D2C

なぜ今パーソナライズD2Cがこれほど注目されるのか?

近年、D2Cビジネスは急速に成長し、多くのD2Cブランドが次々と誕生しています。

しかも、それらのD2Cブランドは単に新しいと言うだけではないのです。

D2Cブランドの中でも流行と言うものがあり、実際に、現在流行しているのがパーソナライズを取り入れたD2Cブランドなのです。

そこで今回の記事では、パーソナライズD2Cが求められる理由について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

パーソナライズD2Cが注目される理由

パーソナライズとは、消費者の個々の嗜好、興味、関心、行動などに合わせて、最も適したサービスを提供する手法です。

現在はスマートフォンが一般に広く普及しており、デジタル化が急速に加速しています。

このデジタル化に伴い、WEB上のサービスにパーソナライズ化が進んでいるのです。

そしてその流れはD2Cの流域にも及んでおり、パーソナライズを取り入れたD2Cブランドが増えています。

これらのD2Cブランドは、パーソナライズD2Cと呼ばれ、現在最も注目を集めているのです。

パーソナライズD2Cが注目されているのには、いくつかの理由があります。

その一つとして挙げられるのが、時代性です。

現在あらゆる分野でパーソナライズが重要となってきており、この流れに乗ることでその恩恵を受ける事が可能となります。

パーソナライズ自体が消費者への強いアピールポイントとなり、ブランドの価値を高める事にも繋がるのです。

また、パーソナライズは消費者一人一人に最適なサービスを提供するものであるため、従来の商品と比べ消費者の満足度を向上させることが可能となるということも注目される理由の一つです。

満足度を向上させることができれば、客単価やサービスの継続率も向上させることができるのです。

さらにこの満足度の向上により、消費者の口コミでの情報の拡散も見込めます。

現代の消費者は、SNSによって他者と繋がり、自身に共感してもらうことを強く求める傾向があります。

自身が体験したことや感じたことをSNSに投稿することで、誰かに共感してもらいたいと考える消費者が多いのです。

このような消費者がパーソナライズサービスに満足感を覚えれば、その体験をSNSへ投稿してくれる可能性が高くなるのです。

そして、パーソナライズD2Cが注目される最も大きな理由が、詳細な顧客データが容易に入手できると言うことです。

これは、パーソナライズ展開するうえで最も企業にメリットがあると考えられている重要な要素です。

パーソナライズサービスは、前述のように、消費者一人一人に合わせたサービスを提供するものであるため、必然的に、消費者の氏名や住所と言った基本的な情報だけでなく、ライフスタイルや趣味嗜好、関心、性質、行動と言うような細かい情報まで深く知ることができるのです。

そして、これはサービスを受けるためには欠かせないことであるため、消費者も抵抗なく提供してくれます。

この情報を基に、その消費者に最適なサービスが提供されるのですから、消費者としてはできる限り協力したほうが自身のメリットになると考えるのです。

そのため、あらゆる情報の入手が可能であり、さらにその情報は、消費者が継続して利用してくれるほどに、精度が高くなり、より適したサービスを提供できるようになるのです。

この詳細なデータが収集可能であるということは、パーソナライズD2Cの大きなメリットであり、これを最大限に活用することでビジネスとして成功することも可能となるのです。

パーソナライズD2Cのデメリット

このようにパーソナライズD2Cには、いくつものメリットがあり、それ故に注目度も高くなっているのです。

しかし、メリットが多いパーソナライズD2Cにもデメリットはあります。

それが、このパーソナライズのシステムを開発するためには、膨大なコスト、そして手間や時間がかかるという点です。

パーソナライズは、何度も言うように消費者一人一人に合わせたサービスを提供する仕組みであるため、当然従来よりもシステムが複雑になります。

システムが複雑になれば、それを開発するためには時間やコストがかかるのは当然のことです。

さらに、そのシステムは一度作れば終わりではありません。継続的にメンテナンスも必要であり、それにもコストがかかるのです。

また、パーソナライズは専門性の高いビジネスであるため、それに対応できる人材の確保も必須となります。

つまり、人的コストも従来よりもかかってしまうことになります。

実際に、現在展開されているパーソナライズD2Cの多くは、財政的に余裕のある企業が立ち上げたものです。

そもそもD2Cは、ブランドが認知されるまでに時間がかかることが多いビジネスであり、認知されるまでの間持ちこたえるための財政的な余裕が必要とされています。

現在のパーソナライズD2Cは、その一般的なD2Cよりもコストがかかり、その点が大きな課題とされているのです。

まとめ

現在、パーソナライズサービスをあらゆる領域に及び、D2Cにもパーソナライズの波が来ています。

このサービスが注目されるのは、多様化した現代の消費者のニーズに応えることが可能なサービスであるからです。

しかし、消費者のニーズが複雑化すればするほど、それに対応するためのシステムも複雑になるのです。

そして、この複雑なシステムを開発し、維持していくには膨大なコストがかかります。

これが、パーソナライズD2Cの大きなデメリットであり、今後の課題とされているのです。

まずは気軽に問合せ