D2C

パーソナライズD2Cビジネスのデメリットと改善策

今の時代は商品が溢れており、消費者にとっては何を選べば良いのか分からなくなってしまっています。

さらにコロナ渦によって、消費者の消費行動にも大きく変化が見られるようになっており、ブランドや企業それぞれが顧客のファン化を図りいかに顧客を維持し続けることができるか、ということが重要になってきています。

このような時代だからこそ注目を集めているビジネスモデルが「D2C」です。

D2Cとは、商品やサービスを直接消費者に販売する仕組みであり、自社ECチャネルを活用するため、仲介手数料を削減し、取り引きのスピードを上げ、顧客と直接接点を持つことができるようになっているのです。

また、今の時代だからこそ特にパーソナライズD2Cが注目を集めています。

モノが溢れている今の時代だからこそ、顧客は自分専用の商品をオンラインで選定し、自宅まで届けてくれるパーソナライズ商品を求めているのです。

パーソナライズD2Cビジネスを展開することは、顧客の需要に沿うことができますので非常にメリットが大きいのですが、ビジネスを始める上では事前にデメリットを理解し、その改善策を知っておくことも重要です。

そこで今回は、パーソナライズD2Cビジネスのデメリットと、改善策について、詳しくお話させていただきたいと思います。

今後パーソナライズD2Cの展開を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

パーソナライズD2Cのメリットとは

デメリットを見る前に、まずはパーソナライズD2Cビジネスを展開することで得られるメリットを見てみましょう。

1つ目のメリットは、

    「時代性を捉えることができる」

ということでしょう。

パーソナライズD2Cの流れは確実に来ているものの、まだ一般的ではないということがあります。

特に企業と顧客がOne to Oneのコミュニケーションを取ることが求められているこの時代性を捉えることは、ブランドにとっても非常に大きなメリットでしょう。

「パーソナライズ」自体が1つのブランディングの要素になり、さらに顧客に訴求するポイントにもなり、自然と話題に上がりやすいのです。

2つ目のメリットは、

「リッチな顧客データを収集することができる」

ということでしょう。

パーソナライズビジネスは、必然的にリッチな顧客データを収集することができますので、この顧客データが貴重であることは間違いありません。

今後のビジネスにも有効活用することができる、ブランドの宝となることでしょう。

パーソナライズD2Cのデメリット

パーソナライズD2Cのデメリットは、

    SKUが必然的に多くなってしまい、商品の種類が多くなるだけでなく、それに不随する多くの業務や準備物も同じように多くなってしまいますので、コスト効率が悪くなってしまうこと

でしょう。

また、パーソナライズ自体の体験設計の難易度が高いことも挙げられます。

パーソナライズサービスを提供したとしても、顧客にとってその体験の満足度が低い場合は意味がありません。

パーソナライズサービスを提供している企業は、アンケートやクイズ形式でパーソナライズを行う場合が多いのですが、その設計や仕組みを構築することは、そう簡単ではないのです。

そもそも最終的に企業が得たい情報が得られるかどうかは、それだけで答えることはできません。

顧客が理想とするパーソナライズサービスを提供すること自体、難易度が非常に高くなっているのです。

また、システム面に関しましても、課題が多く残ることでしょう。

そもそも顧客にとって最適なパーソナライズ体験を提供するためには、どのようなシステムが必要なのか、ということを考える必要がありますし、さらにそのシステムを0から作り上げようとなると、かなりの時間とコストが必要になるでしょう。

そして一度構築できたとしても、その後のメンテナンスにに時間とコストの問題があります。

小規模事業者が気軽に参入できない市場とも言えるでしょう。

パーソナライズD2Cのデメリットの改善策

上記のようなデメリットは、どうすれば改善することができるのでしょうか。

SKUに関しては、「2:8の法則」という言葉があるように、商品の販売実績をしっかり考え、在庫を管理することで、全体コストの効率を改善することができます。

そして、システムの構築に関しては、パーソナライズD2Cビジネス専用の、フォームシステムを利用することをおすすめします。

自社に合ったフォームシステムをしっかり見極めることで、できるだけ素早く、コストを抑えてビジネスをスタートさせることができますし、さまざまな課題にも柔軟に対応してくれます。

このように、どのようなデメリットであっても改善策は必ずあることを忘れないでくださいね。

まとめ

以上、パーソナライズD2Cビジネスのデメリットと、改善策についてお話させていただきました。

最近では国内でもパーソナライズD2Cビジネスを展開するブランドが多くなっていますし、顧客からの需要も年々伸びています。

今後も益々注目が集まるD2Cビジネスだからこそ、メリットばかりに惹かれるのではなく、しっかりデメリットを理解し、改善策を知っておくことが重要なのです。

今後パーソナライズD2Cビジネスの展開を検討されている方は、ぜひこの改善策を参考に、D2Cビジネスに取り組んでくださいね。

  • おすすめの投稿がありません
まずは気軽に問合せ