単品リピート通販

単品リピート通販ではAmazonや楽天もやるべき?

単品リピート通販ビジネスをやっている企業って楽天やAmazonで商品を直接販売しているところもあれば、まったくやっておらず自社サイトのみで販売している企業があります。

よく単品リピート通販会社はリピートのみをやればいいのですか?それとも他のプラットフォームであるAmazonや楽天でも商品を販売するべきなのでしょうか?

単品リピート通販会社の運営担当者から相談されることがあります、これに対する答えですが、ぜひやったほうがいいというのが回答です。

そして単品リピート通販の商品をアフィリエイターや広告代理店などに販売協力をいたいだいているのであれば、絶対にやったほうがいいというのが回答です。

なぜそのようなことがいえるのか?

単品リピート通販でないと買えないという商品というのは、世の中には結構多くの企業がそのような手法をとっています、ですが世の中にはそのプラットフォームでしか買わないという人が一定数いるのです。

普段楽天でしかものを買わない層、Amazonでしか商品を買わないという層が一定するいるということを覚えておく必要があります。

そして何よりも企業の信用が圧倒的に高いので、安心してネットショッピングができるというメリットがあります。

単品リピート通販でノーブランドの自社サイトを立ち上げた場合、企業の信用度を一般の方は知らない場合が多いのです、そうなるとクレジットカード情報などを入れたりするのに抵抗があるのです。

お客様はまず広告をみて商品名を認知します、そして楽天やAmazonで同じ商品名で商品が出ていないかというのを検索するという行動をするのです。

なぜ楽天やAmazonでみるとのかというと商品の評価などを確認することができるからです、そしてなんといっても安心だからです。

楽天やAmazonの通販プラットフォートの手数料を出店企業からもらうというビジネスが基本ですが、なんといっても大企業であるために、お客様は安心して買い物ができるのです。

楽天やAmazonはなんといっても資本力がある企業であり、ホームページにクレジットカートを登録さえしておけばワンクリックで商品が買えたりするのです。

中小企業のサイトにクレジット情報を入れるというのは、やはり抵抗がある人が一定数いるのです。

単品リピート通販で商品が売れ始めると必ず起きる現象があるのです、それはアクセス数があるのでAmazonで商品が転売されるケースです。

Amazon自体は多くの商品をしてもらったほうが利益がでるのですが、転売で価格競争がおきないように、ブランド申請というブランドをしっかり守ってくれる制度を用意してくれています。

ブランド申請をすることで、他の出品者が商品を出品することができないため、定価のみにて商品を買うことができるようにすることが可能です。

ただ自社だからブランドを認めるというわけではなく、きちんと商標登録などをしている商品に対してのみブランド申請を認めています。

単品リピート通販のみで販売をしていた企業が、Amazonがブランド申請で相乗り出品の対策を立てたことから、続々と商品を出品する企業が増えているのです。

単品リピート通販では商品をオリジナルで作成した場合、すぐに商標登録をしておくことをおすすめします、これは商品が世の中に出る前にやる方もいるくらいです。

知的財産の考えはこれからますます需要がますと言われています、商標でしっかり守っていなければ、別の方が商標登録をしてしまえば、あなたの商品が先に世の中に出ていたといたとしても、商品販売ができなくなることが起きるのです。

商標で知的財産を守るのに大きなお金はいりません、1つを申請するのに10万円ほどあれば足りるのです、化粧品であれば3類、医薬部外品系であれば5類、広告関係で登録するなら35類といった分類でそれぞれ申請する必要があります。

Amazonでブランド位申請ができれば、基本的には定価での販売となるので、利益率はものすごく高いですし、そのプラットフォームしか使わない人まで顧客のターゲット層を広げることができます。

単品リピート通販をやりはじめるのであれば、権利をしっかり守るために早めに商標登録をしておく、そして売れ始めるようになったら、Amazonでブランド申請をしておく、これで権利をしっかり守り、価格競争が起きない環境をつくることができるのです。

商標とかの話になると、えー難しいから私には無理ということをいう経営者の方がいるのですが、別に専門知識を持っている必要はなく、弁理士事務所の担当者の方に相談すればいいだけです。

