単品リピート通販

単品リピート通販で価格競争を勝ち抜くには?明確な差別化が大切!

現在市場には、あらゆる商品が溢れかえり、商品の価格競争が起こりやすい状態となっています。

このような状況の中で、自社の商品を消費者に販売するためには、他社の商品との明確な差別化が必要となります。

そこで今回の記事では、製品差別化戦略について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

製品の差別化とは?

製品の差別化とは、自社製品の品質や機能、デザイン、イメージ、また、販売方法、アフターサービスなど、価格以外の点において、競合他社製品とは異なる製品であることを消費者に認識させることを指します。

マーケティングにおいては、自社製品と他社製品を区別させるために、製品やサービスに独自性や特徴を与え、その特徴を消費者に強く訴求していくという戦略であり、これを製品差別化戦略と呼びます。

この戦略を行うことにより、自社製品が他社製品と明確に区別され、価格競争を回避することができるのです。

一方で、自社製品に独自性や特徴がない場合には、価格において他社と競争をせざるを得なくなるわけです。

この戦略は、どのようなジャンルの製品であっても効果があるわけではありません。

その製品の市場において、消費者の嗜好が集中してしまっている場合には実践は難しく、価格競争が起こりやすくなりますが、消費者の嗜好が分散し、多様化している場合では差別化が行いやすく、成功しやすくなります。

ただし、差別化が難しい市場の商品であっても、プロモーションやブランディングなどによって差別化を図るという方法もあります。

差別化の注意点

実際に差別化を行うためには、注意しなければならないポイントがあります。

製品の差別化と言うのは、ただ単に製品同士の間で差をつければ良いと言うわけではないのです。

差別化を行うには、マーケティング戦略において、何らかの意味があることが重要なのです。

そのポイントとして、まず挙げられるのが、製品同士の差が消費者にとって大きな意味があるのかということです。

消費者に製品を選択してもらうために差別化を行うのですから、消費者が製品を選ぶときの基準となるものを軸に差別化を行わなければなりません。

つまり、消費者の視点で考えることが必要なのです。

この消費者が製品を購入する際の基準となるものは購入決定要因と呼ばれ、まず、これを知ることが差別化を行う上で重要なのです。

次に挙げられるのが、自社製品のポジショニングです。

これは、自社製品は顧客の中でどのような位置にあるのか、どのように認識しているのかと言うことを指します。

これは、マーケティングを行う上で欠かせないものであり、この戦略にとっても重要なものとなります。

製品差別化を行う前には、現在の自社製品のポジショニングを必ず確認し、どのような施策を行えば、より有利にできるかと言うことを考えておくことが必要となります。

実際に差別化を行うには?

前述のように、この戦略には製品自体で行う、または、販売方法やアフターサービスで行うと言う2種の方法があります。

自社製品の特徴を理解し、適切な方法を選択することが大切です。

製品自体で行う場合、どの部分で行うのかということも考えなくてはなりません。

製品の形態で行う場合には、大きさや形状、構造などを変えると言った方法があります。

具体的には、同じ性能を保ちながら小型化する、容量を増やす、取り扱いがしやすい形状にすると言いうようなことが可能となります。

製品の機能、性能、品質の面で行う場合には、今までにない性質であることが求められます。

具体的には、その製品を使用することで、より早くできる、より正確にできると言うことが必要です。

また、製品のデザインで行うことも可能です。

近年では、テクノロジーの進化により製品の機能によって明確な差をつけるということが難しくなっています。

消費者が製品のデザインを重要視するようになってきていることもあり、製品デザインの影響力は無視できないものになっているのです。

ただし、デザインが優れているというだけで、消費者はその製品を選択してくれることはありません。

デザインが美しい製品は、機能面でも優れている必要があるのです。

さらに、耐久性が良いと言うことで行うことも可能です。

耐久性が良い、つまり丈夫であると言うのは、長く使用することができるということであり、十分に差別化の要因となります。

販売方法で行う場合には、製品の入手がしやすいということが重要です。

ECであれば、発送が速い、実店舗であれば、取扱店舗が多いと言ったように、消費者の手元に届きやすいということが重要となります。

そして、購入後のアフターサービスでも行うことが可能です。

消費者の手元に商品が届いた後の対応によって、差別化を図るのです。

具体的には、商品の保証、修理、購入後のサポートなどの対応を充実させることにより、差別化を行うことができます。

まとめ

製品の差別化は、マーケティングにおいて非常に重要な戦略です。

近年、市場は商品が飽和状態となっており、商品を売ることが難しくなってきています。

そのような状況の中で、自社の商品を消費者に選択してもらうためには、競合他社との差別化が必要となってくるのです。

ただし、現在はテクノロジーの進化により、商品自体の特徴だけで行うことは困難です。

そこで重要となるのが、プロモーションなども含めたマーケティング施策全体で差別化を行うという方法です。

今回説明した、差別化の方法を組み合わせ、さらに、消費者にどのように訴求するのかと言う視点も加え、差別化を行っていくことが必要となるのです。

まずは気軽に問合せ