

パーソナライズとは、本来は、一人一人に合わせて変更すると言う意味を持つ言葉で、ビジネスにおいては、顧客の属性や関心、趣味、嗜好、行動などに合わせて、顧客それぞれに最適な商品やサービスを提供することを指しています。

従来のビジネスでは、大多数の消費者を想定し、不特定多数に向けて商品やサービスを提供するのが一般的ですが、パーソナライズでは、一人に向けて商品やサービスを提供するのです。

このパーソナライズは、最近注目を集めているサービスですが、以前より良く知られているカスタマイズサービスと混同されることが多くあります。

この両者は似通ったサービスではありますが、根本的に大きな違いがあり、その違いと言うのが誰が行うのかと言うことです。

カスタマイズは、顧客が商品やサービスを自身の好みに合わせて使いやすいように設定することであり、顧客自身が行うことです。

一方、パーソナライズは、提供する側が、商品やサービスを顧客の好みに合わせて最適化するものであり、提供する側が行うことになります。

パーソナライズが注目される理由

パーソナライズは、現在多くの企業から高い注目を集め、実際に導入する企業も増加しています。

今後もこの流れは続くことが予想されており、様々なパーソナライズサービスが展開されると考えられています。

このパーソナライズがこれほど広く普及し、求められるようになった背景には、消費者のニーズが多様化していることがあります。

前述のように、従来のビジネスでは、大多数の消費者を想定し、不特定多数に向けて商品やサービスを提供していました。

そのため、似たような商品が大量に市場に流通するようになったのです。

そして、企業やメーカーは、それらの大量の商品を販売するため、テレビCMなど大多数の消費者に向けてマーケティングを行ってきました。

しかし、消費者は徐々に、そのような大量に生産された同じような商品に関心を示さなくなったのです。

つまり、いつでも簡単に購入できるがために、簡単に購入することが無くなっていったのです。

そうして、以前のように商品は売れなくなり、企業側も商品の生産やマーケティングを見直さなければならないような状況となったのです。

そのような状況の中で注目されたのが、このパーソナライズサービスなのです。

パーソナライズD2Cのデメリット

現在様々な業界において、このパーソナライズサービスは注目されていますが、特にD2Cの領域において、パーソナライズサービスを導入したブランドが増加しています。

これらのブランドはパーソナライズD2Cと呼ばれており、実際に多くの顧客の支持を得ているブランドも出てきています。

このサービスは、前述のように、時代の流れによって求められているサービスであり、現在の消費者の支持を得やすく、企業側にとっても多くのメリットがあります。

しかし、メリットが多いからと言って、安易に導入するのは問題があります。

ビジネスにおいて、メリットがあればデメリットもあるのが当然のことなのです。

このデメリットを事前に理解しておかなくては、パーソナライズD2Cを成功させることはできないのです。

パーソナライズD2Cのデメリットとして、まず挙げられるのが、商品や商品に関する物品、業務が複雑になると言う事です。

顧客一人一人に合わせて異なる商品を提供するのですから、商品やそれに付随する業務は、通常よりも煩雑になり、コストもかかってしまうのです。

具体的には、商品の生産や在庫の管理は複雑になりますし、それぞれに合わせたパッケージなどを用意する必要も生じます。

また、サイト上でもページ数が増え、それだけ手間が増えるのです。

また、パーソナライズでは、まず、顧客の詳細なデータを得る必要があります。

アンケートやクイズなどに応えてもらうことで、そのデータを得る仕組みとなっているケースが多いですが、この仕組みを準備するのは簡単なことではありません。

そして、このアンケートやクイズは、顧客から必要なデータを得なければならない重要なものであるため、その設計も難しくなるのです。

さらに、一番のデメリットとなるのが、システムの問題です。

顧客に満足してもらうパーソナライズサービスを提供するためには、システムの構築が重要となります。

そして、このシステムをゼロから構築するためには、膨大な時間と手間、コストがかかるのです。

しかも、このシステムと言うのは、一度構築すればよいと言うわけではありません。

常にメンテンナンスが必要であり、それにも時間とコストがかかるのです。

まとめ

パーソナライズD2Cは、顧客一人一人の要望に応えることができるサービスであり、現代の消費者の関心を惹きつけやすいサービスと言えます。

そのため、参入を考える企業も多く、新たなブランドが続々と誕生しています。

しかし、考えてみればわかる通り、顧客一人一人に合わせたサービスを提供すると言うのは、通常のサービスと比べすべての工程が複雑となり、それだけコストもかかってしまうのです。

現在展開しているパーソナライズD2Cのほとんどは、大企業が関わっているなど資金面で余裕があります。

それほど、パーソナライズはコストのかかるものなのです。

そして、パーソナライズを導入することを考えているのであれば、これらの点を理解しておくことが必要なのです。

まずは気軽に問合せ