類似商標があるかどうかも全て特許庁のページなどからしっかり調べてくれます、なかには手付金がなく、商標審査が通過した後に完全報酬制の弁理士事務所もあります。

もし自分で調べても見つからないということでしたら、知人に年間数百件以上の商標を申請している弁理士がおりますので、ご相談いただければと思います。

楽天への出店ですが、これはブランディングとして使うのがいいのかなと個人的には思いますね、広告を打たないと自然流入で商品が売れることは少ないです。

アフィリエイターやASPなどの広告代理店を使って、単品リピート通販の自社サイトへアクセスを流すと、指名キーワードで楽天やAmazonで検索をするので、ちょこちょこ商品が売れたりします。

楽天市場でのショッピングをする方は楽天カードなどを使ってポイントをためていたりすることも多く、楽天でしか商品を買わないって人もいますね。

楽天市場を使ってブランディングというのはどういう意味ですか?ってわからない人もいると思いますので簡単に解説をしていきたいと思います。

単品リピート通販の売れているサイトの商品LP(ランディングページ)をみてみると楽天ランキング1位というような表記をみたりしますよね。

日本人なら誰でも知っている楽天市場でランキング1位を取っているとなれば、一気に消費者は安心をするのです、「へー楽天で1位をとっているのだからすごい商品なんだな」ってなるのです。

Amazonはランキング自体はありますが、そこを気にしている人はあまりいないのです、一方楽天はランキングで1位をとっているというのは大きな権威性になります。

楽天市場のデメリットとしては出店に手数料と固定費がかかるということです、単品での注文であっても利益はしっかり出ます。

当社ブログの他の記事に利益率などを書いていますが、化粧品や健康食品の利益率は60%を超えることが多いので、楽天で雑貨を売っているの違い、しっかりと単品であっても利益を確保できるのです。

楽天の商品に関しては、メールで問い合わせも多いので結構手間がかかりますね、ギフトラッピングをしてほしいとか、細かな設定ができるので、そのあたりも運営側とすると時間を取られるところだったりします。

単品リピート通販で楽天で出店すると他社のライバル会社がどんな商品なのかを買ってくれたりします、リサーチのために同業者が買ってくれるのです。

もしかしたら、あなたも単品リピート通販の会社の商品をリサーチが目的で買ったことあるのではないでしょうか?

繰り返しになりますが、自社で単品リピート通販サイトで不安に感じる方や、単品のみで買いたい人、そして商品を買ってポイントをためたい人など一定の需要はあります。

ベンチマークとして楽天やAmazonでどれくらい売上の比率を占めるかをお伝えしておくと売上規模の5%程度です。

月商で3000万やっている会社で月間で150万ほどは楽天やアマゾンで毎月受注が入るイメージです、楽天とAmazonでどちらが売れるかというとAmazonが7で楽天が3というイメージです。

管理の手間でいうとAmazonが圧倒的に楽です、FBA納品さえしておけば出荷などを全てAmazonが行ってくれますからね、あなたがやることは商標をきちんと守れるように相乗り出品のチェックをすることだけでOKです。

楽天の場合と違いAmazonではメールなどで商品に対する問い合わせというのはほとんど来ません、あなたもアマゾンで購入したことがあると思いますが、いちいちメールをしないというのがほとんどだと思います。

単品リピート通販をメインでやっていくのであれば、売上ベースでいうとやはり90%以上は単品リピート通販からの売上になりますので、しっかり単品リピート通販での売上を順調に伸ばしていくのがやはり一番経営にはいいでしょうね。

楽天やAmazonはあくまでもおまけという認識をもっているといいと思いますね、単品リピート通販とは違い、楽天とAmazonは基本的には単品購入なので、売上に大きなインパクトはないです、ただやらないよりもやったほうがいいということです。

広告で商品名のキーワードが検索されるのはチャンスですからね、楽天の場合にはランキング1位をとっておくとブランディングに使えますし、Amazonの場合にはFBA納品することで完全に自動化することができます。

繰り返しになりますが、単品リピート通販をやるのであれば、絶対に商標の権利は守っておいた方がいいです、売れ始めてから取ろうというのではなく、きちんと商標がとれるのかを確認しておくといいと思いますね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...
まずは気軽に問合せ