単品リピート通販

後払い決済の導入で単品リピート通販サイトの利便性を上げる!

ECサイト市場は年々拡大化し、利用者も増加を続けています。

そのECサイトで買い物をする際に、ユーザーがまず確認するのが決済方法です。

この決済方法で最も利用者が多いのがクレジットカードですが、幅広い層のユーザーに対応するためにはほかの決済方法も導入する必要があります。

その様々な決済方法の中でも、後払い決済です。

今回は後払い決済について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ECサイトの決済方法

決済方法には複数の種類がありますが、すべての決済方法を導入しているサイトはほとんどありません。

その理由としては、決済方法が増えるほど業務が煩雑となること、利用手数料などのコストがかかること、個人情報漏洩のリスクが上がると言ったことが挙げられます。

しかし、ユーザーは希望する決済方法が利用できない場合、そのサイトから離脱してしまうことが多く、それを防ぐためには、複数の決済方法を用意しておく必要があります。

クレジットカード決済

数ある決済方法の中でも最も利用者が多いのがクレジットカード決済です。

クレジットカード決済は多くのサイトが導入している決済方法であり、購入手続きから決済完了、発送までスムーズに行えると言うメリットがあります。

ただし、個人情報漏洩のリスクがあるため、セキュリティ対策を強化することが必要です。

コンビニ決済

このクレジットカードを持っていない世代に利用者が多いのがコンビニ決済です。

コンビニ決済は、商品購入手続き完了後にコンビニのレジやコンビニ内にある専用の端末で料金を支払う方法です。

コンビニで気軽に払うことができると言うメリットがありますが、コンビニまで支払いのために出向かなくてはならず、支払いが確認されないと商品が発送されない前払い方式ですので、発送まで時間がかかるケースがあると言うデメリットがあります。

このコンビニ決済のように支払いのために外出する手間が省ける方法に代金引換決済があります。

この方法は以前はあらゆる年代から支持されていましたが、受け取り拒否が増加し、サイト側の損失が増えたことから、現在では導入しているサイトは少なくなっています。

他にも、銀行振込、郵便振替などがあり、この決済方法もある程度の重要があり、運用コストが比較的かからないため用意しているサイトも多いようです。

ECサイトの決済方法は上記のように様々な種類がありますが、現在導入するサイトが増加している決済方法が後払い決済です。

後払い決済とは?

後払い決済とは、商品を受け取った後にコンビニなどで代金を支払う決済方法のことです。

流れとしては、ECサイトにおいて商品を購入する際に後払い決済を選択すると、決済代行会社がそのサイトから商品代金の債権の譲渡を受けます。

その後、決済代行会社によって支払い能力の審査が行われ、審査結果がECサイトに送られます。

審査に通ればECサイト側が商品を購入者に発送、商品発送後に決済代行会社から請求書が購入者に発送されます。

購入者は商品を確認後、請求書を受け取りコンビニなどで代金を支払って取引が完了となります。

後払い決済のメリットとは?

この後払い決済のメリットは、ユーザー側から考えた場合にまず挙げられるのは、商品を確認してから支払いができると言う点です。

他の先払いの決済方法では、ユーザーには代金を支払ったのに商品が届かないと言うリスクがあり、購入前にそのECサイトが信頼できるのかを調査しなくてはならず、それを避けるために購入をやめてしまうケースも多く見られました。

しかし、後払い決済ではそういった心配はなく、ユーザーは安心して利用することが可能となります。

そして、この安心できる仕組みにより、新規の個客の獲得が可能となり、リーターの増加も見込めると言うメリットがECサイト側にはあります。

つまり、後払い決済を導入するだけで、ユーザーにとっては安心して利用できるメリットがあり、ECサイト側にとっては新たな層の個客を獲得でき、売り上げの向上も見込めると言うメリットがあるのです。

ただし、この決算方法にもデメリットはあります。

ユーザーにとってのデメリットとしてまず挙げられるのは、コンビニなどの指定の場所に出向く必要があると言うこと、手数料がかかることです。

しかし、このデメリットを負担に感じているユーザーは少なく、多くのユーザーは、支払いよりも先に商品が届くと言うメリットの方に魅力を感じているようです。

一方、ECサイト側にとってのデメリットは、契約や審査に手間がかかると言う点です。

しかし、この契約や審査の手続きが多少手間がかかったとしても、後払い決済を決済代行会社に委託すると言うのはサイトにとって非常に重要なことです。

仮に、自身のサイトが直接後払い決済を行った場合、代金未回収と言う大きなリスクを抱えることとなり、さらに、その未回収金の回収のために膨大な手間やコストがかかることになるのです。

このようなリスクを回避できるのですから、契約や審査などにかかる手間はある程度は仕方のない事と考えるべきでしょう。

まとめ

ECサイトで買い物をする際に、ユーザーが必ず確認するのは、希望の決済方法が利用できるかどうかと言う点です。

その決済方法の中で、最も利用率が高いのがクレジットカード決済ですが、情報漏洩のリスクが高いため、信頼のおけるサイトでなければ避ける傾向があります。

こういった現状の中で現在導入しているサイトが増加してるのが後払い決済です。

この後払い決済は、ユーザーにとっても、ECサイト側にとってもメリットの多い決済方法ですから、今後も導入するサイトが増加していくと予想されます。

まずは気軽に問合せ