単品リピート通販

単品リピート通販における顧客に合わせたリピート率向上施策とは?

インターネット通販ビジネスを行う上では、売上げを上げることを第一の目標とする方も多くいらっしゃるかと思います。

では、その売上げはどのように効率良く伸ばしていくことができるのでしょうか。

その答えは、「リピート」にあります。

リピーター目標は、全体の売り上げのおよそ8割を目標とすることが重要だと言われています。

売上を上昇させるための「リピーター」は、どのようにして増やしていけばよいのか、どのような施策が必要なのか、それぞれのリピーターに合わせた施策はどんなものなのか。

インターネット通販ビジネスを行う上で、そういったリピーターに対する施策について疑問を抱いている方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、顧客に合わせたリピート施策についてお話させていただきます。

今現在通販ビジネスを行っているが、なかなか上手く売り上げが伸びない、と悩まれている方、これから通販ビジネスを行って行こうと思われている方はぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考にしてみてくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

正しいリピート施策

今、通販ビジネスを行い、リピート施策を行われている方は、どんなリピート施策を行っていますか?

「定期的なメールマガジンの配信」「定期的なダイレクトメールの発送」「商品と一緒に同梱物の発送」「ステップメールでのフォロー」「コールセンターを経由してユーザーと接触する」

といった、さまざまなリピート施策が挙げられることでしょう。

すべてのリピート施策は、もちろん有効的なものであり、どれもリピートにはコイ科的であると言えますが、最近ではユーザーにアプローチをすることができるメディア媒体も数多く増えてきているため、上記に上げた方法以外でのアプローチがどんどん増えてきているのです。

たとえば、定期的なメールマガジンを配信することは、どのような意図をもってされているのか、ステップメールでフォローすることにはどのような意図があるのか、明確に把握できていますか?

おそらく、はっきりと明確な意図を持って、ユーザーにアプローチ出来ている方はきっと少ないのではないでしょうか。

リピート施策を行うには、「どのユーザーにどのような意図のもと、どのようなアプローチをして、施策を行うのか」ということを明確にしなければなりません。

そうなると、必然的に個々ユーザーに対するアプローチ方法も変わってきますよね。

今までのリピート施策に加え、今の時代に伴ったユーザーへのリピート施策を正しく行うことこそ、商品販売の直接的な売り上げへと繋がってくるのです。

ペルソナと顧客心理を想定する

顧客に合わせたリピート施策を行うには、まず「ペルソナ」を作り上げましょう。

顧客のペルソナや、心理が不明確のままであれば、リピート売り上げは低迷してしまいます。

リピート施策を行う上で、「どの」ユーザーに「何」をしているのか、ということがかなり重要になってくるので、これ自体が明確でなければ、改善点を見つけることもできません。

リピーターを獲得するには、その顧客に合わせたコミュニケーションを取り、そのお店のファンになってもらわなければなりません。

顧客を「ファン」にするには、ペルソナと顧客心理が重要になってくるのです。

ペルソナは、性別や年齢、家族構成を思い浮かべる方も多いかと思いますが、それだけでは顧客心理に結び付けることは難しいですよね。

「なぜ商品を購入したのか」「その商品を使用してどうなりたいのか」「どんな悩みを解消したいのか」「どうなれば喜びを感じるのか」「一ヶ月にどれだけの金額をかけることができるのか」

といった細かな項目を設定し、ペルソナとなる顧客心理を作り上げ、顧客心理を想定していきましょう。

ペルソナと顧客心理を元に、「ユーザーは〇〇の悩みを持っていて、その悩みを解消するために××を購入し、××にどのような期待をして、未来はどうなりたいのか、そして途中でやめてしまう理由は何なのか」というような仮説を組み立てていきましょう。

もしこの仮説をはっきりと定められないのであれば、優良顧客にアンケートを求めることも有効的です。

こういった段階をしっかり踏まえたリピート施策が重要なのです。

顧客に合わせたリピート施策

顧客に合わせたリピート施策を行うということは、定期購入の継続だけではありません。

休眠顧客や優良顧客、現役顧客、半休眠顧客、準優良顧客など、それぞれのユーザーにあわせたアプローチとなるリピート施策が重要なのです。

アプローチ先の顧客を設定し、それぞれに有効的なセグメントに分けて考えてみましょう。

アプローチの違うユーザー層へ、別の施策をしてしまっては、せっかくの顧客も離れてしまう場合があります。

ですので、顧客に合わせたリピート施策をしっかり定め、実行していくことが何よりも重要となるのです。

まとめ

以上、顧客に合わせたリピート施策についてお話させていただきました。

通販ビジネスを行い、売り上げを上げるには、リピーターの存在が何よりも重要になるということを忘れないでください。

そしてそれぞれのユーザーに対する正しいリピート施策を行うことこそ、通販ビジネスを成功させるポイントとなるのです。

リピートに対する疑問をお持ちの方は、ぜひこの記事を参考に、さっそく実践してみてくださいね。

まずは気軽に問合せ